Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

収集、役割、モジュールJunos OS Ansible について

まとめジュニパーネットワークスするデバイスの管理に使用できる Ansible モジュールJunos OS。

ネットワークで実行されているデバイスを管理するための Ansible の収集、ロール、モジュールJunos OS

Ansible は、インフラストラクチャの設定管理に使用される IT 自動化フレームワークです。個別のコード単位である Ansible モジュールを使用して、マネージド ノード上で特定の機能を実行できます。個別のモジュールをリモート ホストで実行してアドホック タスクを実行したり、プレイブックからモジュールを実行したりすることもできます。

Ansible および ジュニパーネットワークス Ansible モジュールを提供します。Ansible モジュールを使用して、ネットワークで稼働するデバイスJunos OS。Ansibleジュニパーネットワークスがグループ化され、Ansibleの役割とコレクションを介して配布され 、Ansible Galaxyリポジトリで ホストされています。 表 1 は、仮想 ネットワークで実行されているデバイスを管理するためのさまざまなコンテンツ セットJunos OS。

表 1:ネットワークで稼働しているデバイスを管理するための Ansible content Junos OS

コンテンツ セット

説明

Ansible リリース

Ansible コア モジュール

Ansible 基本インストールに含まれる Ansible モジュール。

Ansible 2.10 では、コア モジュールが基本インストールから Ansible のコレクションに移 junipernetworks.junos されました。

Ansible 2.1~Ansible 2.9

juniper.device コレクション

オープン ソース プロジェクトとして提供およびJunos OS実行ジュニパーネットワークスデバイスを管理するための収集。

Ansible 2.10 以降

Juniper.junos 役割

マルチネットワークスを実行するデバイスJunos OS管理するための役割ジュニパーネットワークス、管理、サポートを提供します。

この役割は、収集によって取りやめ juniper.device らされます。

Ansible 2.1 以降

junipernetworks.junos コレクション

Ansibleが提供、管理、サポートJunos OS実行しているデバイスを管理するための収集。

Ansible 2.10 以降

Ansible ロールは、一連のタスクであり、ホストを構成するための変数、ファイル、テンプレート、モジュールをサポートします。Ansible 2.10より、Ansibleは、Ansibleベースのインストールの一部として含まれていない Ansibleコンテンツを配信する形式である、Ansible Content Collectionsをサポートしています。Ansible のコレクションには、モジュール、プレイブック、プラグイン、ロールなど、幅広いコンテンツを含め、幅広い内容を含めできます。Ansible コレクションには独自のリポジトリも用意されています。Ansible ベースのインストールから独立して作成およびリリースできます。

Ansible 2.9 以前では、ジュニパーネットワークス ロールで提供されたモジュールを使用するか、Ansible ベースのインストールの一部として提供されたコア モジュールを使用して、Junos OS を実行しているデバイスを管理できます。 Juniper.junos Ansible 2.10 から、ロールと Ansible コア モジュールは、対応する収集 Juniper.junos に取って代わる。ジュニパーネットワークス の収集の導入により、ロール内のモジュールは新しい名前で複製されたため、パラメーターを除き、元のモジュールと同じ機能およびパラメーターが保持されます juniper.device Juniper.junos provider 。ロールはコレクションと共存可能で、後のリリースでも機能しますが、今後は新しい機能が追加されるだけのため、このコレクションを使用することをお勧 Juniper.junos juniper.device juniper.device めします。

動作中のデバイスでモジュールを実行するJunos OS

Ansible Galaxy リポジトリでホストされている収集とロールを使用するには、まず Ansible をコントロール ノードにインストールしてから、その収集またはロールをインストールする必要があります。収集またはロールのインストールについて、詳しくは サーバー要件用 juniper.device Juniper.junos Ansible Junos OS参照してください

Ansible モジュールは、マネージド ノード上で操作を実行できます。通常、Ansible 制御ノードは、モジュールをマネージド ノードに送信して実行してから削除します。このシナリオでは、マネージド ノードでモジュールを実行する機能が必要です。ほとんどの Ansible モジュールは Python で記述されているので、通常、Ansible にはマネージド ノードに Python が必要です。

