Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

QFX5240管理ケーブルの仕様とピン割り当て

QFX シリーズのコンソールおよび管理接続のケーブル仕様

表 1 に、QFX シリーズ スイッチを管理デバイスに接続するケーブルの仕様を示します。

メモ:

QFXシリーズは、1000BASE-SXトランシーバをサポートするスモールフォームファクタープラガブル(SFP)管理ポートを使用して設定できます。QFX5130スイッチはRJ-45管理ポートを備え、10Gbpsの速度をサポートします。これらのトランシーバで使用するために必要な光ファイバケーブルの詳細については、 ハードウェア互換性ツール を参照してください。

表1:QFXシリーズのコンソールおよび管理接続のケーブル仕様

QFX シリーズ デバイスのポート

ケーブル仕様

最大長

デバイスレセプタクル

コンソールポート

RS-232(EIA-232)シリアルケーブル

2.13 メートル(7 フィート)

RJ-45

管理ポート

1000BASE-T動作に適したカテゴリ5ケーブルまたは同等のケーブル

100 m(328 フィート)

RJ-45

メモ:
デバイス パッケージの一部として、DB-9 アダプターに RJ-45 コンソール ケーブルを含めることはなくなりました。コンソール ケーブルとアダプターがデバイス パッケージに含まれていない場合、または別の種類のアダプターが必要な場合は、次のものを別途注文できます。
  • RJ-45 - DB-9 アダプタ(JNP-CBL-RJ45-DB9)
  • RJ-45 ー USB-A アダプター(JNP-CBL-RJ45-USBA)
  • RJ-45 - USB-C アダプタ(JNP-CBL-RJ45-USBC)

RJ-45 to USB-A または RJ-45 to USB-C アダプターを使用する場合は、PC に X64 (64 ビット) 仮想 COM ポート (VCP) ドライバーがインストールされている必要があります。ドライバをダウンロードするには、 https://ftdichip.com/drivers/vcp-drivers/ を参照してください。

RJ-45管理ポートコネクタのピン割り当て情報

表 2 に、ジュニパーネットワークスデバイスの管理ポート用 RJ-45 コネクタのピン割り当て情報を示します。

表2:RJ-45管理ポートコネクタのピン割り当て情報

ピン

信号

説明

1

TRP1+

送信/受信データペア 1

2

TRP1-

送信/受信データペア 1

3

TRP2+

送信/受信データペア2

4

TRP3+

送信/受信データペア 3

5

TRP3-

送信/受信データペア 3

6

TRP2-

送信/受信データペア2

7

TRP4+

送信/受信データペア 4

8

TRP4-

送信/受信データペア 4

QFX シリーズのコンソール ポート コネクタのピン割り当て

コンソール ポート ( CON または CONSOLE とラベル付け されています) は、RJ-45 コネクタを使用してコンソール管理デバイスに接続する RS-232 シリアル インターフェイスです。コンソール ポートのデフォルトのボー レートは 9600 ボーです。RJ45からUSB 2.0へのタイプAケーブルとRJ45からUSB 2.0タイプCケーブルを使用することもできます。

表 3 に、RJ-45 コンソール コネクタのピン配置を示します。

メモ:

ラップトップまたはPCにDB-9プラグコネクタピンがなく、ラップトップまたはPCをQFXシリーズデバイスに直接接続する場合は、RJ-45-DB-9アダプターとUSB-DB-9プラグアダプターを組み合わせて使用します。USB to DB-9 プラグ アダプターを用意する必要があります。

