Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

PTX10016 電源システム

PTX10016ルーターは、次の電源を提供することで、AC、DC、高電圧交流電流(HVAC)、高電圧直流(HVDC)をサポートしています。

  • JNP10K-PWR-AC

  • JNP10K-PWR-AC2

  • JNP10K-PWR-DC

  • JNP10K-PWR-DC2

シャーシ背面にある PEM 0~PEM 9(上から下)のラベルが付いたスロットには、最大 10 個の電源を設置できます。

JNP10K-PWR-AC2 および JNP10K-PWR-DC2 電源は、電力を共有します。JNP10K-PWR-AC と JNP10K-PWR-DC 電源は、電力を共有しません。

JNP10K-PWR-AC 電源

JNP10K-PWR-AC 電源は 2700 W で、200~240 VAC をサポートします。出力電力は2700 Wです。

注意:

同じシャーシ内で AC 電源と DC 電源を混在させないでください。ACとHVACは、HVAC向けACホットスワップ中に、同じシャーシ内に共存できます。実行中の環境では、AC電源とHVAC電源を混在させないでください。

警告:

ルーターはプラグ着脱可能なタイプ A 機器で、アクセス制限エリアに設置されています。シャーシには独立した保護接地端子があり、シャーシを十分に接地し、オペレータを電気的な危険から保護するために、永続的にアースに接続する必要があります。

注意:

ルーターの設置を開始する前に、資格を持つ電気技師が、指定した接地ケーブルに適切な接地ラグを接続していることを確認します。接地ケーブルをラグと正しく接続しないと、ルーターが損傷する可能性があります。

注意:

AC 電源ケーブルをファン トレイと電源装置から常に離してルーティングすることで、AC 電源ケーブルが熱気排気にさらされるのを防ぐことができます。

標準として供給される電源の数は、構成モデルによって異なります。さまざまなルーター設定の詳細については、 PTX10016のコンポーネントと設定を参照してください。

各 JNP10K-PWR-AC 電源には、フェースプレートに 2 つの独立した 16-A 定格 AC インレットがあります。各入口は完全な出力を提供するのに十分な入力電力を提供するが、冗長性を提供するために常に専用のAC電源供給に入口を接続する。一度に動作する電源フィードは 1 つだけです。JNP10K-PWR-AC は電力を共有しません。すべての電力が INP1(低レセプタクル)に入り、電源装置はフェイルオーバー時にのみ INP2(上部レセプタクル)を使用します。

メモ:

冗長性を確保するために、必ず各電源から 2 つの電源コードを接続します。

  • 公共の電力供給に対する INP1 の取り組み

  • INP2 を代替電源または独立電源に変換

各 JNP10K-PWR-AC 電源には、電源の状態を示すオン(|)およびオフ(O)、ファン、および 4 つの LED の国際マーキングが付いた電源スイッチがあります。また、ソースフィード、 INP1、INP2 を有効にするデュアルインラインパッケージ(DIP)スイッチのセットも 備えています図 1 を参照してください。

図 1:JNP10K-PWR-AC 電源 JNP10K-PWR-AC Power Supply

各 JNP10K-PWR-AC 電源には、電源コードを固定する 2 つの電源コード リテーナが付属しています。 図 2 を参照してください。各電源コードリテーナには、クリップと調整ナットがあります。フェースプレート上の AC アプライアンス インレットの各側面にあるブラケット穴にクリップフックの端部を挿入します。調整ナットは電源コードを正しい位置に固定します。電源コード リテーナの取り付け方法については、 AC 電源を PTX10016 ルーターに接続するを参照してください。

メモ:

すべての AC 電源コードをファン トレイから離してルーティングします。電源コードがファン トレイを妨げないことを確認します。

図 2:JNP10K-PWR-AC 電源 Power Cord Retainer for a JNP10K-PWR-AC Power Supplyの電源コード リテーナ

各電源装置は、ルーターのパワー レールに接続されます。電源レールは、電源装置によって生成された出力電源を異なるルーター コンポーネントに分配します。各電源装置は、ルーター内のすべてのコンポーネントに電力を供給します。

