Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

Aristaデバイスエージェント

以下のセクションでは、AristaデバイスにApstraデバイスエージェントを手動でインストールする方法について説明します。Apstra ZTPを使用して、エージェントを自動的に起動してインストールするオプションと、スイッチ上の前提設定を行うことができます。Apstra ZTPを使用すると、エージェントを手動でインストールするよりも、規模に応じたサポートが簡単で簡単になります。詳細については、 Apstra ZTPをご覧ください。

Arista EOS の初期設定

ZTP を無効にする

ZTP(ZTP 無効)なしでスイッチをプロビジョニングする場合は、続行する前に ZTP プロセスが無効になっていることを確認します。スイッチに初めてログインしたら、コマンドを実行します zerotouch disable。そのためには、デバイスのリロードが必要です。

AAA およびネットワーク管理者ユーザーの設定

エージェントをインストールまたは管理するには、既知のパスワードを使用してデバイスにネットワーク管理者ユーザーを設定する必要があります。

IP アドレスと管理 VRF の設定

メモ:

オンボックス エージェントをインストールする場合は、管理 VRF を設定する必要はありません。必要に応じて、エージェント インストーラは管理 VRF を自動的に設定します。

エージェントは管理 VRF を使用します。管理インターフェイスをデフォルト(なし)VRF から管理 VRF に移動します。

エージェントはデフォルトでインターフェイスをManagement1使用します。Arista 7504や7508などのモジュラー型シャーシでは、管理インターフェイスがプラットフォームをチェックして、管理インターフェイスがManagement0両方のスーパーバイザー間の共有管理インターフェイスかどうかを Management0 Management1 Management1/1Management1/2Management0確認します。

注意:

このスイッチにリモートでログインする場合は、インターフェイスの下でコマンドを発行する vrf forwarding management 前に、アウトオブバンド接続を確立してください。これにより、すぐにNICからIPアドレスが削除され、システムからロックアウトされる可能性があります。

EOS の DNS を構成します。

エージェントを手動で設定する場合、Apstraサーバー検出はDNSベースの検出をサポートします。デフォルトでは、ファイルが aos-configtbt://aos-server:29731 します - それに応じて、DNSネームサーバーを使用して解決 aos-serverできます。

EOS の HTTP API を構成します。

メモ:

オンボックスエージェントをインストールする場合、HTTP APIを設定する必要はありません。必要に応じて、エージェントインストーラは自動的にHTTP APIを設定します。

HTTP API および Unix ソケットは、構成レンダリングおよびテレメトリ コマンド用に EOS API に接続するために使用されます。デフォルト ルートと管理 VRF の両方で API を使用できるようにする必要があります。エージェントはファイルシステム上でローカルにunixソケットを使用して接続します。

EVPN のマルチエージェントの設定

EOS 4.22 を実行している Arista デバイスで EVPN を実行するには、 を実行 service routing protocols model multi-agentする必要があります。また、デバイスを再起動して設定を適用する必要があります。

デバイスの最新の設定に追加されるようにするには、エージェントをインストールする前にマルチエージェント設定をデバイスに追加することをお勧めします。設定を追加した後、デバイス設定を保存し、デバイスをリロードします。

デコミッション デバイス

  1. Apstra GUIの左ナビゲーションメニューから、デバイス>管理対象デバイスに移動し、停止するデバイスのチェックボックスをオンにします。
  2. 表の上にある [DECOMM] ボタンをクリックし、[確認] をクリックして管理者の状態を変更し、リスト ビューに戻ります。
  3. デバイスがまだ選択されている状態で、[システムの削除] ボタンをクリックし、[確認] をクリックしてデバイスを削除し、リスト ビューに戻ります。

デバイスからApstraパッケージを削除

EOS CLI を使用したエージェントのアンインストール

スタートアップ構成を消去しても、インストールされている EOS 拡張ファイルは削除されません。エージェントを明示的に削除する必要があります。順に次の手順に従います。

Bashを使用したエージェントのアンインストール

Bash CLIを使用するには、編集 /mnt/flash/boot-extensions して拡張子への参照を削除し、拡張子 /mnt/flash/.extensions/aos-device-agent.i386.rpm を削除する必要があります - このファイル名は、インストールされているApstraバージョンに応じて一意です。

システムから残りのApstraデータを削除する

Apstra関連のデータは、ファイルシステム上のいくつかの場所に保持されます。以下に示すように、これらのデータを手動で削除します。

注意:

次回ApstraソフトウェアをインストールするときにApstraファイル(特に /mnt/flash/.aos/ チェックポイントファイルを含む)を削除しない場合、設定は最後にレンダリングされた設定(隔離設定を含む)に置き換えられ、すべてのインターフェイスがシャットダウンされます。

Apstraデータを削除するときは、必ず削除 /mnt/flash/.aos/してください.

設定ファイルの保存

拡張機能をブートアップから削除するには、コマンド wr mem を実行して、拡張機能がブート拡張機能に表示されないようにします。RPM がまだ使用可能な拡張機能にインストールされている場合は、エージェントが再び起動する可能性があります。

再起動システム

Apstraソフトウェアをアンインストールした後、システムを再起動します。拡張機能がブート拡張機能から削除されていることを確認するには、[はい] を選択して構成を保存します。

エージェントを削除しても、スイッチで実行されている設定は変更または変更されません。ネットワークが中断されることはありません。

Aristaデバイスエージェントを手動でインストールする

注意:

エージェントを手動でインストールするには、さまざまなデバイスの状態、設定段階、エージェントの運用を深く理解する必要があります。より多くの労力が必要で、エラーが発生しやすいため、まれなケースでのみ手動でインストールすることをお勧めします。代わりに、Apstra GUIを使用してエージェントを自動的にインストールすることをお勧めします。詳細については、エージェントのドキュメント 参照してください。手動でインストールするには、以下のセクションを参照してください。サポートについては、 ジュニパーサポートにお問い合わせください。

エージェントインストーラをダウンロード

エージェントはベースURL https://aos-server/device_agent_images/aos_device_agent.run からApstraサーバーからHTTPs経由使用できます

Aristaデバイスエージェントのインストール

コマンド aos_device_agent.run を実行してエージェントをインストールします。

デバイス エージェント設定ファイル

Aristaデバイスエージェントは、実行設定ファイルを管理します。エージェントのライフサイクル全体で他の設定ファイルは変更されません。設定ファイルを直接編集することで、設定を管理できます。Arista EOSデバイスエージェント設定ファイルは. /mnt/flash/aos-configパラメーターについては 、エージェント構成ファイル を参照してください。ファイルを更新した後、エージェントを再起動します。

Aristaエージェントのトラブルシューティング

Apstraログファイル

Apstraはディレクトリ内の多数のファイルにログを /var/log/aos 記録します。

エージェント パッケージがインストールされていることを確認します。

エージェントが実行されていることを確認します。

DNS 解決エラー

エージェントは、接続の DNS 解決に metadb 敏感です。設定ファイルの IP または DNS がデバイス管理ポートから到達可能であることを確認します。

実行中のプロセスのリスト

コマンドを使用して、スイッチ上の他の管理コンポーネントと共に実行されるApstraエージェントプロセスを ps wax 示します。

インストール中に「接続できません」エラー

Arista EOS デバイス エージェントをインストールすると、エラーが表示 Unable to connect: Connection refused される場合があります。

このエラーは、次の原因で発生する可能性があります。

  • SDKが実行されていません
  • 待ち受けしないunixソケット
  • 管理 VRF でデバイス インストーラを実行しようとしています。

このエラーを解決するには、ルーティングコンテキスト defaultを.