Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

restart

Syntax

Syntax (ACX Series Routers)

Syntax (EX Series Switches)

Syntax (MX Series Routers)

Syntax (QFX Series)

Syntax (Routing Matrix)

Syntax (SRX Series)

Syntax (TX Matrix Routers)

Syntax (TX Matrix Plus Routers)

Syntax (QFX Series)

Syntax (Junos OS Evolved)

Description

Junos OS プロセスを再起動します。

注意:

カスタマー サポート エンジニアから指示を受けない限り、ソフトウェア プロセスを再起動しないでください。再起動すると、ルーターまたはスイッチがコールをドロップして送信を中断し、データが失われる可能性があります。

Junos OS Evolved の場合、コマンドは restart 依存アプリケーション(アプリ)の再起動もトリガーします。再起動されている依存アプリケーションを通知するために、コマンドを使用すると、次の restart メッセージがログに記録されます。

App restarting <app name>. Related apps that may be impacted - <related-app name> . 例えば、 Jan 14 11:42:08 RE0 sysman[5100]: SYSTEM_APP_RESTARTING_WITH_RELAPPS_EVENT: App restarting re0-ifmand. Related apps that may be impacted - aggd

Junos OS Evolvedリリース20.1R1以降、指定 restart app-name したアプリケーションがプラットフォーム上で実行されるはずでない場合、エラーメッセージは次のようになります。

コマンドは restart 、現在のプラットフォームでは不要なアプリケーションを含むすべてのアプリケーション名を展開します。したがって、ユーザーは、現在のプラットフォームで実行されていないアプリケーションの再起動を試みることができる。このエラー メッセージは、アプリケーションがシステムで実行されていないため、再起動が失敗したことを伝えます。

Options

なし

と同 gracefullyじです。

適応型サービス

(オプション)適応型サービスPIC上のステートフルファイアウォール、ネットワークアドレス変換(NAT)、侵入検出サービス(IDS)、IPセキュリティ(IPsec)サービスの設定を管理する設定管理プロセスを再起動します。

オールシャーシ

(TX マトリクス および TX マトリクス プラス ルーターのみ)(オプション)すべてのシャーシでソフトウェア プロセスを再起動します。

オール lcc

(TX マトリクス および TX マトリクス プラス ルーターのみ)(オプション)TX マトリクス ルーターの場合、TX マトリクス ルーターに接続されているすべての T640 ルーターでソフトウェア プロセスを再起動します。TX マトリクス プラス ルーターの場合、TX マトリクス プラス ルーターに接続されているすべての T1600 ルーターでソフトウェア プロセスを再起動します。

すべてのメンバー

(MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)バーチャル シャーシ構成のすべてのメンバーのソフトウェア プロセスを再起動します。

オールsfc

(TX マトリクス プラス ルーターのみ)(オプション)TX マトリクス プラス ルーターの場合は、TX マトリクス プラス ルーター(またはスイッチ ファブリック シャーシ)のソフトウェア プロセスを再起動します。

ancpd-service

(オプション)特別な IGMP(Internet Group Management Protocol)セッションと連携する ANCP(アクセス ノード コントロール プロトコル)プロセスを再起動し、拡張可能な方法で発信インターフェイス マッピング イベントを収集します。

アプリケーション識別

(オプション)侵入検知防御(IDP)を使用してアプリケーションを識別するプロセスを再起動し、標準ポートまたは非標準ポートで実行されているアプリケーションに基づいてトラフィックを許可または拒否します。

アプリケーションセキュリティ

(オプション)アプリケーション セキュリティ プロセスを再起動します。

監査プロセス

(オプション)アクセスしたサービスの時間またはタイプに基づいてユーザーに課金するために、一般的なネットワーク監視、分析、および追跡の使用パターンに使用できる統計データを収集する RADIUS アカウンティング プロセスを再起動します。

自動設定

(オプション)インターフェイスの自動設定プロセスを再起動します。

自動インストール

(EX シリーズ スイッチのみ)(オプション)自動インストール プロセスを再起動します。

bbe-stats-service

(MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)BBE 統計収集および管理プロセス bbe 統計を再起動します。

