Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

Cumulus デバイス エージェント

デバイスシステムエージェントをインストールする推奨する方法は、Apstra GUIでエージェントを作成することで行います。しかし、Apstraエージェントを手動でデバイスからインストールCLI。まれな例外では、手作業でエージェントをインストールする必要があります。ただし、作業が必要で、ミスが起きやすいです。エージェントを手動でインストールする前に、デバイスのさまざまな状態、構成段階、エージェントの運用について深く理解する必要があります。サポートについて詳しくは、 ジュニパーにお問い合わせください

クイック スタート ガイド

このセクションでは、Cumulus デバイス エージェントをインストールするための簡単な手順を示します。残りのセクションでは、これらの手順について詳しく説明します。

  1. 管理 IP と VRF の設定
  2. cumulusライセンスをアクティブ化します。
  3. Apstraエージェントをダウンロード
  4. ApstraサーバーのIPを設定し、設定サービスを有効にします。
  5. Apstraエージェントの再起動
  6. Apstraでデバイスを承認します。
  7. デバイスを設計図に割り当てる。

Cumulus の初期構成

Apstraソフトウェアで使用する前に、Cumulusデバイスエージェントに特定の設定が必要です。プロビジョニング プロセスの一環として、ローカルユーザー名管理者とパスワード管理者が追加されました。デフォルトでは、Cumulus 認証情報はユーザー名 cumulus および password CumulusLinux! - Apstra は変更するユーザー名に依存しない。

CumulusVX

CumulusVX(仮想アプライアンス)を導入する場合は、1 vCPU および 2GB RAM 仮想スイッチを満たしている必要があります。Cumulus VX 3.1.1 OVA テンプレートは 512 MB の RAM のみを提供します。これを増やす必要があります。

管理インターフェイス

注意:

Cumulusデバイスエージェントでは、Apstraデバイスの設置担当者を実行する前に、管理VRFを設定する必要があります。ApstraエージェントがApstraサーバーと通信するには、インストールの前に管理VRFのコンテキストでbashシェルを実行する必要があります。

デフォルトでは、Cumulus 管理 VRF はアクティブになりません。

新しい自動管理インターフェイスを VRF として追加し、vrf mgmt 用に eth0 インターフェイスをアクティブにします。

VRF がアクティブ化された後、ネットワーク ファイル ifreload -aをリロードして、その後スイッチに再度ログインします。これにより、管理 VRF ルーティング コンテキストの下にBashプロンプトが表示されます。新しいbashプロンプト「 admin@cumulus:mgmt-vrf:~$」に注意してください。これは、mgmt-vrfコンテキストでbashが実行されている状態を示します。

Cumulusライセンスのインストール

ほとんどのプラットフォームで適切に動作するには、スイッチ用にライセンスをインストールする必要があります。ライセンスがインストールされていない場合ifreload -aswitchd、サービスが実行されていないためコマンドが失敗して、導入エラーが発生する可能性があります。

Apstra ZTPサーバー用の Cumulusライセンスを事前にプロビジョニングできます。手動でインストールできます。

ライセンスがインストールされていないので、これが cumulus VX プラットフォームではない場合、コマンドは失敗 cl-license します。

ライセンス キーを追加します。

ライセンスをインストールした後、スイッチされたサービスを再起動します。

エージェントのインストールをダウンロード

Cumulus用のApstraデバイスエージェントインストールファイルは、Apstraサーバーから利用可能で 、URL https://aos-server/device_agent_images/aos_device_agent.run

ダウンロードしたファイルを検証する場合は、 .md5 ファイルも使用できます。run ファイルをC cumulus スイッチにコピーし、 コマンドを使用します。 vrf task exec mgmt wget -nv --no-check-certificate https://aos-server/device_agent_images/aos_device_agent.run

メモ:

このコマンドは、このbashが「mgmt」vrfコンテキストで実行されていると仮定します。これが当てはされない場合は、セクションを除外して vrf task exec mgmt 、通常はファイルをダウンロードします。

Cumulusデバイスエージェントのインストール

apstraデバイスエージェントを cumulusにインストールするには、Apstraサーバーから使用可能な「.run」ファイルを実行します。ファイルがダウンロードされると、それをシェル コマンドとして実行します。必ずApstraデバイス エージェントがインストールされ、bashが管理-vrfルーティングコンテキストの下に置かされていることを確認します。

実行 sudo sh aos_device_agent.run

最初のエージェント aos.conf の起動時にファイルが存在しない場合、Apstraソフトウェアによって作成されます。

デバイス エージェント設定ファイル

デバイス エージェント設定ファイルを直接編集すると、gevice Agent の設定を管理できます。Cumulus デバイス エージェント設定ファイルは /etc/aos/aos.conf、パラメーターについては 、 Apstraデバイスエージェント設定ファイル を参照してください。ファイルを更新した後、Apstraデバイス エージェントを再起動します。

デバイス エージェントの管理

ブートストラップ構成

ブートストラップ設定の概念は、管理 IP アドレスに /etc/network/interfaces 適用される設定セクションに関連しています。ブートストラップ設定は、Apstraがプッシュする設定ジョブの前に追加されます。これにより、Apstraは、エージェントがコントローラに到達できない可能性があるネットワーク設定を上書きしないのに役立ちます。

