Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

MX10K-LC9600ラインカード

MX10K-LC9600(モデル番号:JNP10K-LC9600)は、9.6 Tbpsのラインレートスループットを提供する固定構成の24ポートラインカードです。ラインカードには24個のQSFPポートがあり、それぞれが最大400 Gbpsの速度をサポートできます。

図 1:MX10K-LC9600 MX10K-LC9600
1
QSPF ポート
3
レーン LED
2
イジェクター ハンドル
4
PWR、STS、OFF LED

MX10K-LC9600ラインカードは、ジュニパーネットワークスのカスタムASICに基づくパケット転送エンジンを組み合わせています。ライン カードには、それぞれ 2 つのパケット転送エンジンをホストする 6 個の転送 ASIC があります。ライン カードには 12 個のパケット転送エンジンがあり、それぞれが最大帯域幅 800 Gbps を提供します。

ブレークアウト ケーブルを使用して、400 Gbps、200 Gbps、100 Gbps、50 Gbps、40 Gbps、25 Gbps、または 10 Gbps の速度にポートをチャネル化できます。

9.6 Tbpsのラインカードは、以下のコンポーネントでのみ動作するように設計されています。

  • JNP10004-SF2およびJNP10008-SF2スイッチファブリック

  • JNP10K-PWR-AC2 または JNP10K-PWR-DC2 電源

  • JNP10008-FAN2 ファン トレイ

  • JNP10008-FTC2 ファン トレイ コントローラ

  • JNP10004-FAN2 ファン トレイ

  • JNP10004-FTC2 ファン トレイ

メモ:

MX10K-LC9600 ライン カードのファブリック コネクターは、デブリの蓄積に敏感です。JNP10004-SF2 SFB および JNP10008-SF2 SFB のコネクターとのコネクター インターフェイス。MX10K-LC9600 ライン カードと JNP10004-SF2 SFB と JNP10008-SF2 SFB の間で高品質な接続を確保するために、コネクターはほこりやその他の粒子を含まないように清潔に保つ必要があります。

MX10K-LC9600ラインカードは、ジュニパーネットワークスJNP10K-LC9600ハードウェアでジュニパーネットワークスJunos OSソフトウェアを実行します。MX10K-LC9600 は、シャーシ前面の MX10004 および MX10008 ルーターに水平にプラグインします。

MX10K-LC9600 ライン カードのファブリック インターフェイス コネクターには、保護プラスチックダスト カバーが事前に取り付けられています。このカバーはコネクターを清潔に保ち、ほこりやその他の粒子を含まない。ラインカードをルーターに取り付ける前に、ダスト カバーを取り外します。ラインカードをルーターから取り外す際に、将来使用するためにプラスチック製のカバーを保存して再インストールします。

MX10K-LC9600ラインカードのWANポートには、保護プラスチックダストカバーが事前に取り付けられています。これらのカバーはポートを清潔に保ち、ほこりやその他の粒子を含まない。光モジュールが占有していないポートには、これらのカバーを取り付けておく必要があります。

ソフトウェア リリース

  • MX10008 にインストールされた場合、Junos OS リリース 21.4R1 以降。

  • MX10004 にインストールされた場合、Junos OS リリース 22.3R1 以降。

説明

  • モデル番号:JNP10K-LC9600

  • CLIでの名前: JNP10K-LC9600

  • 重量:12.24 kg(27 ポンド)

  • 寸法:高さ = 1.89 インチ(48.01 mm)、幅 = 17.2 インチ(436.88 mm)、奥行き = 19.05 インチ(484 mm)(FRU イジェクターを除く)

ハードウェア機能

  • 400 Gbps、200 Gbps、100 Gbps、50 Gbps、40 Gbps、25 Gbps、または 10 Gbps のポート速度を備えた固定構成ライン カードです。

  • 最大9.6 Tbpsのラインレートスループットを提供します。

  • 12個のパケット転送エンジンを搭載し、それぞれ最大800 Gbpsの帯域幅を可能にします。

  • JNP10004-SF2およびJNP10008-SF2スイッチファブリックボードと互換性があります。

  • MX10K-LC2101およびMX10K-LC480ラインカードと相互運用できます。

  • JNP10K-RE1、JNP10K-RE1-LT、およびJNP10K-RE1-128Gルーティングおよびコントロールボードで動作します。

  • 以下の電源とファントレイでのみ動作します。

    • JNP10K-PWR-AC2

    • JNP10K-PWR-DC2

    • JNP10008-FAN2

    • JNP10008-FTC2

    • JNP10004-FAN2

    • JNP10004-FTC2

  • トランジット トラフィックとホストバウンド パケットに対して 16,000 バイトの最大送信単位(MTU)をサポートします。

ソフトウェア機能

  • ポートレベルでレートの選択可能性をサポートします。

  • デフォルトでは、ポートは400ギガビットイーサネットポートとして設定されています。

  • 光診断および関連するアラームをサポートします。

電力要件

すべてのポートが 400 Gbps 速度で設定されている場合、異なる温度での消費電力:

  • 25°C:1655 W

  • 40°C:1770 W

Led

Pwr Led

  • 緑色で点灯—ラインカードの電源は問題ありません。
  • 点灯(赤)—ラインカードの電源オンに失敗しました。
  • オフ—ライン カードが電源を受信していない。

Sts Led

  • 緑色(ビーコンまたはポートの場所がオンの場合は緑色に点滅)—ライン カードがオンラインです。
  • 緑色に点滅 — ライン カードが起動中です。
  • 点灯赤(ビーコンまたはポートの場所がオンの場合は赤で点滅)—ラインカードに障害が発生しているか、アラームが発生しました。
  • オフ — ライン カードが無効またはオフラインである。

ポート LED

  • オフ—ポートにトランシーバ モジュールがありません。
  • 点灯(ビーコンまたはポートの場所がオンの場合は緑色に点滅)—ポートリンクが立ち上がり、アラームや障害が発生しません。
  • オレンジ点灯(ビーコンまたはポートの場所がオンの場合はオレンジの点滅)—CLIを通じてポートが無効になっているためポートリンクがダウンしているか、ポートで信号損失、ローカル障害、リモート障害などのエラーが発生しました。

レーン LED

  • 対応するポートのレーン LED は、ポートのステータスを示します。

  • ポートステータスLEDと同様に、個々のレーンLEDには、OFF、オレンジ、GREEN、REDの4つの状態がサポートされています。

ケーブルとコネクター

ヒント:

ハードウェア互換性ツールを使用して、ジュニパーネットワークスデバイスがサポートするプラガブルトランシーバーに関する情報を見つけることができます。

MX シリーズでサポートされているトランシーバの一覧は、 MX シリーズでサポートされているトランシーバの一覧を参照してください。