各電源には独自のファンがあり、内部冷却システムによって冷却されます。熱気はシャーシ背面から排出されます。

JNP10K-PWR-AC2 電源

JNP10K-PWR-AC2電源は、20-Aまたは30-AモードのいずれかでAC、高電圧AC(HVAC)、または高電圧DC(HVDC)システムをサポートするように設計された大容量モデルです。電源装置は AC 入力をフィードし、DC 出力は 5000 W に、1 つのフィードで、5500 W はデュアル フィードで提供されます。AC システムの場合、動作入力電圧は 180~305 VAC、DC システムの場合、動作入力電圧は 190~410 VDC です。

電源フィードの数と、電源装置が高出力(30-A)または低出力(20-A)電力を提供するかどうかは、電源装置のフェースプレート上の DIP(デュアル インライン パッケージ)スイッチを使用して構成されます。シャーシ内の 1 台の電源を低電力に設定すると、DIP スイッチの設定や出力結果が CLI に関係なく、シャーシのパワー バジェットが低電力に削減されます。この設計では、20 A しか供給できない施設で電源装置を誤って 30 A に設定したり、施設のサーキット ブレーカーをつまずく場合に対して保護します。システムで DIP スイッチの設定を組み合わせないようにすることをお勧めします。DIPスイッチ使用時の入力電圧と出力電圧については、 表1 を参照してください。

JNP10K-PWR-AC2 は標準の電源ベイに収まりますが、JNP10K-PWR-AC と比較すると、JNP10K-PWR-AC2 は長くなり、シャーシに完全に挿入するとベイから突出しています。電源装置長の違いについては 、図 3 を参照してください。

図 3:JNP10K-PWR-AC2 と JNP10K-PWR-AC 電源 Comparison Between the JNP10K-PWR-AC2 and the JNP10K-PWR-AC Power Suppliesの比較

PTX10016 ルーターで動作するすべての電源モデルには、シャーシの冷却に貢献する内部ファンが搭載されています。ただし、JNP10K-PWR-AC2 および JNP10K-PWR-DC2 電源は、JNP10K-PWR-AC および JNP10K-PWR-DC モデルよりもシャーシの冷却においてより重要な役割を果たします。このため、6 個の JNP10K-PWR-AC2 または JNP10K-PWR-DC2 電源はすべて、適切な気流を確保するために実行中のシャーシに存在している必要があります。

警告:

極端なやけどの危険性:溶接機の手袋などの熱保護手袋を使用せずに、シャーシ内で動作する HVAC または HVDC 電源を扱っないでください。JNP10K-PWR-AC2 は、動作条件下で 70~80°C(158°F~176°F)の温度に到達できます。

警告:

ルーターはプラグ着脱可能なタイプ A 機器で、アクセス制限エリアに設置されています。シャーシには独立した保護接地端子があり、シャーシを十分に接地し、オペレータを電気的な危険から保護するために、永続的にアースに接続する必要があります。

注意:

ルーターの設置を開始する前に、資格を持つ電気技師が、指定した接地ケーブルに適切な接地ラグを接続していることを確認します。接地ケーブルをラグと正しく接続しないと、ルーターが損傷する可能性があります。

注意:

建物の設置およびシステムで定格25 Aの2極サーキットブレーカーを使用するか、または地域の電気コードに従って使用してください。

表 1:JNP10K-PWR-AC2 電源の入力および出力電圧

IP 1

IP 2

H/L(高入力 30 A/低入力 20 A)

出力電力

オン(30 A)

5500 W

オフ(20 A)

3000 W

オフ

オン(30 A)

5000 W

オフ

オン(30 A)

5000 W

オフ

オフ(20 A)

2700 W

オフ

オフ(20 A)

2700 W

  • Ip1
    • Junos OS Evolved リリース 20.4R2 以降の CLI 出力の INP1
    • リリース 20.4R2 より前のリリースの CLI 出力の INP0 Junos OS Evolved
  • IP2
    • Junos OS Evolved リリース 20.4R2 以降の CLI 出力の INP2
    • リリース 20.4R2 より前のリリースの CLI 出力内の INP1 Junos OS Evolved
注意:

JNP10K-PWR-AC2 電源の両方の入力フィードを AC メインに接続してから、システムに電力を供給することが重要です。

JNP10K-PWR-DC 電源

DC 電源の JNP10K-PWR-DC は、2500 W のデュアル入力電源です。出力電力は2500 Wです。

警告:

