Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

必要なサーバー リソース

ApstraサーバーのVMリソース要件は、ネットワークのサイズ(ブループリント)、オフボックスエージェントの拡張、インテントベース分析(IBA)の使用に基づいています。1 つの VM がニーズに不十分な場合は、 複数の VM をクラスタリングすることでリソースを増やすことができます。

注意:

ApstraサーバーVMは、以下の推奨リソースよりも少ないリソースで実行される場合がありますが、ネットワークのサイズによっては、CPUとRAMの割り当てが不十分な場合があります。システムは、エラーまたは重大な「セグメンテーション障害」(コア ダンプ)が発生する可能性があります。この場合、VM を削除し、追加のリソースを使用して再デプロイします。

表 1:推奨される VM リソース
リソース の推奨事項
メモリ 64 GB RAM + 300 MB/設置済みオフボックス エージェント*
CPU 8 vCPU
ディスク 80 GB
ネットワーク 1 個のネットワーク アダプター(最初は DHCP で構成)

* オフボックス エージェント コンテナ メモリの使用は、有効な IBA コレクターの数によって異なります。ワーカー ノードを追加して、オフボックス エージェントの容量を拡張できます。以下に示すように、GUIで Apstraクラスタ 機能を使用して使用状況を監視することをお勧めします。