Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

SRX345 サイトのガイドラインと要件

SRX345 の設置に関する全般的なサービスゲートウェイ

次の対策は、SRX345 のサポートに対応できる動作環境を計画し、サービスゲートウェイ環境による機器の障害を回避するのに役立ちます。

  • 冷却システムを適切に機能するには、シャーシの周囲の気流を制限しない必要があります。シャーシの前面と背面と隣接機器の間に十分なすきまを確保します。設置場所に十分な変更があることを確認します。

  • ESD の手順に従って、損傷した機器を回避します。静的放電により、コンポーネントが完全または断続的に故障する可能性があります。詳細については、「 静電放電 による損傷の防止 」を参照してください

  • 内部コンポーネントへの空気の流れの中断や減少を防ぐために、ブランクの Mini-PIM パネルが空のスロットに取り付けされていることを確認します。

SRX345 サービスゲートウェイ環境仕様

表 1 は 、SRX345 の通常の運用に必要な環境サービスゲートウェイ示しています。

表 1:SRX345サービス向け環境サービスゲートウェイ

説明

標高

3048 m(10,000 フィート)までパフォーマンスの低下なし

相対湿度

5~95%、非コンデンス

温度

  • 動作温度:0°C(32°F)~40°C(104°F)

  • 非動作時温度-20°C(4°F)~70°C(158°F)

平均消費電力量

122 W

平均発熱量

420 BTU/時

騒音値

36.9 dBA

SRX345 のサービスゲートウェイの配線に関するガイドライン

表 2 に 、取り付け場所のサービス ゲートウェイの電気配線を計画する際に考慮すべき要素を示します。

注意:

接地とシールドを適切に行い、電気サージ抑制デバイスを使用することが特に重要です。

の取り付け場所の電気配線に関するサービスゲートウェイ
表 2:SRX345

取り付け場所の配線ファクタ

ガイドライン

シグナリングの制限

シグナリングが最適に機能を提供するには、以下の方法が必要です。

  • 適切に配線を行います。

    配線が不適切な場合、無線干渉が発生する可能性があります。

  • 推奨される距離を超え、建物間に配線を渡したりしない。

    配線を建物間で渡す場合に推奨距離を超えると、雷による損傷を受ける可能性が高になります。

  • すべてのコンダクターをシールドします。

    雷によって発生した EMP(電磁パルス)が非シールド コンダクターを損傷し、電子機器を破壊する可能性があります。

RFI(無線周波妨害)

取り付け場所の配線による RFI の排出を低減または解消するには、次の方法に当たっています。

  • ツイストペア ケーブルを使用し、接地線を良好に分散します。

  • 推奨距離を超える必要がある場合は、可能な場合、データ信号ごとに接地線 1 本と高品質のツイストペア ケーブルを使用します。

電磁気適合性試験(EMC)

接地とシールドを適切に行い、電気サージ抑制デバイスを使用します。

強い EMI(電磁妨害)源により、次のような損傷の原因となる可能性があります。

  • デバイスの信号ドライバーとレシーバーを破壊する

  • 回線を過ぎた機器への電力サージが発生し、電気的な危険が発生する

注:

取り付け場所に EMC の問題に影響を受けやすい場合、特に雷や無線トランスミッタから影響を受けやすい場合、専門家に助言を求めることをお考えください。

注意:

ビル内雷/サージの要件に準拠するには、ビル内配線をシールドする必要があります。配線のシールドは、両端で接地する必要があります。

SRX345 サービスゲートウェイ仕様

表 3 は、 サービス ゲートウェイの物理仕様を示しています。

表 3:SRX345製品の物理サービスゲートウェイ

シャーシの物理仕様

AC 電源 1 台

デュアル AC 電源搭載

DC 電源 1 台を使用

深さ

37.01 cm(14.57 cm)

47.50 cm(18.70 cm)

37.01 cm(14.57 cm)

44.09 cm(17.36 cm)

44.09 cm(17.36 cm)

44.09 cm(17.36 cm)

高さ

4.37 cm(1.72 cm)

4.37 cm(1.72 cm)

4.37 cm(1.72 cm)

重量

4.90 kg(10.80 ポンド)

6.50 kg(14.34 ポンド)

5 kg(11.02 ポンド)