ルーターはプラグ着脱可能なタイプ A 機器で、アクセス制限エリアに設置されています。シャーシには独立した保護接地端子があり、シャーシを十分に接地し、オペレータを電気的な危険から保護するために、永続的にアースに接続する必要があります。

注意:

ルーターの設置を開始する前に、資格を持つ電気技師が、指定した接地ケーブルに適切な接地ラグを接続していることを確認します。接地ケーブルをラグと正しく接続しないと、ルーターが損傷する可能性があります。

メモ:

DC 電源は、PTX10016 ルーターの冗長構成でのみ出荷されます。さまざまなシャーシ構成の詳細については、 PTX10016 のコンポーネントと構成を参照してください。

各 JNP10K-PWR-DC 電源は、電源のフェースプレートに 2 つの独立したペアの DC 入力ラグ(入力 1、RTN、–48V/-60V入力 2、RTN、–48V/-60V)を備えています。各インレットには、専用のDC電源フィードが必要です。各インレットは完全な出力を提供するのに十分な入力電力を提供しますが、冗長化を実現するには、必ず電源装置を専用の DC 電源フィードに接続します。一度に動作する電源フィードは 1 つだけです。

DC 電源モデルでは、電子 A-B 入力の選択が採用されています。1 つの電源に障害が発生した場合、電子 A-B 入力選択は電源装置を代替ソースにルーティングします。この電源装置は、ソース入力 A とソース入力 B の間で電力のバランスを取ります。デフォルトでは、各入力のバランスを 50% にします。

各 JNP10K-PWR-DC 電源には、オン(|)およびオフ(O)の国際的なマーキングが付いた電源スイッチ、内蔵ファン、およびフェースプレートに電源装置のステータスを示す LED が 4 個あります。 図 4 を参照してください。

図 4:JNP10K-PWR-DC 電源 JNP10K-PWR-DC Power Supply
メモ:

JNP10K-PWR-DC 電源には、入力 DC フィードごとに専用のサーキット ブレーカーが必要です。選択したブレーカーは、60 A の入力電流を供給するためにサイズを決める必要があります。

各電源装置は、PTX10016 ルーターの複合電源レールに接続されます。電源レールは、電源装置によって生成された出力電源を異なるルーター コンポーネントに分配します。各 DC 電源は、ルーター内のすべてのコンポーネントに電力を供給します。

メモ:

すべての DC 電源コードをファン トレイから離してルーティングします。電源コードがファン トレイを妨げないことを確認します。

JNP10K-PWR-DC 電源は、1 つの入力 DC フィードのみを接続して動作できます。

各 JNP10K-PWR-DC 電源には独自のファンがあり、独自の内部冷却システムによって冷却されます。気流は電源の前面から背面までです。熱気はシャーシ背面から排出されます。

JNP10K-PWR-DC2 電源

JNP10K-PWR-DC2 電源は、4 つの冗長入力電源フィードを使用して 60 A または 80 A のいずれかを受け入れる単一筐体に 2 個の電源を備えています。2 つの内部電源(PS_0とPS_1)には、それぞれが冗長な入力フィードを持っています。すなわち、PS0 の場合は A0 と B0、PS1 の場合は A1、B1 は冗長です。両方の内部電源の出力電力を組み合わせて設定する電源フェースプレートに 3 つの DIP スイッチセットを使用して入力を設定します。出力は、これらの DIP スイッチの設定によって異なります。 表 2 および 図 5 を参照してください。

表 2:JNP10K-PWR-DC2 電源の電源入力と出力電圧

PS0(A0 または B0)

PS1(A1 または B1)

H/L (高入力 80 A/低入力 60 A)

出力電力

オン(80 A)

5500 W

オフ(60 A)

4400 W

オフ

オン(80 A)

2750 W

オフ

オン(80 A)

2750 W

オフ

オフ(60 A)

2200 W

オフ

オフ(60 A)

2200 W

図 5:JNP10K-PWR-DC2 電源 JNP10K-PWR-DC2 Power Supply

電源のプリチャージ回路前のフロントエンドEMIコンデンサの入力静電容量は12.2uFです。充電前回路の後に15,000uFのバルクコンデンサがあります。

JNP10K-PWR-DC2 は標準の電源ベイに収まりますが、JNP10K-PWR-DC と比較すると、JNP10K-PWR-DC2 は長く、シャーシに完全に挿入するとベイから突出しています。電源装置長の違いについては 、図 6 を参照してください。

