Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

必要なOSとソフトウェアのインストール

メモ:

ただし、これには「新しいインストール」のみ必要です。アップグレードについては、ライフサイクル管理のドキュメントを参照してください。

  1. クリーンな Ubuntu 18.04 サーバーをインストールします。

    • システム ユーザー名は重要ではありません。ただし、名前に「netrounds」は許可されません。これは、この段落で説明されているとおり、その名前を持つユーザーを 1 人のユーザーが作成すること以降です

    • 標準コンポーネントのみを設置します(デフォルトの選択は変更されません)。

    • 特にスナップショット バックアップには、次のディスク パーティショニングを推奨します(ただし、ユーザーが決定するはユーザーの判断です)。

      • ラボ設定で推奨されるパーティショニング:
        • /:ディスク全体、拡張 4。
      • 本番設定用に推奨されるパーティショニング:
        • /:ディスク容量の 10%、拡張 4。
        • /var:ディスク容量の 10%、拡張 4。
        • /var/lib/netrounds/rrd (このテクノロジーを利用する場合は TimescaleDB が含まれます):ディスク容量の 80%、拡張 4。
      • 暗号化なし
    • たとえば、次のようにタイム ゾーンを[THEC]に設定します。

    • すべての地域を に設定します en_US.UTF-8

      • その方法の 1 つは、ファイルを手動で編集することです /etc/default/locale。例:

      • ファイルに次の行がコメントアウトされていないか確認します /etc/locale.gen

      • 選択した言語が使用可能な動作を確認するために、次のファイルを再生します。

  2. NTP をインストール:

    • 最初の無効化 timedatectl:

    • このコマンドを実行します。

      確認して、

    • これで、NTP インストールを実行できます。

    • 設定された NTP サーバーに到達可能な場所を確認します。

      通常、「リーチ」値は、10 進数で示す「すべての値」で表す必要があります。

      (出力では、NTP サーバーの「リーチ」値は、過去 8 回の NTP トランザクションの結果を示す 8 進数の値です。8 つすべてが正常に完了した場合、値は 377-10 進みになります [= バイナリ 0b111111]。ただし、NTP をインストールしたばかりでは、NTP トランザクションが 8 件未満発生している可能性があります。すべてのトランザクションに成功すると、1、3、7、17、37、77、177 のいずれかの値になります)。

  3. オプション オプションをインストールし、 Control Center 用にユーザーを設定して、データベースを作成します。

    外部の多くの場合、外部の多い方の使用は推奨されません。

  4. 電子メール サーバーをインストールして構成します。

    • Control Center からユーザーに電子メールが送信されます。

      • 招待客がアカウントに招待された場合
      • 電子メール アラームの送信時(SNMP ではなくメールがこの目的に使用される場合)、
      • 定期的なレポートの送信時に送信する機能です
    • コマンドを実行します。

    • Postfix を宛先電子メール サーバーに直接送信できる簡単な設定では、一般メールの設定を「インターネット サイト」に設定し、システム メール名は通常、その通り残します。そうしないと、postfix を環境に応じて構成する必要があります。ガイダンスについては、英国の Ubuntu の公式マニュアル ubuntu.com/server/docs/mail-postfix