Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

メンバー スイッチのスイッチのスイッチのバーチャル シャーシ

新しいスイッチEX4200既存のサーバーに追加する(EX4200 バーチャル シャーシ手順CLI)

このトピックでは、スイッチを既存のスイッチEX4200追加する方法について説明EX4200 バーチャル シャーシ。EX4200 スイッチを EX4500 バーチャル シャーシ または混合 バーチャル シャーシ に追加する方法については、「 EX4200 スイッチを事前プロビジョニングされた EX4500 バーチャル シャーシ または事前プロビジョニングされた混合 EX4200 および EX4500 バーチャル シャーシ(CLIプロシージャ)に追加 する を参照してください。

既存のスイッチEX4200追加するには、実行する必要がある手順にEX4200 バーチャル シャーシ手順を使用します。

同じワイヤリング クローゼット内の既存のバーチャル シャーシに新しいスイッチを追加する

この手順を使用して、スイッチをEX4200追加EX4200 バーチャル シャーシ。

開始する前に、以下を確認してください。

  • 新しいスイッチをラックに取り付けます。

  • 新しいスイッチの電源が切トになっているか確認しました。

  • 事前にプロビジョニングされた設定を拡張する場合は、シリアル番号をメモします(番号はスイッチの背面)。新しいメンバー スイッチのシリアル番号バーチャル シャーシ設定を編集する必要があります。

  • プロビジョニング済みの設定を拡張する場合は、既存の バーチャル シャーシ 設定を編集して、新しいメンバー スイッチのシリアル番号を含める必要があります。プライマリ デバイス設定ファイルで指定バーチャル シャーシ、既存のメンバー スイッチに相互接続した後、新しいスイッチに適用されます。

    注:

    プロビジョニング済みのネットワーク 設定バーチャル シャーシした後、自動プロビジョニング機能を使用してその設定にメンバー スイッチを追加できます。

  • (オプション)異なるメンバー スイッチ上で設定されたイーサネット インターフェイスを同じ LAG に設定します.例:EX4200 バーチャル シャーシ EX4200 バーチャル シャーシ アクセス スイッチと仮想ディストリビューション スイッチ間のアグリゲート イーサネット 高速アップリンクの設定

    アクティブなメンバーのスイッチは、この手順の一環として戻る前に一時的にダウンする場合があります。LAG を使用してメンバー スイッチ間でトラフィックの負荷分散を行う場合、この手順のトラフィック ロスを緩和できます。

新しいメンバー スイッチを既存のワイヤリング クローゼット内バーチャル シャーシ設定に追加するには、次の操作を行います。

  1. 新しいメンバー スイッチが以前に設定されている場合は、そのスイッチの設定を工場出荷時のデフォルトに戻します。「 EX シリーズ スイッチの工場出荷時のデフォルト設定への復帰 」を参照してください
  2. VSP(専用の VSP)を使用して、電力を使用しない新しいスイッチを既存バーチャル シャーシの 1 つのメンバーバーチャル シャーシ相互接続します。プロシージャのこの時点で、既存のスイッチ内のメンバー スイッチ上の VCP に、電力を使用しない新しいスイッチ上の 1 つの VCP バーチャル シャーシ接続します。
  3. 新しいスイッチの電源をオンにします。
  4. メンバー ID のフロントパネル LCD をチェックして、新しいメンバー スイッチバーチャル シャーシスイッチがスイッチの設定に含まれるか確認します。ネットワーク設定に少なくとも 1つのメンバーが存在する場合、0(1 ~ 9)を超えるメンバー ID がバーチャル シャーシされます。
    注:

    事前にプロビジョニングされた設定を使用している場合、メンバーIDは設定ファイル内のメンバーのシリアル番号に自動的に割り当てられます。

  5. 新しいメンバー スイッチのもう一方の専用 VCP をスイッチのスイッチにバーチャル シャーシ。
    注意:

    新しいスイッチの両方の VSP を同時に既存の バーチャル シャーシ にケーブル接続すると、すでに バーチャル シャーシ に参加しているメンバー スイッチが数秒間非動作になる可能性があります。このスイッチへのネットワーク トラフィックは、ダウンタイム中に破棄されます。

    メンバー スイッチはユーザーの介入なしに通常の動作状態に戻ります。このダウンタイムの後、バーチャル シャーシ の正常な運用が再開されます。

別のワイヤリング クローゼットから既存のワイヤリング クローゼットに新しいスイッチをバーチャル シャーシ

この手順を使用すると、別のワイヤリング クローゼットEX4200のワイヤリング クローゼットEX4200 バーチャル シャーシスイッチを追加するために使用バーチャル シャーシ。