図 6:JNP10K-PWR-DC2 と JNP10K-PWR-DC 電源 Comparison Between the JNP10K-PWR-DC2 and JNP10K-PWR-DC Power Suppliesの比較

PTX10016 ルーターで動作するすべての電源モデルには、シャーシの冷却に貢献する内部ファンが搭載されています。ただし、JNP10K-PWR-AC2 および JNP10K-PWR-DC2 電源は、JNP10K-PWR-AC および JNP10K-PWR-DC モデルよりもシャーシの冷却においてより重要な役割を果たします。このため、6 台の JNP10K-PWR-AC2 または JNP10K-PWR-DC2 電源はすべて、適切な気流を確保するために、実行中のシャーシに存在している必要があります。

メモ:

JNP10K-PWR-DC2 電源は、電源装置への導入温度が 60°C 以上の場合、5500 W の電力をサポートしていません。シャーシがフル装備され、JNP10K-PWR-DC2 電源で動作している場合、いずれかの電源装置が動作していない場合、シャーシ内のすべてのコンポーネントに電力を供給するのに十分な電力がない可能性があります。

注意:

実行中の環境で、同じシャーシ内で電源モデルを混在しないでください。JNP10K-PWR-DC と JNP10K-PWR-DC2 は、電源アップグレード中に同じシャーシ内で共存できます。実行中の環境で DC 電源と HVDC 電源を混在させないでください。

警告:

ルーターはプラグ着脱可能なタイプ A 機器で、アクセス制限エリアに設置されています。シャーシには独立した保護接地端子があり、シャーシを十分に接地し、オペレータを電気的な危険から保護するために、永続的にアースに接続する必要があります。

注意:

ルーターの設置を開始する前に、資格を持つ電気技師が、指定した接地ケーブルに適切な接地ラグを接続していることを確認します。接地ケーブルをラグと正しく接続しないと、ルーターが損傷する可能性があります。

JNP10K-PWR-AC 電源 LED

JNP10K-PWR-AC 電源のフェースプレートには、INP1、INP2PWR OKFAULT の 4 つの LED があります。 これらの LED には、電源の状態に関する情報が表示されます。図 7 を参照してください。

図 7:JNP10K-PWR-AC 電源 LEDs on the JNP10K-PWR-AC Power Supplyの LED
1
障害 LED
3
INP2 LED
2
PWR OK LED
4
INP1 LED

表 3 は、JNP10K-PWR-AC 電源の LED を示しています。

表 3:JNP10K-PWR-AC 電源の LED

Led

状態

説明

  • INP1
    • Junos OS Evolved リリース 20.4R2 以降の CLI 出力の INP1。

    • リリース 20.4R2 より前 Junos OS Evolvedのリリースの CLI 出力の INP0。

  • INP2
    • Junos OS Evolved リリース 20.4R2 以降の CLI 出力の INP2

    • リリース 20.4R2 より前のリリースの CLI 出力内の INP1 Junos OS Evolved

固体

電源装置が正常に機能している。

黄色

点滅

電源装置が電源入力障害を検出しました。

なし

消灯

電源装置のスイッチが切り替わります。

PWR OK

固体

電源装置が正常に機能している。

黄色

点滅

電源装置が電力出力障害を検出しました。

障害

なし

消灯

電源装置が正常に機能している。

固体

電源装置に障害が発生しており、交換が必要です。または、入力が 1 つだけで、電源が供給されていない入力の有効なルーターが ON に設定されています。イネーブル スイッチの詳細については、 JNP10K-PWR-AC 電源の取り付 けを参照してください。

メモ:

INP1 または INP2 LED と PWR OK LED が消灯している場合、AC 電源ケーブルが正しく取り付けられていないか、電源装置に障害が発生しています。

INP1 または INP2 LED が点灯し、PWR OK LED が消灯すると、AC 電源が正しく取り付けられていないか、電源装置に内部障害が発生しています。

JNP10K-PWR-AC2 電源 LED

JNP10K-PWR-AC2 電源には、フェースプレートに 4 個の LED があります。 !OK21 です。これらの LED には、電源の状態に関する情報が表示されます。 図 8 を参照してください。

図 8:JNP10K-PWR-AC2 電源 LEDs on the JNP10K-PWR-AC2 Power Supplyの LED
1
!障害
3
2 INP2 - ソース入力 1
2
OK 電源を入る
4
1 INP1 - ソース入力 0
メモ:

