Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ネットワーク監視ワークスペースの概要

ネットワーク監視ワークスペースを使用すると、特定の時点だけでなく一期間のネットワークパフォーマンスも評価できます。この機能を使用すると、トレンドやその他の多様なトレンドを判断できます。たとえば、サービスレベル契約(SLA)に違反しているかなどです。

メモ:

Junos Space 14.1以降では、SNMPv1、SNMPv2c、SNMPv3を使用したデバイスのSNMP監視をサポートしています。

注意:

XML ファイルをカスタマイズして追加のネットワーク監視機能にアクセスすることもできますが、これらのファイルを編集すると、ネットワーク監視ワークスペースの機能に影響を与える可能性があります。これらの XML ファイルは、ユーザーがそうすることを指示しない限り、編集することをお勧ジュニパーネットワークス。

ネットワーク監視ワークスペースJunos Space実行するための完全な権限をユーザーに割り当てるには、FMPM Manager の役割をユーザーに割り当てる必要があります。ネットワーク監視ワークスペースJunos Space唯一のアクセス権をユーザーに付与するには、FMPM 読み取り専用ユーザー ロールをユーザーに割り当てる必要があります。

ネットワーク監視ワークスペースでは、以下の 3 種類のユーザーがサポートされます。

  • 管理者ロール: FMPM Managerロールを割り当て、グローバルドメインにアクセスできるユーザーは、ネットワーク監視ワークスペース内のすべてのデバイス(他のサブドメインに存在するデバイスも含む)を表示および管理できます。

  • 通常のユーザー ロール: FMPM Manager ロールを割り当てたユーザーが、グローバル ドメインにアクセスしない場合、選択したドメイン内のデバイスのみを表示および管理できます。このタイプのユーザーは、アラームの受信確認とクリアも可能です。

  • 読み取り専用ユーザー ロール: 管理タブを除き、FMPM 読み取り専用ユーザー ロール(または管理タブを除く、FMPM アクセス機能を使用してカスタマイズされたロール)を割り当てたユーザー Junos Space。このタイプのユーザーは、選択したドメインのデバイスのみを表示できますが、管理者ワークスペースのネットワーク監視>にアクセスすることはできません。アラームの受信/消去もできません。

リモート ユーザー(FMPM マネージャー ロールを持つ)が Junos Space ユーザー インターフェイスからログインすると、Junos Space は次のようにリモート認証サーバーからユーザーを認証します。

  • リモート認証が正常に完了した場合、Junos Space はユーザーのログイン認証情報を使用してネットワーク監視サーバーによる認証を行い、ネットワーク監視ローカル ユーザーを作成または更新します。

  • リモート認証に失敗し、以前はネットワーク監視サーバーにユーザーが存在していた場合、Junos Spaceネットワーク監視ローカル ユーザーが削除されます。

ネットワーク監視ワークスペースでは、デバイスレベルのパフォーマンス データを分析および集約し、デバイスの障害を検出するために、管理対象要素からのデータの収集を使用します。検出されたデバイスに対して SNMP 設定が適切に設定されている場合、パフォーマンス データが自動的に収集されます。収集されるパフォーマンス データは次のとおりです。

  • コレクション

    • パラメーターの表示およびデバイスの監視を可能にするグラフィカル監視ツールを使用して、パフォーマンス履歴データを表示します。

    • グラフとグラフを作成します。

    • レポートを PDF 形式と HTML 形式で作成およびエクスポートする。

    • 履歴パフォーマンス監視の計算が必要な高度な変数を定義します。

    • 未加工データを処理データにロールアップして、より詳細なレベルからより詳細なレベルまでデータを処理できます(たとえば、4 分の 1 間隔で収集したデータを 1 時間ごとに収集したデータを 1 時間単位のデータにロールアップし、毎日のデータを週次データにロールアップし、週単位のデータを年単位のデータに展開できます)。

  • しきい値

    • パフォーマンス データ値のしきい値(警告レベルやエラー レベルの指定など)を設定します。

    • しきい値グラフを作成します。

    • 表示または転送できるしきい値を超えるアラームを生成します。

  • 障害

    • デバイスや他のエンタープライズ管理システム(EMS)から直接SNMPトラップを受信します。

    • トラップを他の EMS に転送する。

    • イベントとアラームを生成して表示します。

    • アラームによる基本的な関連付けたとえば、アラームの消去やアラームの重複排除などです。

    • デバイスから収集したデータに基づいてデバイスの障害を検出します。

以下のタスクは、[ネットワーク監視] ワークスペースから実行できます。

ネットワーク監視のランディング ページのメインはダッシュボードで、ノードに関する最も重要な情報が表示されます。

  • 障害のあるノード

  • 過去24時間の可用性

  • 通知(未通知)

  • 電話のスケジュール

  • 主要な SNMP カスタマイズ(KSC)パフォーマンス レポート(定義されている場合および使用可能な場合)

さらに このページでは ノードやリソースのグラフを簡単に検索できます

メモ:
  • ネットワーク監視のアップグレード プロセス中に、変更された設定ファイルが自動的にマージされます。ただし、自動マージが失敗した場合は、「ネットワーク 監視の更新後」の手順に従ってマージできないファイルを手動でマージする 必要 があります。このトピックの「アップグレード後のネットワーク 監視の更新Junos Space ネットワーク管理プラットフォーム」

  • リリース 13.1 またはリリース 13.3 からリリース 14.1 にアップグレードすると、 linkd-configuration.xml ファイルが linkd-configuration.xml.old.bak に名前が変更され、 enlinkd-configuration.xml ファイルが追加されます。