キャプティブポータルコンテンツ配信

(オプション)加入者の最初の Web ブラウザー セッションがリダイレクトされる場所を指定して HTTP リダイレクト サービスを再起動し、加入者の初期プロビジョニングとサービス選択を有効にします。

ce-l2tp-service

(M10、M10i、M7i、MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)L2TP トンネルを介して L2TP トンネルと PPP(Point-to-Point Protocol)セッションを確立するユニバーサル エッジ レイヤー 2 トンネリング プロトコル(L2TP)プロセスを再起動します。

シャーシ制御

(オプション)シャーシ管理プロセスを再起動します。

サービス クラス

(オプション)ルーターまたはスイッチの CoS 設定を制御する CoS(サービス クラス)プロセスを再起動します。

clksyncd-service

(オプション)同期イーサネット(SyncE)を使用する外部クロック同期プロセスを再起動します。

commitd-service

(オプション)コミットされたサービスを再起動します。

データベースレプリケーション

(EX シリーズ スイッチおよび MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)データベースレプリケーションプロセスを再起動します。

datapath-trace-service

(オプション)パケット パス トレース プロセスを再起動します。

Dhcp

(EX シリーズ スイッチのみ)(オプション)DHCP(動的ホスト構成プロトコル)サーバーのソフトウェア プロセスを再起動します。DHCP サーバーは、ネットワーク IP アドレスを割り当て、ユーザーの介入なしにクライアント ホストに構成設定を提供します。

dhcp サービス

(オプション)動的ホスト構成プロトコル プロセスを再起動します。

ダイアラーサービス

(EX シリーズ スイッチのみ)(オプション)ISDN ダイヤルアウト プロセスを再起動します。

diameter-service

(オプション)diameter プロセスを再起動します。

ディスク監視

(オプション)ルーティング エンジン上のハード ディスク ドライブの状態を確認するディスク監視を再起動します。

dlsw

(QFX シリーズのみ)(オプション)DLSw(データ リンク スイッチング)サービスを再起動します。

dot1x-protocol

(EX シリーズ スイッチのみ)(オプション)ポートベースのネットワーク アクセス コントロール プロセスを再起動します。

ダイナミックフローキャプチャ

(オプション)監視サービス III PIC 上の DFC 設定を制御する DFC(動的フロー キャプチャ)プロセスを再起動します。

ecc-error ロギング

(オプション)ルーティング エンジンのメモリに ECC パリティ エラーを記録する ECC(エラー チェックおよび修正)プロセスを再起動します。

イーサネット接続-障害管理

(オプション)CFM セッションで CFM 保守アソシエーション エンド ポイント(MEP)の IEEE 802.1ag OAM(運用、管理、管理)接続障害管理(CFM)データベース情報を提供するプロセスを再起動します。

イーサネットリンク障害管理

(EX シリーズ スイッチおよび MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)イーサネット インターフェイスの OAM リンク障害管理(LFM)情報を提供するプロセスを再起動します。

イーサネットスイッチング

(EX シリーズ スイッチのみ)(オプション)イーサネット スイッチング プロセスを再起動します。

イベント処理

(オプション)イベント プロセスを再起動します(イベントが発生しました)。

拡張可能加入者サービス

(オプション)拡張可能な加入者サービス プロセスを再起動します。

ファイバーチャネル

(QFX シリーズのみ)(オプション)ファイバー チャネル プロセスを再起動します。

fipsd

(オプション)fipsd サービスを再起動します。

ファイアウォール

(オプション)ファイアウォールの設定を管理し、ルーターまたはスイッチ上のインターフェイスを通過するパケットの受け入れまたは拒否を可能にするファイアウォール管理プロセスを再起動します。