しかしジュニパーネットワークスロールのサーバー モジュールは、管理対象ノード juniper.device Juniper.junos で Python を必要としません。一般的な操作とは対照的に、Ansible コントロール ノードでモジュールをローカルで実行し、各モジュールは NETCONF 上で Junos PyEZ と Junos XML API を使用してマネージド ノードとインターフェイスします。この実行方法を使用すると、Ansible を使用して、Junos OS を実行しているサポートされるデバイスを管理できます。 図 1 は、Ansible コントロール ノードと実行中のデバイス間の通信管理対象デバイスを示Junos OS。

図 1:ネットワークで稼働しているデバイスとの Ansible Junos OS Ansible Communication with Devices Running Junos OS

収集内またはロールでモジュールを juniper.device 使用 Juniper.junos するには、プレイブックまたはコマンドを以下に実行する必要があります。

  • 収集またはロールを指定する — 収集またはロールを指定するには、またはキー collections roles をプレイに含める。または、鍵を除外し、代わりに、完全に絞り込んだ収集名(FSN)で収集コンテンツを参照することができます。これは推奨される方法 collections です。

  • 制御ノード上でモジュールをローカルに実行 — Ansibleモジュールをローカルで実行するには、プレイブックに含め、コマンドラインにたとえばを含めて、パラメーターを定義します connection local connection: local --connection local

    注:

    Ansibleを使用すると、プレイ中のタスクごとに、接続が必要なデバイスへの connection: local 接続を個別に確立します。収集モジュールは、 を使用してもサポートします。これは、まだモジュールをローカルで実行しますが、代わりに、プレイ中のすべてのタスクのためにデバイスへの単一の持続的な接続 juniper.device connection: juniper.device.pyez を確立します。

  • 適切な接続と認証情報を入力してデバイスに接続管理対象デバイス、 詳細については、以下を参照してください。

Ansibleモジュールは、実行されているアプリケーションへのアクセス権を持つ任意のユーザー アカウント管理対象デバイス実行Junos OS。Ansible モジュールを実行すると、ユーザー Junos OS アクセス権限が適用され、Junos OS ユーザー アカウントに設定されたクラスが権限を決定します。したがって、ユーザーが設定変更をデバイスにロードするモジュールを実行する場合、ユーザーは設定の関連部分を変更する権限を持つ必要があります。

次のプレイブックは、収集のモジュールを実行してデバイスの情報を取得し、 juniper.device facts ファイルに保存します。この例では、デフォルトの場所で既存のSSHキーを使用してデバイスでの認証を行います。そのため、プレイブックに認証情報は明示的に提供されません。

同様に、以下のプレイブックでは役割の Juniper.junos モジュールを実行して juniper_junos_facts 同じ操作を実行します。

また、コマンド ラインでアドホック操作を実行することもできます。次のコマンドは、収集のモジュールを実行し、インベントリ グループ dc1 内のホストからデバイスのファクト juniper.device facts を取得します。

ジュニパーネットワークス juniper.device Collection

ジュニパーネットワークス Ansible GalaxyのWebサイトでホストされている juniper.device Ansible Content Collectionには Ansible モジュールが含まれています。このモジュールを使用すると、デバイスで稼働しているデバイスをJunos OS。

表 2 は 、収集されたモジュールの概要 juniper.device です。収集モジュールの初期リリースでは、収集モジュールは、パラメーターを除き、ロール内の対応するモジュールと同じ機能およびパラメーターを保持します。このパラメーターは収集モジュールではサポートされていません Juniper.junos provider

モジュールの最新のリスト、ドキュメント、使用例については、 を参照https://ansible-juniper-collection.readthedocs.io/en/latest/。

