Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

SLAX と XSLT スクリプトを使用した設定の変更

SLAX および XSLT op スクリプトおよびイベント スクリプトは、テンプレートを使用して新しい構成に対して構造化されたJunos OS jcs:load-configuration できます。Junos OS に精通した経験豊富なユーザーが、関連する設定情報を入力するよう求めるスクリプトを作成し、設定に従って変更することができます。これにより、サービス エクスペリエンスの少ないユーザー Junos OSスクリプトを使用して構成を安全に変更できます。

このトピックでは、テンプレートを使用して構成を jcs:load-configuration 変更する方法について説明します。

jcs:load-configuration テンプレートの概要

テンプレート jcs:load-configurationjunos.xsl インポート ファイルに含まれています。以下が可能です。

  • XML Junosデータを、 、 、またはの操作を使用して候補構成に load merge load replace load override ロードし、変更をコミットする

  • アクティブな設定を、以前にコミットされた設定にロール バックする

  • レスキュー設定をロードしてコミットする

呼び出された場合、 jcs:load-configuration テンプレートはターゲット デバイスで次のアクションを実行します。

  1. 設定データベースのロック

  2. 設定変更をロードします。

  3. 設定をコミット

  4. 設定データベースのロックを解除します。

テンプレート jcs:load-configuration はモードで設定を変更 configure exclusive します。このモードでは、Junos OS共有データベースにアクセスして設定を変更している限り、受験者のグローバル設定がロックされます。設定データベースが既にロックされている場合、またはテンプレートの呼び出し時に候補構成にすでにコミットされていない変更がある場合、テンプレートの呼び出しは失敗する可能性があります。テンプレートが設定データのロードに成功してもコミットが失敗した場合、Junos OSがロック解除されると、コミットされていない変更は破棄されます。

SLAX テンプレートの構文は次のとおりです。

XSLT テンプレートの構文は次のとおりです。

テンプレートには、以下を指定する jcs:load-configuration 引数を指定します。

  • 変更が行われたデバイスへの接続ハンドル

  • 設定の変更

  • 変更を既存の設定に統合する方法を定義するロード アクション

  • オプションのコミット オプション

テンプレートを呼び出す前に、ターゲット デバイスとの接続を確立する必要 jcs:load-configuration があります。デバイスに接続するには、必要な jcs:open() 引数を使用して関数を呼び出します。次に、 jcs:load-configuration connection 関数によって返されるハンドルにパラメーターを設定 jcs:open() します。

次のサンプル コードはローカル デバイスに接続され、設定を変更します。

テンプレートを呼び出す場合は、デバイスに新しい設定データをロードするパラメータを含める、パラメーターを指定して設定を以前にコミットした設定に戻す、またはパラメータを指定してレスキュー設定をロードしてコミットすることもできます。 jcs:load-configuration configuration rollback rescue

設定データの読み込みとコミット

SLAX と XSLT のスクリプトはテンプレートを jcs:load-configuration 呼び出して設定を変更できます。この configuration パラメーターは、XML Junosロードする XML 設定データを定義し、パラメーターは action データのロード方法を指定します。パラメーター commit-options は、コミット操作で使用するオプションを定義します。

次のサンプル op スクリプトは、インターフェイスを無効にするために設定を変更するために jcs:load-configuration テンプレートを呼び出します。テンプレートに必要なすべての値は変数として定義され、次に引数としてテンプレート jcs:load-configuration に渡されます。

オペレータ := は、テンプレートコールの結果を jcs:load-configuration 一時的な変数にコピーし、その変数で node-set 関数を実行します。オペレータは、変数が結果ツリー フラグメントではなくノード セットで構成されている必要があります。これにより、スクリプトからコンテンツ := disable-results にアクセスできます。

SLAX 構文:

このスクリプトの詳細については、 例: SLAX および XSLT Op スクリプトを使用した設定 の変更 を参照してください

テンプレートへの呼び出しに対応する XSLT コード jcs:load-configuration は次の場所です。

レスキュー設定の読み込みとコミット

レスキュー設定を使用すると、既知のワーキング設定や、既知の状態を使用した設定を定義して、いつでも復元できます。SLAX と XSLT のスクリプトは、パラメーターを使用してテンプレートを呼び出して、レスキュー設定が存在した場合に jcs:load-configuration rescue ロードできます。

次のSLAX opスクリプトは、既存のレスキュー設定をロードしてコミットします。

XSLT スクリプトには、同等の機能があります。

設定のロール バック

SLAX と XSLT のスクリプトは、パラメーターを使用してテンプレートを呼び出して、設定を過去にコミットした設定に jcs:load-configuration rollback 戻します。次の SLAX op スクリプトは、ロールバック番号を入力するよう求め、要求されたロールバック設定をロードしてコミットします。