Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

BGP ピアリング(汎用システム)

BGPピアリング(汎用システム)プリミティブは、汎用システムとのBGPピアリングセッションを作成します。汎用システムは、ループバックやASN(アドレス、リンクローカルピア)などのApstra汎用システムプロパティから継承されます。このプリミティブは、仮想ネットワーク(シングル)または IP リンク接続ポイント プリミティブに接続します。

以下のパラメーターを設定する必要があります。

  • IPv4 AFI
  • IPv6 AFI
  • BGP Time to Live(TTL)
    • TTL を 0 に設定すると、何も構成され、デバイスのデフォルトが使用されます。
    • TTLを1に設定すると、Cisco NX-OSとFRRベースのBGP(Cumulus LinuxおよびSONiC)が、接続チェックを無効にします。それ以外の場合、TTL値は特定のBGPネイバーにebgp-multihopをレンダリングします。
  • シングルホップ BFD
    • これにより、BGP ピアリングに BFD が有効になります。マルチホップBFDは、デフォルトでアクティブ化されるJunosでのみサポートされています。
  • BGP パスワード
  • BGP Keep Alive Timer(秒)
  • BGP 保留時間タイマー(秒)
  • IPv4 アドレスタイプ(なし、アドレス指定)
  • IPv6アドレッシングタイプ(なし、(IPv6アプリケーションが有効になっている場合はアドレス指定)リンクローカル)
  • ネイバーASNタイプ(静的、動的)
  • ピア From(ループバック、インターフェイス)
  • ピアツー(ループバック、インターフェイス/IP エンドポイント、インターフェイス/共有 IP エンドポイント)
    • ループバック: このオプションを使用して、単一リモートシステムのループバックアドレスとピアリングします。
    • インターフェイス/IPエンドポイント:このオプションを使用して、単一のリモートシステムリンクまたはルーテッドVLANインターフェイスのIPアドレスとピアリングします。
    • インターフェイス/共有IPエンドポイント:このオプションは、リモートピアIPアドレスが複数のリモートシステムで共有されるシナリオに使用します。

ルーティングポリシープリミティブをBGPピアリング(汎用システム)に接続できます。