Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

MX および PTX シリーズ デバイス向けケーブルとコネクターの仕様

これらのデバイスでサポートされるトランシーバMX シリーズ、PTX シリーズ光ファイバー ケーブルとコネクターを使用します。コネクターと光ファイバーのタイプは、トランシーバのタイプによって異なります。

特定のトランシーバに必要なケーブルとコネクターのタイプは、 ハードウェア互換性ツール を使用して判断できます

注意:

機関の承認を維持するために、適切に構築されたシールド ケーブルのみを使用します。

注:

マルチファイバー プッシュオン(MPO)とマルチファイバー 終端プッシュオン(MTP)という用語は、同じコネクター タイプを表しています。このトピックでは、残りのトピックでは MPO を使用して MPO または MTP を意味します。

12 光ファイバー MPO コネクター

ジュニパーネットワークス デバイスでは 12 光ファイバー MPO コネクターと一緒に使用されるケーブルには 2 種類があります。両端に MPO コネクターが付くパッチ ケーブルと、一端に MPO コネクターが付くブレイクアウト ケーブルと、反対の端に 4 個の LC デュプレックス コネクターがあります。アプリケーションによっては、ケーブルで SMF(シングルモード ファイバー)または MMF(マルチモード ファイバー)を使用する場合があります。ジュニパーネットワークス対応するトランシーバの要件を満たすケーブルは販売していますが、別途ケーブルを別途購入するジュニパーネットワークス。

注文したケーブルの極性が正していることを確認します。ベンダーは、これらのクロスオーバー ケーブルをキー アップのキーアップ、ラッチアップ、タイプ B 、または方法B呼び、2 個のトランシーバ間でパッチ パネルを使用している場合、ケーブル工場を通じて適切な極性が維持されている必要があります。

また、コネクター内の光ファイバーの端に適切な仕上げがなされていることを確認します。PC(Physical Contact)とは、平らに研磨された光ファイバーを指します。APC(Angled Physical Contact)とは、斜め方向に研磨された光ファイバーを指します。UPC(Ultra Physical Contact)とは、フラットに研磨された光ファイバーを指し、より細かい仕上げをします。必要な光ファイバーの端は、ハードウェア互換性ツールのコネクター タイプ に記載されています

MPO コネクター付き 12 光ファイバー リボン パッチ ケーブル

ソケット MPO コネクター付き 12 光ファイバー リボン パッチ ケーブルを使用して、同タイプのトランシーバ 2 台を接続できます(40GBASE-SR4 と 40GBASESR4 間、100GBASE-SR4 と 100GBASE-SR4 間など)。パッチ ケーブルを使用すると、信号を 4 つの信号に分離するのではなく、パッチ ケーブルを使用して 4x10GBASE-LR トランシーバや 4x10GBASE-SR トランシーバを接続することもできます(4x10GBASE-LR と 4x10GBASE-LR、4x10GBASE-SR と 4x10GBASE-SR など)。

表 1 は 、各光ファイバーの信号を示しています。 表 2 は、 適切な極性を得するためのピン間の接続を示しています。

光ファイバー リボン パッチ ケーブルのケーブル信号
表 1:12

繊維

信号

1

Tx0(送信)

2

Tx1(送信)

3

Tx2(送信)

4

Tx3(送信)

5

未使用

6

未使用

7

未使用

8

未使用

9

Rx3(受信)

10

Rx2(受信)

11

Rx1(受信)

12

Rx0(受信)

ファイバー リボン パッチ ケーブルのケーブル ピンアウト
表 2:12

MPO ピン

MPO ピン

1

12

2

11

3

10

4

9

5

8

6

7

7

6

8

5

9

4

10

3

11

2

12

1

MPO - LC デュプレックス コネクター付き 12 光ファイバー リボン ブレイクアウト ケーブル

MPO -LC デュプレックス コネクター付き 12 リボン ブレイクアウト ケーブルを使用して、QSFP+ トランシーバを 4 台の個別の SFP+ トランシーバと接続できます(4x10GBASE-LR と 10GBASE-LR 間、4x10GBASE-SR と 10GBASE-SR 間の SFP+ トランシーバなど)。ブレイクアウト ケーブルは、12 光ファイバー リボン光ファイバー ケーブル用に構築されています。リボン ケーブルは、一端にソケット MPO コネクターが付いています 1 本のケーブルから、4 対のケーブルに分け、反対の端に LC デュプレックス コネクターが 4 個付いています。

図 1 は 、MPO -LC デュプレックス コネクター付き、一般的な 12 リボン ブレイクアウト ケーブルの例を示しています(製造によって、ケーブルの違いによって異なっている可能性があります)。

図 1:12-リボン ブレイクアウト ケーブル 12-Ribbon Breakout Cable

表 3 は 、MPO および LC デュプレックス コネクター間で光ファイバーを接続する方法を示しています。ケーブルの信号は、表 1 で説明されている信号 と同じです