一般認証サービス

(EX シリーズ スイッチおよび MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)一般的な認証プロセスを再起動します。

gprs プロセス

(オプション)GPRS(一般パケット無線サービス)プロセスを再起動します。

正常

(オプション)ソフトウェア プロセスを再起動します。

iccp-service

(オプション)ICCP(シャーシ間通信プロトコル)プロセスを再起動します。

idp-policy

(オプション)侵入検出防御(IDP)プロトコル プロセスを再起動します。

直ちに

(オプション)ソフトウェア プロセスを直ちに再起動します。

インターフェイス制御

(オプション)ルーターまたはスイッチの物理インターフェイス デバイスと論理インターフェイスを制御するインターフェイス プロセスを再起動します。

Ipmi

(オプション)インテリジェントなプラットフォーム管理インターフェイス プロセスを再起動します。

ipsec-key-management

(オプション)IPsec 鍵管理プロセスを再起動します。

isdn シグナリング

(QFX シリーズのみ)(オプション)ISDN 接続を開始する ISDN シグナリング プロセスを再起動します。

jflow-service

(オプション)jflow サービス プロセスを再起動します。

jnu-management

(オプション)jnu 管理プロセスを再起動します。

jnx-wmicd-service

(オプション)jnx wmicd サービス プロセスを再起動します。

jsrp-service

(オプション)シャーシ クラスタリングを制御する Juniper Services Redundancy Protocol(jsrdp)プロセスを再起動します。

カーネルヘルス監視

(オプション)カーネル コンポーネントからデータ収集アプリケーションに正常性パラメーター データを送信できるようにする、ルーティング エンジンのカーネル正常性監視プロセスを再起動します。ポーリング間隔を変更する場合、新しいポーリング間隔 sysctl kern.jkhmd_polling_time_secsを有効にするには、カーネルの正常性監視プロセスを再起動する必要があります。

カーネルレプリケーション

(オプション)グレースフル ルーティング エンジン スイッチオーバー(GRES)が設定されている場合、バックアップ ルーティング エンジンの状態を複製するカーネル レプリケーション プロセスを再起動します。

l2 ラーニング

(オプション)レイヤー 2 アドレス フラッディングおよび学習プロセスを再起動します。

l2cpd-service

(オプション)レイヤー 2 プロトコル トンネリングやノンストップ ブリッジングなどの機能を有効にするレイヤー 2 制御プロトコル プロセスを再起動します。

l2tp-service

(M10、M10i、M7i、MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)レイヤー 2 トンネリング プロトコル(L2TP)プロセスを再起動します。このプロセスでは、ネットワーク全体で PPP(ポイントツーポイント プロトコル)トンネルを確立し、実装されている場合はマルチリンク PPP をネゴシエートするためのクライアント サービスを設定します。

l2tp-universal-edge

(MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)L2TP トンネルを介して L2TP トンネルと PPP セッションを確立する L2TP プロセスを再起動します。

Lacp

(オプション)LACP(Link Aggregation Control Protocol)プロセスを再起動します。LACP は、リンク上のパートナー システム間で情報を交換するための標準化された手段を提供し、リンク アグリゲーション制御インスタンスがリンクが属する LAG のアイデンティティに合意に達し、その LAG にリンクを移動し、リンクの送信および受信プロセスを整然と機能させることができます。

lcc 番号

(TX マトリクス および TX マトリクス プラス ルーターのみ)(オプション)TX マトリクス ルーターの場合、TX マトリクス ルーターに接続されている特定の T640 ルーターのソフトウェア プロセスを再起動します。TX マトリクス プラス ルーターの場合、TX マトリクス プラス ルーターに接続されている特定のルーターのソフトウェア プロセスを再起動します。

LCC 設定に応じて、数値を次の値に置き換えます。

  • 0~3:T640 ルーターがルーティング マトリクス内の TX マトリクス ルーターに接続されている場合。

  • 0~3:T1600 ルーターがルーティング マトリクス内の TX マトリクス プラス ルーターに接続されている場合。

  • 0~7:T1600 ルーターがルーティング マトリクスに 3D SIB を持つ TX マトリクス プラス ルーターに接続されている場合。

  • 0、2、4、または 6:T4000 ルーターがルーティング マトリクスに 3D SIB を持つ TX マトリクス プラス ルーターに接続されている場合。

ライセンスサービス

(EX シリーズ スイッチのみ)(オプション)機能ライセンス管理プロセスを再起動します。

リンク管理

(TX マトリクス および TX マトリクス プラス ルーターおよび EX シリーズ スイッチのみ)(オプション)LMP 制御チャネルを確立して維持する LMP(リンク管理プロトコル)プロセスを再起動します。

lldpd-service

(EX シリーズ スイッチのみ)(オプション)LLDP(Link Layer Discovery Protocol)プロセスを再起動します。

地元の

(MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)ローカル バーチャル シャーシ メンバーのソフトウェア プロセスを再起動します。