表 3: QFX シリーズのコンソール ポート コネクタのピン割り当て

ピン

信号

説明

3

TxD出力

データの送信

4

信号グランド

信号グランド

5

信号グランド

信号グランド

6

RxD入力

データの受信

7

DCD入力 データキャリア検出

QSFP-DDポートコネクタのピン割り当て情報

表 4 に、クワッド スモール フォーム ファクター プラガブル ダブル密度(QSFP-DD)ポート コネクターのピン配置マッピングを示します。

表 4: QSFP-DD ネットワーク ポートのピン割り当てマッピング

ピン

シンボル

説明

1

Gnd

地面

2

TX2n

トランスミッタ反転データ入力

3

TX2p

トランスミッタ非反転データ入力

4

Gnd

地面

5

TX4n

トランスミッタ反転データ入力

6

TX4p

トランスミッタ非反転データ入力

7

Gnd

地面

8

モッドセル

モジュール選択

9

リセットL

モジュールのリセット

10

VCC RX

+3.3V電源レシーバ

11

Scl

2線式シリアル・インターフェース・クロック

12

Sda

2線式シリアル・インターフェース・データ

13

Gnd

地面

14

RX3p

レシーバー非反転データ出力

15

RX3n

レシーバ反転データ出力

16

Gnd

地面

17

RX1p

レシーバー非反転データ出力

18

RX1n

レシーバ反転データ出力

19

Gnd

地面

20

Gnd

地面

21

RX2n

レシーバ反転データ出力

22

RX2p

レシーバー非反転データ出力

23

Gnd

地面

24

RX4n

レシーバ反転データ出力

25

RX4p

レシーバー非反転データ出力

26

Gnd

地面

27

ModPrsL

モジュールの存在

28

国際 空港

割り込み

29

VCC TX

+3.3V電源トランスミッタ

30

VCC1

+3/3V電源

31

LPコード:

低電力モード

32

Gnd

地面

33

TX3p

トランスミッタ非反転データ入力

34

TX3n

トランスミッタ反転データ入力

35

Gnd

地面

36

TX1p

トランスミッタ非反転データ入力

37

TX1n

トランスミッタ反転データ入力

38

Gnd

地面

39

Gnd

地面

40

TX6n

トランスミッタ反転データ入力

41

TX6p

トランスミッタ非反転データ入力

42

Gnd

地面

43

TX8n

トランスミッタ反転データ入力

44

TX8p

トランスミッタ非反転データ入力

45

Gnd

地面

46

未定

未使用

47

未定

未使用

48

Vcc

+3.3V電源

49

未定

予約

50

未定

予約

51

Gnd

地面

52

RX7p

レシーバー非反転データ出力

53

RX7n

レシーバ反転データ出力

54

Gnd

地面

55

RX5p

レシーバー非反転データ出力

56

RX5n

レシーバ反転データ出力

57

Gnd

地面

58

Gnd

地面

59

RX6n

レシーバ反転データ出力

60

RX6p

レシーバー非反転データ出力

61

Gnd

地面

62

RX8n

レシーバ反転データ出力

63

RX8p

レシーバー非反転データ出力

64

Gnd

地面

65

Nc

接続なし

66

未定

予約

67

Vcc

+3.3V電源

68

Vcc

+3.3V電源

69

未定

予約

70

Gnd

地面

71

TX7p

トランスミッタ非反転データ入力

72

TX7n

トランスミッタ反転データ入力

73

Gnd

地面

74

TX5p

トランスミッタ非反転データ入力

75

TX5n

トランスミッタ反転データ入力

76

Gnd

地面

QSFP+、QSFP28、QSFP56 ポート コネクタのピン割り当て情報

表 5 に、クワッド スモール フォーム ファクター プラガブル(QSFP)コネクター、QSFP+、QSFP28、QSFP56 のピン配置マッピングを示します。

表 5: QSFP+、QSFP28、QSFP56 ポート コネクタのピン配置マップ

ピン

シンボル

説明

1

Gnd

地面

2

TX2n

トランスミッタ反転データ入力

3

TX2p

トランスミッタ非反転データ入力

4

Gnd

地面

5

TX4n

トランスミッタ反転データ入力

6

TX4p

トランスミッタ非反転データ入力

7

Gnd

地面

8

モッドセル

モジュール選択

9

LPMode_Reset

低電力モード・リセット

10

VccRx

+3.3V電源レシーバ

11

Scl

2線式シリアル・インターフェース・クロック

12

Sda

2線式シリアル・インターフェース・データ

13

Gnd

地面

14

RX3p

レシーバー非反転データ出力

15

RX3n

レシーバ反転データ出力

16

Gnd

地面

17

RX1p

レシーバー非反転データ出力

18

RX1n

レシーバ反転データ出力

19

Gnd

地面

20

Gnd

地面

21

RX2n

レシーバ反転データ出力

22

RX2p

レシーバー非反転データ出力

23

Gnd

地面

24

RX4n

レシーバ反転データ出力

25

RX4p

レシーバー非反転データ出力

26

Gnd

地面

27

ModPrsL

モジュールの存在

28

国際 空港

割り込み

29

VccTx

+3.3V電源トランスミッタ

30

VCC1

+3/3V電源

31

未定

予約

32

Gnd

地面

33

TX3p

トランスミッタ非反転データ入力

34

TX3n

トランスミッタ反転データ入力

35

Gnd

地面

36

TX1p

トランスミッタ非反転データ入力

37

TX1n

トランスミッタ反転データ入力

38

Gnd

地面

SFP、SFP+、および SFP28 ポート コネクタのピン割り当て情報

表 6 に、スモール フォーム ファクター プラガブル(SFP)コネクタ、SFP+ コネクタ、SFP28 コネクタのピン配置マッピングを示します。

表 6: SFP、SFP+、および SFP28 ポート コネクタのピン配置マッピング

ピン

シンボル

説明

1

VeeT

トランスミッタグランド

2

TX_Fault

トランスミッタ障害表示

3

TX_Disable

光出力が高い場合、無効

4

Sda

2線式シリアル・インターフェース・データ(MOD-DEF2)

5

Sca

2線式シリアル・インターフェース・データ(MOD-DEF1)

6

MOD_ABS

モジュールがありません

7

RS0

レシーバーレート選択

8

RX_LOS

受信機の信号損失表示

9

RS1

送信機レート選択

10

ビアー

レシーバーアース

11

ビアー

レシーバーアース

12

路-

レシーバー反転データ出力

13

RD+

レシーバー非反転データ出力

14

ビアー

レシーバーアース

15

VccR

受信機電源

16

VccT

トランスミッタ電源

17

VeeT

トランスミッタグランド

18

TD+

トランスミッタ非反転データ入力

19

Td-

トランスミッタ反転データ入力

20

VeeT

トランスミッタグランド

QFXシリーズのUSBポート仕様

次のジュニパーネットワークスのUSBフラッシュドライブは、テスト済みであり、QFXシリーズのUSBポートで正式にサポートされています。

  • RE-USB-1G-S - 1 ギガバイト(GB)の USB フラッシュ ドライブ(QFX3100 Directorデバイスを除く)

  • RE-USB-2G-S—2 GB USBフラッシュドライブ(QFX3100ディレクターデバイスを除く)

  • RE-USB-4G-S—4 GB USB フラッシュ ドライブ

注意:

ジュニパーネットワークスは、QFX シリーズでサポートされていない USB メモリ製品の試験は実施していません。サポートされていないUSBメモリ製品を使用すると、デバイスが予期しない動作にさらされる可能性があります。JTAC(ジュニパーネットワークス技術支援センター)は、サポートされていないハードウェアに関連する問題については限られたサポートしか提供できません。サポートされているUSBフラッシュ ドライブのみ使用することを強くお勧めします。

注意:

Junos OSをアップグレードする前、またはQFXシリーズ デバイスを再起動する前に、USBフラッシュ ドライブを取り外してください。そうしないと、デバイスが予期しない動作にさらされる可能性があります。

メモ:

QFX3500デバイスでCLIコマンドを実行するには request system snapshot 、4GB以上の空き容量のある外付けUSBフラッシュドライブが必要です。RE-USB-4G-Sフラッシュドライブの使用をお勧めします。

メモ:

QFX シリーズ デバイスで使用される USB フラッシュ ドライブは、USB 2.0 以降をサポートしている必要があります。