Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

SRX550 HM の開梱と取り付け

SRX550 ハイ メモリ サービス ゲートウェイの開梱

次のパーツとツールが用意されていることを確認します。

  • プラス(+)ねじ回し、番号 2

  • 1/2インチ(13mm)オープンエンドまたはソケットレンチを使用して、輸送用パレットからブラケットボルトを取り外します。

  • コンポーネントが占有していないスロットを覆うブランク パネル

SRX550ハイメモリサービスゲートウェイは、段ボール箱に入れ、発泡梱包材で保護されています。ダンボール箱にはアクセサリボックスとクイックスタートインストラクションも含まれています。

メモ:

サービスゲートウェイは段ボール箱の中で最大限に保護されています。インストールを開始するまで開梱しないでください。

SRX550 ハイ メモリ サービス ゲートウェイを開梱するには、次の手順にしたがってください。

  1. 可能な限り設置場所の近くのステージングエリアに段ボール箱を移動します。シャーシからコンポーネントを取り外すのに十分なスペースがあります。
  2. 矢印を上に向けて段ボール箱を配置します。
  3. ダンボール箱の上部を慎重に開けます。
  4. サービス ゲートウェイの上部を覆うフォームを取り外します。
  5. アクセサリ ボックスを取り外します。
  6. SRX550 ハイ メモリ サービス ゲートウェイで受け取ったパーツの検証のリストに対して受け取ったパーツを検証します
  7. ブラケットとボルトをアクセサリ ボックス内に保管します。
  8. 後でサービス ゲートウェイを移動または輸送する必要がある場合に備えて、輸送用ダンボール箱と梱包材を保管してください。

SRX550 ハイ メモリ サービス ゲートウェイで受け取ったパーツの検証

SRX550ハイメモリサービスゲートウェイの出荷パッケージには、梱包リストが含まれています。輸送中の部品を梱包リストの品目と照合します。梱包リストにはパーツ番号が指定され、注文の各パーツの簡単な説明が記載されています。

梱包リストに記載されていない部分がある場合は、カスタマーサービス担当者に連絡するか、米国またはカナダ内のジュニパーカスタマーケアに電話(1-888-314-5822)にご連絡ください。フリーダイヤルのない国における国際電話または直通ダイヤルのオプションについては、 https://www.juniper.net/support/requesting-support.html をご覧ください。

完全に構成されたサービス ゲートウェイには、 表 1 に示すコンポーネントが取り付けられているシャーシと、 表 2 に示すパーツを含むアクセサリ ボックスが含まれています。

メモ:

サービス ゲートウェイに同梱されているパーツは、注文した設定によって異なります。

表 1: SRX550 ハイ メモリ サービス ゲートウェイのパーツ一覧

コンポーネント

2U SRX550 ハイ メモリ サービス ゲートウェイ シャーシ。GPIM スロット x 6、Mini-PIM スロット x 2、ACE スロット x 1、電源スロット x 2、10/100/1000 ベース T ポート x 6、ギガビット イーサネット SFP ポート x 4。GPIM スロット用ブランク カバー(GPIM スロット用カバー 6 個)、Mini-PIM スロット、ACE スロット、電源スロットを含む。

メモ:

ACE スロットは使用されません。

1

CAT 5e ケーブル

1

タイプ A および Mini-B USB プラグ付き USB コンソール ケーブル

1

AC 電源コード

1

冗長化を実現するには、2 つの電源をサービス ゲートウェイに設置する必要があります。2 つ目の電源と追加の電源は別途注文可能で、電源コードは含まれません。追加の電源コードは別途注文する必要があります。

表 2:SRX550 ハイ メモリ サービス ゲートウェイのアクセサリ/アップグレード パーツ リスト

一部

製品登録

1

エンドユーザーライセンス契約

1

クイックスタートガイド

1

安全ガイド

1

保証カード

1

ラックマウント ブラケット

2

フラットヘッド取り付けねじ

8

DB9-to-RJ-45 ケーブル

1

ラックマウント用の SRX550 ハイ メモリ サービス ゲートウェイの準備

SRX550 ハイ メモリ サービス ゲートウェイは、4 ポスト(Telco)ラック、囲まれたキャビネット、オープンフレーム ラックにマウントできます。センターマウント ラックはサポートされていません。

SRX550 ハイ メモリ サービス ゲートウェイをラックに取り付ける前に、次の手順にしたがってください。

ラックへの SRX550 ハイ メモリ サービス ゲートウェイの取り付け

SRX550 ハイ メモリ サービス ゲートウェイをラックに前面に取り付けることができます。4 ポスト(Telco)ラック、囲まれたキャビネット、オープンフレーム ラックなど、多くのタイプのラックを使用できます。

メモ:

1 つのラックに複数のデバイスを取り付ける場合は、最初に最低のデバイスを取り付けて、ラック内を上に進みます。

サービス ゲートウェイをラックに取り付けるには、次の手順にしたがってください。

  1. シャーシの両側に取り付けブラケットを配置します。
  2. プラス(+)ねじ回し(番号 2)を使用して、取り付けブラケットをシャーシに固定するねじを取り付けます。 図 1 に示すように前面の取り付け位置、または 図 2 に示すように中央の取り付け位置のいずれかを使用します。
    図 1:ラック マウント ブラケットの取り付け(前面の取り付け位置) Installing the Rack Mount Brackets (Front Mount Position)
    図 2:ラック マウント ブラケットの取り付け(中央の取り付け位置) Installing the Rack Mount Brackets (Center Mount Position)
  3. 1 人でサービス ゲートウェイの側面をつかんで持ち上げ、ラックに配置します。
  4. 各取り付けブラケットの下の穴と各ラック レールの穴を合わせ、シャーシのレベルを確認します。
  5. 2 つ目の担当者が 2 つの穴のそれぞれに取り付けねじを取り付けます。プラス(+)ねじ回し、2番を使用してねじを締めます。
  6. 2 番目のねじを各取り付けブラケットに取り付けます。
    図 3:サービス ゲートウェイをラックに取り付ける(正面マウント図、センター マウント類似) Installing the Services Gateway in the Rack (Front Mount Shown, Center Mount Similar)
  7. ラックの片側の取り付けねじが反対側の取り付けねじと一致していること、およびサービス ゲートウェイがレベルであることを確認します。