ローカルポリシー決定機能

(オプション)アプリケーションとアプリケーション グループに関連する統計の収集と、動的加入者と静的インターフェイスに関する情報の追跡を調整する、ローカル ポリシー決定機能のプロセスを再起動します。

論理システム サービス

(オプション)論理システム サービス プロセスを再起動します。

mac 検証

(オプション)MX シリーズ ルーターの動的プロファイルの demux インターフェイスで作成された加入者インターフェイスの MAC アドレス検証を設定する、MAC(Media Access Control)検証プロセスを再起動します。

メンバー メンバーID

(MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)バーチャル シャーシ構成の特定のメンバーのソフトウェア プロセスを再起動します。または 10値に置き換えますmember-id

mib プロセス

(オプション)ルーターのMIB IIエージェントを提供するMIB(管理情報ベース)バージョンIIプロセスを再起動します。

モバイル IP

(オプション)Junos OS モバイル IP 機能を構成するモバイル IP プロセスを再起動します。

マウント型サービス

(EX シリーズ スイッチおよび MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)NFS マウント要求のサービスを再起動します。

mpls-traceroute

(オプション)MPLS 定期トレース ルート プロセスを再起動します。

Mspd

(オプション)マルチサービス プロセスを再起動します。

マルチキャスト スヌーピング

(EX シリーズ スイッチおよび MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)マルチキャスト スヌーピング プロセスを再起動します。これにより、VLAN スイッチなどのレイヤー 2 デバイスは、マルチキャスト グループのメンバーの MAC(メディア アクセス コントロール)アドレスなどのレイヤー 3 情報を認識します。

名前付きサービス

(オプション)ルーターまたはスイッチがホスト名をアドレスに解決するために使用する DNS サーバー プロセスを再起動します。

ネットワークアクセスサービス

(QFX シリーズのみ)(オプション)ルーターの CHAP(Challenge Handshake Authentication Protocol)認証サービスを提供するネットワーク アクセス プロセスを再起動します。

ネットワーク セキュリティ

(オプション)ネットワーク セキュリティ プロセスを再起動します。

ネットワークセキュリティトレース

(オプション)ネットワーク セキュリティー トレース プロセスを再起動します。

nfsd-service

(オプション)NFS ベースのトランスポートが必要なアプリケーションにリモート ファイル アクセスを提供するリモート NFS サーバー プロセスを再起動します。

ntpd-service

(オプション)NTP(Network Time Protocol)プロセスを再起動します。

パケットトリガー加入者

(オプション)パケットトリガー加入者と PTSP(ポリシー制御)プロセスを再起動します。これにより、加入者終端デバイスによって制御される動的加入者にポリシーを適用できます。

ピア選択サービス

(オプション)ピア選択サービス プロセスを再起動します。

pgcp-service

(オプション)ルーティング エンジンで実行されている pgcpd サービス プロセスを再起動します。このオプションは、モバイル ステーション PIC で実行されている pgcpd プロセスを再起動しません。モバイル ステーション PIC で実行されている pgcpd プロセスを再起動するには、このオプションを使用します services pgcp gateway