電源装置の物理的なマーキングは 12 です。これらのマーキングは、出力内の INP0 および INP1 に show chassis power 対応しています( 表 4 を参照)。

表 4:シャーシの物理マーキングと show chassis power コマンド

JNP10K-PWR-AC2 の物理マーキング

show chassis power コマンド

INP1

PS0

INP2

PS1

表 5 は、JNP10K-PWR-AC2 電源の LED を示しています。

表 5:JNP10K-PWR-AC2 電源の LED

Led

状態

説明

1

  • Junos OS Evolved リリース 20.4R2 以降の CLI 出力の INP1。

  • リリース 20.4R2 より前 Junos OS Evolvedのリリースの CLI 出力の INP0。

黄色

固体

以下のいずれか1つ:

  • 電源装置のスイッチが切り替わります。

  • 入力電圧はありません。

  • 入力電圧は存在しますが、障害が検出されます。

固体

電源装置が正常に機能している。

2

  • Junos OS Evolved リリース 20.4R2 以降の CLI 出力の INP2。

  • リリース 20.4R2 より前 Junos OS Evolvedのリリースの CLI 出力の INP1。

黄色

固体

以下のいずれか1つ:

  • 電源装置のスイッチが切り替わります。

  • 入力電圧はありません。

  • 入力電圧は存在しますが、障害が検出されます。

固体

電源装置が正常に機能している。

OK (電源OK)

固体

電源装置が正常に機能している。

黄色

点滅

電源装置の出力で障害が検出されました。

消灯

オフ

電源装置のスイッチが切り替わります。

! (障害)

固体

電源装置に障害が発生しており、交換が必要です。

消灯

オフ

電源装置は正常に機能しています。

JNP10K-PWR-DC 電源 LED

JNP10K-PWR-DC 電源には、フェースプレートに INP1、INP2PWR OKFAULT の 4 つの LED があります。 これらの LED には、電源の状態に関する情報が表示されます。図 9 を参照してください。

図 9:JNP10K-PWR-DC 電源 LEDs on a JNP10K-PWR-DC Power Supplyの LED
1
INP1 LED
3
PWR OK LED
2
INP2 LED
4
障害 LED
メモ:

電源装置の物理的なマーキングは 、INP1INP2 です。これらのマーキングは、出力においてPS0、A0、またはB0とPS1、A1、またはB1に show chassis power 対応している( 表6を参照)。

表 6:シャーシの物理マーキングと show chassis power コマンド

JNP10K-PWR-DC2 の物理マーキング

show chassis power Command

INP1

Junos OS リリース 20.4R2 およびリリース 20.4R2 Junos OS Evolvedよりも前のリリースの CLI 出力における PS0

Junos OS リリース 20.4R2 以降およびリリース 20.4R2 以降Junos OS Evolved CLI 出力の A0 または B0

INP2

Junos OS リリース 20.4R2 および Junos OS Evolved リリース 20.4R2 より前のリリースの CLI 出力の PS1

Junos OS リリース 20.4R2 以降およびリリース 20.4R2 以降Junos OS Evolvedの CLI 出力の A1 または B1

表 7 は、JNP10K-PWR-DC 電源の LED を示しています。

表 7:JNP10K-PWR-DC 電源の LED

Led

状態

説明

  • INP1
    • Junos OS Evolved リリース 20.4R2 以降の CLI 出力の INP1。

    • リリース 20.4R2 より前 Junos OS Evolvedのリリースの CLI 出力の INP0。

  • INP2
    • Junos OS Evolved リリース 20.4R2 以降の CLI 出力の INP2。

    • リリース 20.4R2 より前 Junos OS Evolvedのリリースの CLI 出力の INP1。

黄色

点滅

DC電源入力電圧が正常な動作範囲内ではないことを示します。

固体

DC 電源は動作範囲内(-40 VDC~-72 VDC)内です。

消灯

オフ

電源装置のスイッチが切り替わります。

PWR OK

固体

DC 電源出力は正常な動作範囲内です。

黄色

点滅

出力は制限外です。

障害

固体

電源装置に障害が発生しており、交換が必要です。

消灯

オフ

電源装置は正常に機能しています。または、入力が 1 つだけで、電源が供給されていない入力のイネーブル スイッチが ON に設定されています。イネーブル スイッチの詳細については、 JNP10K-PWR-DC 電源の取り付 けを参照してください。

