Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

設定とCLIの作成

設定をデバイスにプッシュCLI設定設定レットを作成します。パラメーターをすべての Configlet にCLIすることもできます。パラメーターは、 設定で定義された変数CLI、値が環境から取得される、または実行中にユーザーが指定した値を持ちます。

CLIを作成するには、次のコマンドを実行します。

  1. ユーザー インターフェイスJunos Space ネットワーク管理プラットフォーム、設定CLI 設定>選択します。

    [Configlets] ページが表示されます。

  2. ツール バーの [create CLI Configlet] アイコンをクリックします。

    [Create CLI Configlet] ページが表示されます。

  3. [名前] フィールドに、設定レットのCLI入力します。

    名前は 255 文字を超えることはできません。英数字には、ハイフン(-)、アンダースコア(_)、英数字、ピリオド(.)が含まれます。同じ名前のCLI設定レットを 2 つ持つすることはできません。

  4. [カテゴリー] フィールドに、新しい設定レットのカテゴリのCLI入力します。

    カテゴリーの名前は 255 文字を超えることはできません。英数字には、ハイフン(-)、アンダースコア(_)、英数字、ピリオド(.)が含まれます。

  5. [ Device Family Series]ドロップダウン リストから、[デバイス ファミリー設定]レットのデバイス ファミリー CLIします。
  6. (オプション)[コンテキスト ] ドロップダウン リストから、 [Context Configlet] に適したコンテキストCLI選択します。
  7. [参照番号] フィールドに、設定レットの参照CLI入力します。

    範囲は 1~216–1 です。

  8. (オプション)[説明] フィールドに説明を入力します。

    説明は 2500 文字を超えることはできません。

  9. [実行タイプ] で、実行のタイプを選択します。

    オプション ボタンは [1 回 の実行] と [ グループ化された実行] です

    デフォルトでは、 [ 単一実行] オプション ボタンが選択されています。

    • [単一実行 ] を選択した場合、設定レットCLI一度に 1 台のデバイスにのみ適用できます。

    • [ Grouped Execution]を選択した場合、1 度に複数のCLIに設定レットを適用できます。

  10. プレビュー オプションでは、設定をデバイスに適用する前に CLI Configlet にパラメーターと設定を表示する場合は、このチェック ボックスをオンにします。

    使用可能なチェック ボックスは、[パラメータを 表示] と [ 設定 を表示] のチェック ボックスをオンにします。デフォルトでは、両方のチェック ボックスがオンになっています。

  11. Postview オプションでは、パラメーターと設定を[ Apply CLI Configlet]ジョブ結果の CLI Configlet に表示する場合は、このチェック ボックスをオンにします。

    使用可能なチェック ボックスは、[パラメータを 表示] と [ 設定 を表示] のチェック ボックスをオンにします。デフォルトでは、両方のチェック ボックスがオンになっています。

  12. [Configlet Editor] エリアで、[Configlet Configlet] の設定CLI入力します。構成は、Configlet Editor に入力するか、手動で貼り付けます。
    メモ:

    Configlet エディターにCLI入力しない場合、CLI Configlet を作成することはできません。

    メモ:

    また、デバイスから特定のCLI消去するために、設定情報と設定情報を作成することもできます。これを行うには、デバイス delete: から削除する必要がある階層レベルより上のステートメントを含にします。CLI Configlet をデバイス、デバイスの物理インターフェイス、デバイスの論理インターフェイス、またはデバイスの物理インベントリ 要素に適用すると、階層レベルの設定がデバイスから消去されます。

    CLI Configlets を使用して設定を作成、変更、削除する際に使用するプロトコルと構文の詳細については、「 Junos XML 管理プロトコル ガイド 」を参照 してください

    メモ:

    Configlet の設定を定義するCLI、二重引用符内の入力として特殊文字を受け入れる変数を指定する必要があります。

  13. [次 へ] をクリックします。

    このページの設定に使用するCLIパラメーターを追加できます。

  14. パラメーターを設定セットにCLIするには、次のコマンドを実行します。
    1. [パラメーターの追加] アイコンをクリックします。

      [Add Configlet Parameter]ポップアップ ウィンドウが表示されます。

    2. [パラメーター] フィールドに、パラメーターの名前を入力します。

      パラメーターの名前は 255 文字を超えることはできません。英数字には、ハイフン(-)、アンダースコア(_)、英数字、ピリオド(.)が含まれます。

    3. [表示名] フィールドに、パラメーターの表示名を入力します。

      表示名は 255 文字を超えることはできません。英数字には、ハイフン(-)、アンダースコア(_)、英数字、ピリオド(.)が含まれます。

    4. [説明] フィールドに、パラメーターの説明を入力します。

    5. [ パラメーター スコープ] ドロップダウン リストから、パラメーターに適切なスコープを選択します。

      オプションは、グローバル、デバイス固有、エンティティ固有です。

    6. [パラメーター タイプ] ドロップダウン リストから、適切なタイプのパラメータを選択します。以下のオプションを利用できます。

      • テキスト フィールド – 任意の値を入力できます。

      • 選択フィールド – オプションのセットから値を選択できます。

      • [インビジブル フィールド] – このフィールドには、ユーザーまたは XPath によって明示的に定義された値が表示されます。

      • パスワード フィールド – パスワードを入力して Configlet にCLIします。

      • パスワード再入力フィールド – もう一度パスワードを入力してパスワードを確認します。

    7. Regex Value ドロップダウン リストから、適切な正規表現値を選択します。

      このフィールドは、パラメーターのタイプを [テキスト フィールド] 、 [パスワード フィールド] 、 [パスワードフィールドの確認] の 1 つを選択した場合に有効になります。

    8. [Value Xpath の設定] ドロップダウン リストから、適切な XPath 値を選択します。

      このフィールドは、パラメーターのタイプを [テキスト フィールド] 、 [選択フィールド] 、 [非表示フィールド] の 1 つ選択した場合に有効になります。これは XPath(デバイス XML を参照)で、値のセットを取得します。

    9. [デフォルト値] フィールドにデフォルト値を入力します。

      このフィールドは、パラメーターのタイプを [テキスト フィールド] 、 [選択フィールド] 、 [非表示フィールド] の 1 つ選択した場合に有効になります。このフィールドは、XPath が指定されていない場合にのみ考慮されます。

    10. [選択 値 Xpath] ドロップダウン リストから、適切な XPath 値を選択します。

      このフィールドは、パラメーターのタイプを [選択フィールド] として選択した場合に有効になります。これは XPath(デバイス XML を参照)で、値のセットを取得します。

    11. [選択値] フィールドに、適切な選択値を入力します。

      このフィールドは、パラメーターのタイプを [選択フィールド] として選択した場合に有効になります。

    12. [順序] フィールドに、パラメーターがリストされている順序を入力して、[Order configlet]を適用CLIします。

    13. [追加 ] をクリックします。

  15. (オプション)複数のパラメーターを追加します。
  16. (オプション)前のページに戻するには、 [戻る] を クリックします

    前のページにリダイレクトされます。

  17. [作成 ] をクリックします

    このCLI設定が作成されます。[Configlets]ページにリダイレクトされます。