Pgm

(オプション)マルチキャスト パケットの信頼性の高い配信を支援するために、PGM(Pragmatic General Multicast)プロトコルを実装するプロセスを再起動します。

pic-services-ロギング

(オプション)一部の PIC のロギング プロセスを再起動します。このプロセスは fsad(ファイル システム アクセス デーモン)とも呼ばれ、PIC は特別なロギング情報をルーティング エンジンに送信し、ハード ディスク上でアーカイブします。

pki サービス

(オプション)PKI サービス プロセスを再起動します。

Ppp

(オプション)ポイントツーポイント リンクを介して IP トラフィックを転送するためのカプセル化プロトコル プロセスである PPP(Point-to-Point Protocol)プロセスを再起動します。

ppp-service

(オプション)ユニバーサル エッジ ルーター間で IP トラフィックを転送するためのカプセル化プロトコル プロセスであるユニバーサル エッジ PPP プロセスを再起動します。

Pppoe

(オプション)PPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)プロセスを再起動します。このプロセスでは、通常はブロードバンド接続で実行される PPP とイーサネット リンクレイヤー プロトコルを組み合わせて、ユーザーはブリッジまたはアクセス コンセントレータを介してホストのネットワークに接続できます。

プロファイラ

(オプション)プロファイラ プロセスを再起動します。

protected-system-domain-service

(オプション)保護されたシステム ドメイン(PSD)プロセスを再起動します。

冗長化インターフェイス プロセス

(オプション)ASP 冗長化プロセスを再起動します。

リモート運用

(オプション)ping と traceroute MIB を提供するリモート操作プロセスを再起動します。

rest-api

(オプション)残りの api プロセスを再起動します。

root-system-domain-service

(オプション)RSD(ルート システム ドメイン)サービスを再起動します。

ルーティング

(ACX シリーズ ルーター、QFX シリーズ、EX シリーズ スイッチ、MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)ルーティング プロトコル プロセスを再起動します。

ルーティング <ロジカルシステム 論理システム名>

(オプション)ルーターまたはスイッチで実行されるルーティング プロトコルを制御し、ルーティング テーブルを維持するルーティング プロトコル プロセスを再起動します。必要に応じて、指定された論理システムのルーティング プロトコル プロセスのみを再起動します。

サンプリング

(オプション)特定の入力インターフェイスとパケット ヘッダーのさまざまなフィールドに基づいてパケット サンプリングを実行するサンプリング プロセスを再起動します。

サンプリングルートレコード

(オプション)サンプリング ルート レコード プロセスを再起動します。

sbc-configuration-process

(オプション)境界シグナリング ゲートウェイ(BSG)の SBC(セッション境界コントローラ)プロセスを再起動します。

Scc

(TX マトリクス ルーターのみ)(オプション)TX マトリクス ルーター(またはスイッチカード シャーシ)でソフトウェア プロセスを再起動します。

scc シャーシ

(オプション)scc シャーシ プロセスを再起動します。

sdk-service

(オプション)ルーティング エンジンで実行され、SDK アプリケーションと Junos OS 間の通信を担当する SDK サービス プロセスを再起動します。SDK サービス プロセスはルーター上に存在しますが、デフォルトではオフになっています。

セキュアネイバー検出

(QFX シリーズ、EX シリーズ スイッチ、MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)NDP メッセージの保護をサポートするセキュアネイバー検出プロトコル(NDP)プロセスを再起動します。

セキュリティ インテリジェンス

(オプション)セキュリティ インテリジェンス プロセスを再起動します。

セキュリティ ログ

(オプション)セキュリティ ログ プロセスを再起動します。

sfc 番号

(TX マトリクス プラス ルーターのみ)(オプション)TX マトリクス プラス ルーター(またはスイッチ ファブリック シャーシ)でソフトウェア プロセスを再起動します。に置き0換えますnumber

サービス導入

(オプション)サービス導入プロセスを再起動します。これにより、Junos OSはSession and Resource Control(SRC)ソフトウェアと連携できます。