気流の確保とハードウェアサービスゲートウェイのための SRX345 のすきま要件

SRX345 の設置場所のプランニングを行うサービスゲートウェイ、デバイスの周囲に十分なすきまを確保する必要があります。以下を考慮してください。

  • サービス ゲートウェイの動作温度を最適に設定するには、シャーシの周囲の気流を制限しない必要があります。ファン トレイには 4 個のファンが含まれているので、フロントアンドバックのシャーシ冷却を行います。

  • サービス担当者がハードウェア コンポーネントを取り外して設置するには、デバイスの前面と背面に十分なスペースが必要です。デバイスの前面と背後の両方で 61 cm(24 イン)以上にします。

  • デバイスを他の機器と一緒にラックに取り付ける場合、または他の機器の近くのデスクトップに置く場合、他の機器の排気がシャーシの吸気口に流れ込ばないか確認します。

SRX345 シャーシ内の気流についてサービスゲートウェイは、 SRX345 冷却システム を参照してください

ラックの要件

サービス ゲートウェイをラックに設置する場合、Electronic Industries Alliance(http://www.ecaus.org/eia/site/index.html)が発行したキャビネット、ラック、パネル、関連機器(ドキュメント番号 EIA-310-D)に定義されている 1U(19 in.48.7 cm)のラックにラックが準拠していることを確認する必要があります。

ラックを選択する場合、ラックの物理的特性が次の仕様に準拠している必要があります。

  • 取り付けブラケットの外端を、いずれかのシャーシの幅を 48.3 cm(19 cm)まで伸ばします。

  • シャーシの前面は、取り付けイヤーを越えて約 1.27 cm(0.5 イン)広がっています。

  • 2 台のデバイスを 19 in のラックに並べて配置した場合、許容される最大周囲温度。40°C です。

取り付けブラケットとラックとデバイスの取り付けブラケットの大き穴の間隔は次のとおりです。

  • 各ラック セット内の穴の空きは 1 U(4.5 cm または 1.75 cm)です。

  • 取り付けブラケットと前面取り付けは、シャーシをラックに取り付ける場合に使用する大きにもなって、1 U(1.75 in.)のラック距離で間隔を空けた穴に固定するように設計されています。

  • デバイスに用意された取り付けブラケットの取り付け穴は、3.2 cm(1.25 cm)離れています(上と下の取り付け穴)。

サービス ゲートウェイを建物の構造に設置するラックは、常に固定します。地域で地震が発生する場合は、ラックをフロアに固定します。最大限の安定性を得る場合は、ラックを天井ブラケットに固定します。

キャビネット要件

Electronic IndustriesAlliance(http://www.ecaus.org/eia/site/index.html)が発行したキャビネット、ラック、パネル、関連機器(ドキュメント番号 EIA-310-D)に定義された 48.7 cm(19 in. のキャビネット)にサービス ゲートウェイを設置できます。適切なラック アダプターを使用して、サービス ゲートウェイをキャビネット内に水平に取り付けます。

キャビネットを選択する際には、次の仕様を満たしてください。

  • キャビネットは 8.89 cm(3.50 cm)以上で、サービス ゲートウェイを収容できます。

  • 取り付けブラケットの外端は、いずれかのシャーシの幅を 48.7 cm(19 in)まで伸ばし、シャーシの前面は取り付けブラケットを越えて約 1.27 cm(0.5 cm)拡張されます。

  • キャビネット内部の最小総すきまは、前面ドアの内側と背面ドアの内側との間で 78 cm(30.7 イン)です。

注:

最低限必要量を超えるキャビネットでは、気流が良く、過熱の確率が低下します。

サービス ゲートウェイをキャビネットに設置する場合、過熱を防止するために、キャビネットを通る換気が十分な状態で行う必要があります。シャーシの冷却を計画する際には、以下の点を考慮してください。

  • キャビネットから提供された冷却空気が、サービス ゲートウェイの熱出力を適切に切り離し、十分に取り出し得る必要があります。

  • ケーブル管理システムが前面ドアの内側をクリアするために、サービス ゲートウェイをキャビネットのできる限り近くに設置します。キャビネット前面の近くにシャーシを取り付け、キャビネットの背面のすきまを最大限に活用して、重大な気流を確保します。

  • すべてのケーブルをルーティングして、シャーシ間の気流の影響を最小限に抑える。