Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

冷却システムSRX5600の維持

ラックのファン トレイのSRX5600 サービスゲートウェイ

目的

最適な冷却を行う場合は、ファンの状態を確認します。

アクション

  • ファンのステータスを監視します。ファン トレイには、サービス ゲートウェイ コンポーネントを冷却するために一緒に動作する複数のファンが含まれている。1 つのファンに障害が発生した場合、ホスト サブシステムは残りのファンの速度を調整して適切な冷却を維持します。メジャー アラームは、ファンに障害が発生し、ファン トレイが削除された際にマイナー アラームとメジャー アラームがトリガーされると発生します。

  • 冷却システムのステータスを表示するには、 コマンドを発行 show chassis environment します。

注:

ファン番号は、各ファンの横にあるファン トレイ シートの金属にタイムスタンプ付けされています。

ファン トレイSRX5600 サービスゲートウェイ交換

ファン トレイを交換するには、次の手順を順序に従って実行します。

ファン トレイSRX5600 サービスゲートウェイ取り外す

注:

過熱を防止するには、既存のファン トレイを取り外した後すぐに交換用ファン トレイを取り付けます。

ファン トレイを取り外するには(図 1 を参照)。

  1. ESD(静電放電)接地ストラップを手首に着け、ストラップをシャーシの ESD ポイントと接続します。
  2. ファン トレイのフェースプレートのキャプティブ ねじを緩めます。
  3. ファン トレイのハンドルをつかみ、約 1~3 インチ引き出します。
    警告:

    けがを防けるために、ファン トレイをシャーシから引き出す場合、ツールと指をファンから離してください。ファンがまだ回転している可能性があります。

  4. ファン トレイの内側にあるラッチを押して、シャーシから解放します。
  5. 1 つの手をファン トレイの下に置いて支え、ファン トレイをシャーシから完全に引き出します。
図 1:ファン トレイの取り外し Removing the Fan Tray

ファン トレイSRX5600 サービスゲートウェイ取り付け

ファン トレイを設置するには、次の手順 に当たります(図 2 を参照)。

  1. ESD(静電放電)接地ストラップを手首に着け、ストラップをシャーシの ESD ポイントと接続します。
  2. ファン トレイのハンドルをつかみ、真っ直ぐにシャーシに挿入します。ファン トレイの最上部に表示されているこの 側面の ラベルの正しい向きに注意してください。
  3. ファン トレイのフェースプレートのキャプティブ ねじを締め、シャーシで固定します。
図 2:ファン トレイの取り付け Installing the Fan Tray

フィルターをオンザボックスにSRX5600 サービスゲートウェイ

目的

最適な冷却を行う場合は、エア フィルターの状態を確認します。

アクション

  • エア フィルタを定期的に検査します。汚れたエア フィルタがユニット内の気流を制限し、シャーシの通気を妨させます。フィルターは時間のと一度に劣化します。使用しているフィルターおよびスペアを定期的に交換します。フィルターは半年ごとに交換することをお勧めします。使用しているフィルターを破棄し、クリーンアップして再利用しないでください。

    注:

    エア フィルターは、新しいハードウェア交換ジュニパーネットワークス計画ジュニパーネットワークスに置き換える必要はありません。交換用にエア フィルターを購入する必要があります。

    注意:

    サービス ゲートウェイが動作している間は、常にエア フィルタを常に配置します。ファンは非常に強力なので、フィルタリングされていない吸気口から小さなワイヤーなどの素材をサービス ゲートウェイに取り込むためです。これにより、サービス ゲートウェイ コンポーネントが損傷する可能性があります。

  • フィルタフィルタのシェルフ寿命は、ストレージの状態によって 2 年から 5 年に応じて異なります。冷却、乾燥、暗い場所に保管します。メディアをプラスチックで覆い、環境内で保管します。相対湿度は 40~80%、温度は 40°F(4°C)~32°C(90°F)です。材料が変更を行き来したり、こすりや変形を起こしたりすると、それが使えななくなった場合に注意してください。

エア フィルタのSRX5600 サービスゲートウェイ交換

エア フィルタを交換するには、次の手順を順序に従って実行します。

エア フィルタSRX5600 サービスゲートウェイ取り外す

注意:

エア フィルタを設定せずに、サービス ゲートウェイを数分以上実行し続けずにいます。

注意:

交換時を除き、デバイスが動作している間は、エア フィルタを常に配置します。ファンは非常に強力なので、フィルタリングされていない吸気口を通して、小さなワイヤーなどの材料をデバイスに取り込む可能性があります。これにより、サービス ゲートウェイ コンポーネントが損傷する可能性があります。

エア フィルタを取り外す方法(図 3 を参照):

  1. ESD(静電放電)接地ストラップを手首に着け、ストラップをシャーシの ESD ポイントと接続します。
  2. エア フィルター カバーのキャプティブ ねじをゆるめます。
  3. エア フィルター カバーを取り外します。
  4. エア フィルターをシャーシから引き出します。
図 3:エア フィルタの取り外し Removing the Air Filter

エア フィルタSRX5600 サービスゲートウェイ取り付け

エア フィルタを設置するには、次の手順に 合います(図 4 を参照)。

  1. ESD(静電放電)接地ストラップを手首に着け、ストラップをシャーシの ESD ポイントと接続します。
  2. 上方向を探し、エア フィルタが右側面上にあるか確認します。
  3. エア フィルタを停止するまで、真っ直ぐにシャーシに押し込みます。
  4. エア フィルター カバーのキャプティブ ねじをシャーシの取り付け穴と合わせて調整します。
  5. エア フィルター カバーのキャプティブ ねじを締めます。
図 4:エア フィルタの取り付け Installing the Air Filter