ファイバー リボン ブレイクアウト ケーブルのケーブル ピンアウト
表 3:12

MPO コネクターのピン

LC デュプレックス コネクターピン

1

LC デュプレックス 1 の送信

2

LC デュプレックス 2 の Tx

3

LC デュプレックス 3 の Tx

4

LC デュプレックス 4 の Tx

5

未使用

6

未使用

7

未使用

8

未使用

9

LC デュプレックス 4 の受信

10

LC デュプレックス 3 の受信

11

LC デュプレックス 2 の受信

12

LC デュプレックス 1 の受信

12 本のリボン パッチ ケーブルおよびブレイクアウト ケーブルは、ジュニパーネットワークス

ジュニパーネットワークス上記の要件を満たす MPO コネクター付き 12 リボン パッチ ケーブルとブレイクアウト ケーブルを販売しています。別途ケーブルを購入するジュニパーネットワークス。 表 4 に、 使用可能なケーブルを示します。

表 4:12-Ribbon Patch およびブレークアウト ケーブルはオプションで提供ジュニパーネットワークス

ケーブル タイプ

コネクター タイプ

ファイバー タイプ

ケーブルの長さ

ジュニパー型番

12 リボン パッチ

ソケット MPO/PC からソケット MPO/PC まで、キー アップ間

MMF(OM3)

1 m

MTP12-FF-M1M

3 m

MTP12-FF-M3M

5 m

MTP12-FF-M5M

10 m

MTP12-FF-M10M

ソケットMPO/APCからソケットMPO/APCまで、キー アップ間

Smf

1 m

MTP12-FF-S1M

3 m

MTP12-FF-S3M

5 m

MTP12-FF-S5M

10 m

MTP12-FF-S10M

12 リボン ブレイクアウト

ソケット MPO/PC、キー アップ、4 個の LC/UPC デュプレックス間

MMF(OM3)

1 m

MTP-4LC-M1M

3 m

MTP-4LC-M3M

5 m

MTP-4LC-M5M

10 m

MTP-4LC-M10M

ソケット MPO/APC、キー アップ、4 個の LC/UPC デュプレックス間

Smf

1 m

MTP-4LC-S1M

3 m

MTP-4LC-S3M

5 m

MTP-4LC-S5M

10 m

MTP-4LC-S10M

24 光ファイバー MPO コネクター

24 ファイバー MPO コネクター付きパッチ ケーブルを使用して、同タイプのサポートされるトランシーバ 2 台(100GBASE-SR10 と 100GBASE-SR10 間など)を接続できます。

図 2 は、24 ファイバー MPO 光レーンの割り当てを示しています。

図 2:24-Fiber MPO 光レーンの割り当て 24-Fiber MPO Optical Lane Assignments
注:

注文したケーブルの極性が正していることを確認します。ベンダーは、これらのクロスオーバー ケーブルをキー アップのキーアップ、ラッチアップ、タイプ B 、または方法B呼び、2 個のトランシーバ間でパッチ パネルを使用している場合、ケーブル工場を通じて適切な極性が維持されている必要があります。

CFP2-100G-SR10-D3 の MPO 光コネクターは、CFP2 ハードウェア仕様のセクション 5.6 および IEEE STD 802.3-2012 のセクション 88.10.3で定義されています。これらの仕様には、次の要件が含まれます。

  • STD 802.3-2012 IEEEの推奨オプション A

  • トランシーバ レセプタクルはプラグです。モジュールと合致するには、ソケット コネクター付きパッチ ケーブルが必要です。

  • ファールールの仕上げは、IEC 61754-7 に準拠したフラットな洗練されたインターフェイスで行う必要があります。

  • 調整キーはキー アップです

光インターフェイスは、マルチファイバー光コネクターの汎用要件における FT-1435-CORE の要件 を満たす必要があります。モジュールは、IEC 62150-3 で定義された試験に合格する必要があります。

LC デュプレックス コネクター

LC デュプレックス コネクター付きパッチ ケーブルを使用して、同タイプのサポートされるトランシーバ 2 台を接続できます(40GBASE-LR4 と 40GBASE-LR4 間、100GBASE-LR4 と 100GBASE-LR4 間など)。パッチ ケーブルは、1 対の光ファイバーの両端に LC デュプレックス コネクターが 2 つ付き。LC デュプレックス コネクターは、MPO-LC デュプレックス コネクター付き 12-Fiber リボンブレイクアウト ケーブルにも記載されている 12 光ファイバー リボン ブレイクアウト ケーブルと一緒に使用されます。

図 3 は 、トランシーバに取り付されている LC デュプレックス コネクターを示しています。

図 3:LCデュプレックス コネクター LC Duplex Connector