表 2:juniper.device収集モジュール

juniper.device モジュール名

説明

command

デバイスCLIにコマンドを実行してJunos OS出力をローカルに保存します。

config

ネットワークで稼働しているデバイスの設定Junos OS。

facts

リモート ホストから、デバイス固有の情報(リモート バージョン、シリアルJunos OS、ハードウェア モデル番号など)を取得します。

jsnapy

Ansible JunosのPython(JSNAPy)テストでスナップショット管理者を実行します。

ping

設定を ping 実行しているデバイスで コマンドを実行Junos OS。

pmtud

デバイスでパスMTU検出を実行Junos OS。

rpc

RPC Junos OS実行。

software

ソフトウェア パッケージにJunos OSし、ソフトウェアを実行しているデバイスを再起動Junos OS。

system

デバイスを実行しているデバイスで、Junos OS、再起動、デバイスのシャット ダウンなど、システム操作を実行します。

srx_cluster

複数のSRX シリーズ実行するクラスタ対応ネットワーク サービス ゲートウェイ用に SRX シリーズ シャーシ クラスタをJunos OS。

table

PyEZ Junosのテーブルとビューを使用して、ネットワークで実行されているデバイスから運用情報をJunos OS。

ジュニパーネットワークス ジュニパー.junos ロール

ジュニパーネットワークス は Ansible ロールを提供します。Ansible Galaxy の Web サイトでホストされ、Junos OS を実行するデバイスを管理できる Ansible モジュールが含まれています。 Juniper.junos Ansible 2.10 から開始すると、このAnsibleが役割を取り残します。 juniper.device Juniper.junosこのコレクション内のモジュールは、パラメーターを除き、ロール内のモジュールと同じ機能およびパラメーターを持 provider っています。収集と役割は同じプラットフォーム上で共存可能で、以降のリリースでもモジュールを引き続き使用することができますが、今後は新しい機能が追加されるだけなので、このコレクションを使用することをお勧めします。 Juniper.junos juniper.device

表 3 は、役割に関するモジュールをまとめた Juniper.junos モデルです。モジュールの最新のリスト、マニュアル、使用例については、「 https://junos-ansible-modules.readthedocs.io/en/latest/ 」を参照 https://junos-ansible-modules.readthedocs.io/en/latest/。

注:

リリース Juniper.junos 2.0.0 より、ロールには拡張 Juniper.junos モジュール セットが含まれています。新しいモジュールごとに、1 つ以上の既存のモジュールの機能が置き換わる。拡張モジュールは、共通の接続パラメーターと認証パラメーター、コア モジュールと同じ接続および認証関連オプションを指定できるエイリアス、プロバイダ の辞書内でパラメーターを指定する機能をサポートしています。

表 3:ジュニパー.junos ロール モジュール

モジュール名

説明

リリース 2.0.0 での変更後のモジュール

juniper_junos_command

デバイスCLIにコマンドを実行してJunos OS出力をローカルに保存します。

junos_cli

juniper_junos_config

デバイスで実行されているデバイスの設定Junos OS。

junos_commit

junos_get_config

junos_install_config

junos_rollback

juniper_junos_facts

リモート ホストから、デバイス固有の情報(リモート バージョン、シリアルJunos OS、ハードウェア モデル番号など)を取得します。

junos_get_facts

juniper_junos_jsnapy

Ansible Junos Python(JSNAPy)テストでスナップショット管理者を実行します。

junos_jsnapy

juniper_junos_ping

設定を ping 実行しているデバイスで コマンドを実行Junos OS。

junos_ping

juniper_junos_pmtud

デバイスでパスMTU検出を実行します。そのJunos OS。

junos_pmtud

juniper_junos_rpc

RPC Junos OS実行。

junos_rpc

juniper_junos_software

ソフトウェア パッケージにJunos OSし、ソフトウェアを実行しているデバイスを再起動Junos OS。

junos_install_os

juniper_junos_system

デバイスを実行しているデバイスで、Junos OS、再起動、デバイスのシャット ダウンなど、システム操作を実行します。

junos_shutdown

junos_zeroize

juniper_junos_srx_cluster

複数のSRX シリーズ実行するクラスタ対応ネットワーク サービス ゲートウェイ用に SRX シリーズ シャーシ クラスタをJunos OS。

junos_srx_cluster

juniper_junos_table

PyEZ Junosのテーブルとビューを使用して、ネットワークで実行されているデバイスから運用情報をJunos OS。

junos_get_table

リリース履歴テーブル
リリース
説明
2.0.0
ジュニパー.junos リリース 2.0.0 から、ジュニパー.junos ロールには拡張モジュール セットが含まれています。