Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

attributes-match

構文

階層レベル

説明

2つのイベントの属性が相関している場合、または1つのイベントの属性が正規表現に一致する場合にのみ、イベントポリシーを実行します。

ステートメントに attributes-match または starts-with オプションがequals含まれている場合、または 階層レベルで[edit event-options policy policy-name events]指定されていないイベントの節を含むオプションが含まれているmatches場合、同じポリシー設定に1つ以上withinのステートメントを含める必要があります。

ステートメント内にイベント・ポリシー変数を含め、トリガー・イベント属性と相関イベント属性を区別することができます。以下の形式の変数を使用できます。

  • {$$.attribute-name}—二重ドル記号($$)表記は、ポリシーをトリガーするイベントを表します。属性名と組み合わせると、変数はトリガー・イベントに関連する属性の値に解決されます。

  • {$event.attribute-name}— イベント名($event)表記の単一ドル記号は、一致する最新のイベントを表しています event。属性名と組み合わせると、変数はそのイベントに関連する属性の値に解決されます。

残りのステートメントは別々に説明します。 CLI エクスプローラを参照してください。

必要な権限レベル

メンテナンス—設定でこのステートメントを表示します。

保守制御—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 7.5 で導入されたステートメント。