メモ:

INP1 または INP2PWR OK LED が消灯している場合、電源ケーブルが正しく取り付けられていないか、電源装置に障害が発生しています。

INP1 または INP2 LED が緑色に点灯し、PWR OK LED が点灯していない場合、電源装置が正しく取り付けられていないか、電源装置に内部障害が発生しています。

障害 LED が点滅している場合は、電源装置を追加して、電源の需要と供給のバランスを取ります。

JNP10K-PWR-DC2 電源 LED

JNP10K-PWR-DC2 電源には、フェースプレートに 12OK、障害の記号 「!」の 4 つの LED があります。これらの LED には、電源の状態に関する情報が表示されます。 図 10 を参照してください。

図 10:JNP10K-PWR-DC2 電源 LEDs on the JNP10K-PWR-DC2 Power Supplyの LED
1
!障害
3
2 電源入力 1
2
OK 電源を入る
4
電源入力 x 1 0

コマンドの出力から、電源装置にインストールされているファームウェアの show system firmware バージョンを確認できます。 表 8 は、電源装置にインストールされているファームウェアが 300.300.208.208.208.304 以上の場合の JNP10K-PWR-DC2 電源の LED を示しています。 表 9 は、電源装置にインストールされているファームウェアが 300.300.208.208.304 より低い場合の JNP10K-PWR-DC2 電源の LED を示しています。

表 8:JNP10K-PWR-DC2 電源の LED(300.300.208.208.304 以上のファームウェアがインストール済み)

フィード 0

フィード 1

電源スイッチの状態

LED 1

LED 2

わかりました Led

! Led

オフ

オフ

オフ

オレンジ

オレンジ

オフ

A または B

オフ

オフ

緑 — 点滅

オレンジ

オフ

A および B

オフ

オフ

オレンジ

オフ

オフ

A または B

オフ

オレンジ

緑 — 点滅

オフ

A または B

A または B

オフ

緑 — 点滅

緑 — 点滅

オフ

赤 — 点滅

A および B

A または B

オフ

緑 — 点滅

オフ

赤 — 点滅

オフ

A および B

オフ

オレンジ

オフ

A または B

A および B

オフ

緑 — 点滅

オフ

赤 — 点滅

A および B

A および B

オフ

オフ

オフ

オフ

オフ

オレンジ

オレンジ

オフ

A または B

オフ

緑 — 点滅

オレンジ

A および B

オフ

オレンジ

オフ

A または B

オレンジ

緑 — 点滅

A または B

A または B

緑 — 点滅

緑 — 点滅

赤 — 点滅

A および B

A または B

緑 — 点滅

赤 — 点滅

オフ

A および B

オレンジ

A または B

A および B

緑 — 点滅

赤 — 点滅

A および B

A および B

オフ

表 9:JNP10K-PWR-DC2 電源の LED(ファームウェアが 300.300.208.208.208.304 未満の場合)

Led

状態

説明

1 (PS0 CLI 出力)または 2 (PS1 CLI 出力)

固体

DC 電源は動作範囲(-40 VDC~-72 VDC)内です。

黄色

点滅

DC電源入力電圧が正常な動作範囲内ではありません。

消灯

オフ

電源装置のスイッチが切り替わります。

OK (電源OK)

固体

DC 電源出力は正常な動作範囲内です。

黄色

点滅

電源装置の出力は、電力制限を超えています。

! (障害)

固体

電源装置の入力が誤って構成されているか、電源装置に障害が発生しており、交換が必要です。

点滅

電源装置のフィードには、いずれかの入力(A または B)がありません。

消灯

オフ

電源装置は正常に機能しています。または、入力が 1 つだけで、電源が供給されていない入力のイネーブル スイッチが ON に設定されています。有効なスイッチの詳細については、 PTX10016ルーターにDC電源を接続 するを参照してください。

メモ:

1または2OK LEDが点灯していない場合、電源ケーブルが正しく取り付けられていないか、電源装置に障害が発生しています。

1または2 LEDが緑色に点灯し、OK LEDが点灯していない場合、電源装置が正しく取り付けられていないか、電源装置に内部障害が発生しています。

もし ! LEDが点滅し、電源の需要と電源のバランスを取るために電源を追加します。