サービス

(オプション)サービスを再起動します。

サービスpgcpゲートウェイ ゲートウェイ名

(オプション)MS-PIC 上で実行されている特定の境界ゲートウェイ機能(BGF)の pgcpd プロセスを再起動します。このオプションは、ルーティング エンジンで実行されている pgcpd プロセスを再起動しません。ルーティング エンジンで pgcpd プロセスを再起動するには、オプションを使用します pgcp-service

sflow-service

(EX シリーズ スイッチのみ)(オプション)フロー サンプリング(sFlow テクノロジ)プロセスを再起動します。

シンプルなメールクライアントサービス

(オプション)シンプルなメール クライアント サービス プロセスを再起動します。

Snmp

(オプション)SNMP プロセスを再起動します。このプロセスでは、ネットワーク デバイスを一元的な場所から監視でき、ルーターまたはスイッチの SNMP マスター エージェントが提供されます。

ソフト

(オプション)ソフトウェア プロセスを完全に再起動せずに、設定を再読み取りして再アクティブ化します。たとえば、BGP ピアは稼働し続け、ルーティング テーブルは常に維持されます。このオプションを省略すると、ソフトウェア プロセスがグレースフルに再起動されます。

静的ルーティング

(オプション)静的ルーティング プロセスを再起動します。

静的加入者

(オプション)静的加入者プロセスを再起動します。このプロセスでは、加入者を静的に設定されたインターフェイスに関連付け、これらの加入者に対して動的なサービス のアクティブ化とアクティブ化を提供します。

統計サービス

(オプション)パケット転送エンジン統計を管理するプロセスを再起動します。

加入者管理

(オプション)加入者管理プロセスを再起動します。

加入者管理ヘルパー

(オプション)加入者管理ヘルパー プロセスを再起動します。

システムログの必須

(オプション)システム ログの重要なプロセスを再起動します。

トンネル-oamd

(オプション)トンネル OAM プロセスを再起動します。これにより、レイヤー 2 トンネリング ネットワークの運用、管理、保守が可能になります。レイヤー 2 プロトコル トンネリング(L2PT)により、サービス プロバイダはレイヤー 2 プロトコル データ ユニット(PDU)をプロバイダのクラウド全体に送信し、ローカル ブロードキャスト ドメインに含まれていないジュニパーネットワークス EX シリーズ イーサネット スイッチに配信できます。

uac-service

(オプション)統合型アクセス コントロール(UAC)プロセスを再起動します。

usb-control

(MX シリーズ ルーター)(オプション)USB 制御プロセスを再起動します。

ユーザー広告認証

(オプション)ユーザー広告認証プロセスの再起動

Vrrp

(ACX シリーズ ルーター、EX シリーズ スイッチ、MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)仮想ルーター冗長プロトコル(VRRP)プロセスを再起動します。これにより、LAN 上のホストは、ホスト上の単一のデフォルト ルートの静的な設定を超えることなく、その LAN 上の冗長ルーティング プラットフォームを使用できます。

Web 管理

(QFX シリーズ、EX シリーズ スイッチ、MX シリーズ ルーターのみ)(オプション)Web 管理プロセスを再起動します。

Required Privilege Level

リセット

Output Fields

このコマンドを入力すると、リクエストのステータスに関するフィードバックが提供されます。

Sample Output

restart interfaces

restart interface-control gracefully

restart interface-control (Junos OS Evolved)

Release Information

Junos OS リリース 7.4 より前に導入されたコマンド。

追加オプション:

  • dynamic-flow-capture Junos OSリリース7.4にあります。

  • dlsw Junos OSリリース7.5にあります。

  • event-processing Junos OSリリース7.5にあります。

  • ppp Junos OSリリース7.5にあります。

  • l2ald Junos OSリリース8.0にあります。

  • link-management Junos リリース 8.0 で行います。

  • pgcp-service Junos OSリリース8.4にあります。

  • sbc-configuration-process Junos OS リリース 9.5 で使用されています。

  • services pgcp gateway Junos OSリリース9.6にあります。

  • sfc Junos all-sfc OSリリース9.6のTXマトリクスルーター用です。

  • SRX シリーズ デバイスで Junos OS リリース 9.2 より前に導入されたコマンド。

  • bbe-stats-service Junos OS リリース 18.4R1 の MX シリーズ ルーターで使用できます。

  • kernel-health-monitoring Junos OS リリース 19.1R1 にあります。

  • Junos OS Evolvedリリース19.1R1で導入されました。