Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

MX10K-LC480 ライン カード

MX10K-LC480(モデル番号:JNP10K-LC480)は、48個のSFP/SFP+ポートを備える固定構成ラインカードです。各ポートは 10 Gbps または 1 Gbps の速度をサポートし、ライン カードに最大帯域幅 480 Gbps を提供します。MX10K-LC480 は、2 つのパケット転送エンジンを搭載し、それぞれ最大帯域幅 240 Gbps を提供します。ライン カードは、MX10008 ルーターと MX10016 ルーターのシャーシ前面に水平方向に接続します。

1
PWR(電源)LED
3
オフライン/オンライン(OFF)ボタン
2
ポート LED
4
ステータス(STS)LED。

ソフトウェア リリース

Junos OS 21.2R1 以降

説明

  • モデル番号:JNP10K-LC480

  • 以下の名称でのCLI: JNP10K-LC480

  • 重量:9.8 kg(21.6 ポンド)

  • 外形寸法:高さ = 48.01 mm(1.89 イン)、幅 = 436.88 mm(17.2)、奥行き = 484 mm(19.05 in.)(FRU イジェクターを除く)

ハードウェア機能

  • ポート速度 10 Gbps および 1 Gbps の固定構成ライン カード
  • 最大 480 Gbps のラインレート スループット
  • 2 つのパケット転送エンジン(それぞれが最大帯域幅 240 Gbps を提供)
  • 帯域幅、加入者、サービスのスケーリングを向上させる EA チップセット
  • スイッチ ファブリック ボード JNP10008-SF および JNP10016-SF をサポート
  • JNP10K-LC2101 ライン カードとの相互運用
  • 次のルーティングおよびコントロール ボードを使用して動作します。 JNP10K-RE1、JNP10K-RE1-128、JNP10K-RE1-LT
  • 次の電源とファン トレイで動作します。
    • JNK10008-FAN または JNP10016-FAN を使用した JNK10K-PWR-AC または JNK10K-PWR-DC。
    • JNP10K-PWR-AC2 または JNP10008-FAN2 または JNP10016-FAN2 を含む JNP10K-PWR-DC2。

    上記のいずれの構成でも、MX10K-LC480 ライン カードは NEBS コンプライアンス(NEBS GR63-CORE、GR1089-CORE、SR3580 に準拠)に準拠します。

  • MX10008 および MX10016 ルーターの両方で NEBS の全要件を満たします。
  • トランジット トラフィックでは 256~16,000 バイトの範囲の 最大送信単位(MTU)、ホストバウンド パケットでは 256 バイトから 9,000 バイトまでをサポートします。

ソフトウェア機能

  • 10 GbE のデフォルト ポート設定。
  • 光ファイバー診断と関連するアラームをサポート

電力要件

  • すべてのポートを 10 Gbps の速度で設定した場合、温度の異なる消費電力:

    25°C:420 W(MACSec なし)、430 W(MACSec 使用)

    40°C:430 W(MACSec なし)、450 W(MACSec 使用)

    55°C:450 W(MACSec なし)、480 W(MACSec 使用)

  • すべてのポートを 1 Gbps の速度で設定した場合の温度によって消費電力が異なります。

    25°C:360 W(MACSec なし)、370 W(MACSec 使用)

    40°C:370 W(MACSec なし)、390 W(MACSec 使用)

    55°C:390 W(MACSec なし)、420 W(MACSec 使用)

Led

PWR LED

  • 緑が安定している—ラインカードの電源を使用して問題を生じない
  • 赤で一定—ラインカードの電源オンに失敗しました。
  • オフ — ライン カードに電源が入ってない。

STS LED

  • 緑色で点灯(ビーコンまたはポートの場所がオンの場合は緑色で点滅):ライン カードがオンラインになります。
  • 緑の点滅 — ライン カードが起動しています。
  • 赤で一定(ビーコンまたはポートの場所がオンの場合は赤で点滅) — ライン カードに障害が発生している、またはアラームが起動している。
  • オフ — ライン カードは無効化またはオフラインです。

ポート LED

  • オフ:ポートにトランシーバ モジュールが含第 1 のポートは存在しない。
  • 点灯(ビーコンまたはポート位置がオンの場合は緑色で点滅) — ポート リンクは、アラームや障害なしで起動します。
  • 安定したオレンジ(ビーコンまたはポートの場所がオンの場合はオレンジの点滅) — CLIを通じてポートが無効化されている、または信号の損失、ローカル障害、リモート障害などのポートが検出されたため、ポートリンクがダウンします。

ケーブルとコネクター

ヒント:

ハードウェア互換性ツールを 使用して 、デバイスがサポートするプラガブル トランシーバに関ジュニパーネットワークスできます。

「サポートされるトランシーバ」のデバイスでサポートされるMX シリーズ のMX シリーズを参照してください

MX10K-LC480 は、すべてのポートで 1 Gbps の銅線 SFP モジュールをサポートします。シールドされた RJ45 ケーブルと 1 Gbps 銅線 SFP モジュールを使用する必要があります。

EMI クラス-A 排出基準を満たすには、MX10008 および MX10016 ルーターに MX10K-LC480 ライン カードをフロント パネルとフィルター付きフィルターを取り付けます。

以下は、フロント パネルに設置されたルーター(MX10008 または MX10016)に適用されます。

  • ライン カードあたり 16 個のポートと銅線 SFP モジュールのみを使用することをお勧めします。MIC0 の最後の 8 ポート(0/16~0/23)と MIC1 の最初の 8 ポート(1/0~1/7)。
  • MX10008 ルーターは、1 Gbps 容量の最大 128 銅線 SFP モジュールをサポートします。
  • MX10016 ルーターは、1 Gbps 容量の最大 192 銅線 SFP モジュールをサポートします。
メモ:

MX10K-LC480 ライン カードの 1 Gbps 銅線 SFP モジュールは、高精度時刻同期プロトコル(PTP)と同期イーサネット機能をサポートしません。