ブートストラップ構成は通常、ユーザーが設定をプッシュするか、ApstraのEon ZTPサーバーやApstraデバイスの設置プロジェクトなどのソフトウェアで自動化します。

ブートストラップ構成には、ApstraがApstraコントローラに接続するために必要な最小ネットワーク設定が含されています。

Cumulus デバイス設定管理

Cumulus デバイス エージェントがファイルシステム上の以下のファイルを管理します。

  • /etc/cumulus/port.conf - Cumulusプラットフォームでポート ブレークアウトを使用する方法を指定
  • /etc/frr/frr.conf - デバイス上のトラフィックに関BGPルーティング情報を含む
  • /etc/network/interfaces - CLAG、VLAN、VXLAN、IP ルーティングなど、デバイス上のすべてのレイヤー 2 およびレイヤー 3 設定を処理
  • /etc/hostname - Apstraがデバイスホスト名を管理するファイル:
  • /etc/default/isc-dhcp-relay - DHCP リレーに参加するインターフェイスを指定します。

デバイスの導入

エージェントを設定して実行すると、管理デバイスの下に表示され、標準プロシージャごとにGUIを使用して、確認を受け、設計図に割り当てることができます。

Apstraデバイスエージェントをアンインストールする

Apstraデバイスエージェントを削除するには エージェントを停止し Apstraから削除してから エージェントをアンインストールします

次の手順で、CumulusのApstraデバイスエージェントを簡単に確認できます。Apstraエージェント自体は、大部分が圧縮画像(スカフ)画像である場合が多く、数ステップでアンインストールできます。

さまざまなファイル(frr.conf、/etc/network/interfacesなど)に適用されたApstra設定をアンインストールすると、削除されます。

Stop Apstraサービス

エージェントが即座にApstraサーバーに再登録を防止するには、エージェントをアンインストールする前に、エージェントのApstraサービスを停止してください。

デバイスの削除

Apstra GUIを使用して、標準的な手順に従って設計図からデバイスの展開と割り当てを解除します。[管理対象デバイス] ページからその全体を削除することもできます。

注意:

Apstra GUIからエージェントを削除する前にエージェントをアンインストールした場合、既存の設定は消去されません。

CumulusからApstraパッケージを削除

次のコマンドを使用してApstraパッケージを削除します。

ファイルシステムに残っている他のファイルをクリーンアップします。

他のApstraファイルがファイルシステムに残っているか確認します。

必要に応じて、 から管理 VRF を削除します /etc/network/interfaces

Cumulus エージェントのトラブルシューティング

Apstraのステータスを確認

実行すると service aos status Apstraサービスステータスの出力が提供されます。

実行中のプロセスのリスト

Apstraコンテナにコマンドを添付し service aos attach 、コンテナ内で通常のLinuxコマンドを実行できます。コンテナが再び再起動すると、このコンテナ内の変更は失われます/破棄されます。これは読み取り専用インスタンスです。

Apstraログ ファイルの表示と読み取り

Apstraログ ファイルはフォルダーに保存 /var/log/aos されます。通常、実行されるApstraエージェントごとにログ ファイルが1つ必要です。Apstraデバイスエージェントは、テレメトリ、設定レンダリング、カウンター、エージェントの正常性など、さまざまな目的で他の一連のデバイスエージェントを生成します。任意のテキスト エディターでプレーンテキスト .err ファイルを読み込めます。

  • DeviceTelemetryAgent.err - デバイス テレメトリに関して、すべての診断出力が含まれている。
  • DeviceKeeper Agent.err - Apstraエージェント自体の正常性とApstraグラフデータストアのApstraサーバーへのマウント方法を追跡します。
  • DeploymentProxyAgent.err - このファイルは、Apstra によって管理されるすべての構成オプションをログに記録し、設定ジョブが完全に適用されるかどうかを示します。Apstraによる設定変更はすべて こちらに表示されます
  • CounterProxyAgent.エラー - スイッチに導入されているカスタム カウンター コレクターをキャプチャします。
  • aos.log - 未使用
  • XXXXXXXXXX XXX-0.エラー - 使用されていない

ファイル .tel は tacc イベント ログの出力で、Apstra での内部サポートに使用されます。

設定がプッシュされない

設定がプッシュされない場合、デバイス エージェントは「テレメトリのみ」モードにできます。詳細を/etc/aos/aos.conf チェックしてください enable_configuration_service = 0

これらのログ行 /var/log/aos/DeviceProxyAgent.errConfiguration service disabled. Not setting mount timer.

これを修正すると、ログ handle device deployment config ファイルに表示されます。

Ping Apstraや他のネットワークツールを使用できない

デバイスが VRF で設定されている間に、CLI Apstra サーバーに ping を実行すると、混乱を招くエラー メッセージが表示される可能性があります。ICMP echo を使用 ping -I mgmt して、管理 VRF から適切にソース化する必要があります。

その他のコマンドについては、 を使用します vrf task exec mgmt

平均状態は重要

Cumulus VM が RAM を使い切されると、カーネルが大分し、システム自体が再起動し続けるという問題が発生します。cumulusのデフォルトOVA VMは、デフォルトで512MBに出荷されます。

この問題の根本原因は、VMを実行するのに十分なRAMがなかったという問題です。