Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

デバイス トラフィックのドレイン

デバイスをトラフィックのドレインすることで、メンテナンス(またはデコミッション)のためにデバイスを正常にサービスから外すことができます。

  1. ブループリントから、Staged > Physical > Build > Devices に移動し、デバイス上の導入モードドレインに変更します。
  2. [コミット解除] をクリックし、ステージングされた変更をコミットしてアクティブにします。
  3. TCP セッションのドレイン(特に EVPN ブループリントの場合は時間がかかる)が、BGP 異常が予想されます。Apstra GUIの様々な場所からの排水の進行状況を監視できます。ドレイン設定が完了すると、一時的な異常が解決されます。
    • ブループリントダッシュボード(ドレイン設定)の 導入ステータス セクションからドレインステータスを監視できます。
    • [ステータス] パネル (展開ステータス: ドレイン) で、アクティブ>物理からドレインステータスを監視できます。
    • 事前定義されたドレイン検証ダッシュボードをインスタンス化すると、分析>ダッシュボードからドレインステータスを監視できます。(ダッシュボードをデフォルトに設定すると、ブループリントダッシュボードと分析ダッシュボードに表示できます)。下の画像では、トラフィックはドレイン中です。

デバイスのメンテナンスを実行した後、導入モードを Deploy に戻し、変更を コミット してデバイスをアクティブなサービスに戻します。