Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

OS イメージ(デバイス)

NOSアップグレードに備えて、新しいOSイメージを登録する必要があります。

OSの画像を登録

  1. デバイスベンダーからOSイメージを取得します。
  2. 左側のナビゲーション メニューから、[デバイス > システム エージェント> OS イメージに移動し、OS イメージの登録(右上)をクリックします。
  3. ドロップダウンリスト(EOS、CUMULUS、NXOS、SONIC、JUNOS)からプラットフォームを選択し、説明を入力します。
  4. 画像を直接Apstraサーバーにアップロードするか、アクセス可能なHTTPサーバー上のイメージファイルを指すURLダウンロードリンクを提供します(以下のセクションで説明)。

方法1:画像をアップロード

  1. [画像のアップロード] を選択し、[ファイルの選択] をクリックしてコンピューター上のイメージに移動するか、イメージをコンピューターからダイアログ ウィンドウにドラッグ アンド ドロップして [開く] をクリックします。
  2. チェックサムを追加します(オプション)(以下のセクションで説明)。
  3. [アップロード]をクリックして、画像をアップロードしてApstraソフトウェアに登録します。
  4. (オプション)チェックサムを検証できない場合、アップグレードはデバイスの再起動前に停止します。

方法 2: 画像の URL を指定する

ネットワーク管理ポートを介してアップグレードされたデバイスから別のHTTPサーバーにアクセスできる場合は、アップロードする代わりにOSイメージを登録できます。HTTP URL のみがサポートされています。HTTPS、FTP、SFTP、SCPなどの機能はありません。

  1. [画像の URL を指定] を選択します
  2. もう一方のサーバー上のイメージを指す URL を入力します。
  3. チェックサムを追加します(オプション)(以下のセクションで説明)。
  4. [登録]をクリックして、Apstraソフトウェアに画像を登録します。
  5. (オプション)チェックサムを検証できない場合、アップグレードはデバイスの再起動前に停止します。

チェックサムの追加(オプション)

チェックサムのタイプは、プラットフォームによって決定されます。

  • Juniper Junos - MD5(32 文字)
  • Enterprise SONiC - MD5(32 文字)
  • Cisco NX-OS - SHA512(128 文字)
  • Arista EOS - SHA512(128 文字)
  • Cumulus Linux - MD5 (32 文字)

デバイス ベンダーがチェックサム ファイルを提供する場合は、チェックサム ファイルをダウンロードしてチェックサム フィールドにコピーすることをお勧めします。チェックサム ファイルを使用できない場合は、Linux md5sum または shasum コマンド(該当する場合)または同等 プログラムを使用してチェックサムを生成できます。

OSの画像を編集

障害を防止するには、新しいイメージ アップグレードを進める前に AAA 認証を無効にしてください。

  1. 左側のナビゲーション メニューから、[デバイス > システム エージェント> OS イメージに移動し、OS イメージの編集ボタンをクリックして編集します。
  2. 変更を加えます。
  3. [更新] をクリックして OS イメージを更新します。

OSイメージの削除

  1. 左側のナビゲーション メニューから、[デバイス > システム エージェント> OS イメージに移動し、削除する OS イメージの [削除] ボタンをクリックします。
  2. [削除] をクリックして OS イメージを削除します。