異なるワイヤリング クローゼットから既存の バーチャル シャーシ 構成に新しいスイッチを追加するには、長いケーブルを使用してワイヤリング クローゼット全体でメンバー スイッチを接続する必要があります。SFP、SFP+、XFP ポートと光ファイバー ケーブルを使用できます。

開始する前に、以下を確認してください。

  • ネットワーク設定に必要なアップリンク モジュールバーチャル シャーシしました。「 新しいスイッチにアップリンク モジュールを設置EX4200する 」 を参照してください

  • 新しいスイッチをラックに取り付けます。

  • 新しいメンバー スイッチが以前に設定されている場合は、その設定を工場出荷時のデフォルトに戻します。「 EX シリーズ スイッチの工場出荷時のデフォルト設定への復帰 」を参照してください

  • 事前にプロビジョニングされた設定を拡張する場合は、シリアル番号をメモします(番号はスイッチの背面)。新しいメンバー スイッチのシリアル番号バーチャル シャーシ設定を編集する必要があります。

  • プロビジョニング済みの設定を拡張する場合は、既存の バーチャル シャーシ を編集して、新しいメンバー スイッチのシリアル番号を含める必要があります。新しいメンバー スイッチのロールは、デバイス設定ファイルにシリアル番号を追加するときにバーチャル シャーシできます。プライマリ インターフェイス設定ファイルで指定されたバーチャル シャーシは、アップリンク VCP と既存のメンバー スイッチを相互接続した後、新しいスイッチに適用されます。

    注:

    プロビジョニング済みのネットワーク 設定バーチャル シャーシした後、自動プロビジョニング機能を使用してその設定にメンバー スイッチを追加できます。

ワイヤリング クローゼット全体で既存のスイッチと相互接続される新しいメンバー スイッチバーチャル シャーシを追加するには、次の操作を行います。

  1. 新しいスイッチの電源をオンにします。
  2. ラップトップまたは端末をスイッチのコンソール ポートに接続するか、スタンドアロン スイッチの LCD パネルで EZSetup を使用して一時的な識別パラメータを指定します。(新しいメンバー スイッチを既存の バーチャル シャーシ 設定と相互接続する場合、バーチャル シャーシ パラメーターまたは割り当てられたメンバー構成と競合する、指定したパラメーターは、プライマリが上書きまたは無効にします)。
  3. CLI または J-Web インターフェイスを使用して、1 つのアップリンク モジュール ポートを VCP として設定します。
    注:

    プロビジョニングされていない設定を使用している場合は、新しいメンバー スイッチに、既存のメンバー スイッチよりも小さいプライマリ ロールの優先度値を設定できます。これにより、新しいメンバー スイッチがラインカードの設定に含まれている場合に、そのメンバー スイッチがバーチャル シャーシになります。

  4. 新しいスイッチの電源を切る。
  5. VCP として設定したアップリンク モジュール ポートの 1 つを使用して、新しいメンバー スイッチを バーチャル シャーシ 設定の 1 つの既存メンバー スイッチに相互接続します。プロシージャのこの時点で、既存のスイッチ内のメンバー スイッチ上の VCP に、電力を使用しない新しいスイッチ上の 1 つの VCP バーチャル シャーシ接続します。
  6. 新しいメンバー スイッチの電源をオンにします。
  7. メンバー ID のフロントパネル LCD をチェックして、新しいメンバー スイッチバーチャル シャーシスイッチがネットワーク設定に含まれる状態に切り替える必要があります。ネットワーク設定に少なくとも 1つのメンバーが存在する場合、0(1 ~ 9)を超えるメンバー ID がバーチャル シャーシされます。
    注:

    事前にプロビジョニングされた設定を使用している場合、メンバーIDは設定ファイル内のメンバーのシリアル番号に自動的に割り当てられます。

  8. 必要に応じて、新しいメンバー スイッチ上の別のユーザー設定 VCP をバーチャル シャーシします。
    注意:

    新しいスイッチの両方の VSP を同時に既存の バーチャル シャーシ にケーブル接続すると、すでに バーチャル シャーシ に参加しているメンバー スイッチが数秒間非動作になる可能性があります。このスイッチへのネットワーク トラフィックは、ダウンタイム中に破棄されます。

    メンバー スイッチはユーザーの介入なしに通常の動作状態に戻ります。このダウンタイムの後、バーチャル シャーシ の正常な運用が再開されます。

自動プロビジョニングと自動 VCP 変換を使用して、バーチャル シャーシの事前プロビジョニング済みスイッチに新しいスイッチを追加する

この手順を使用して、自動プロビジョニングを使用して既存の EX4200 スイッチを既存の EX4200 バーチャル シャーシ に追加できます。新しいスイッチがプロビジョニングされ、バーチャル シャーシ にケーブル接続された後、相互接続リンクは自動的に VCP リンクに変換されます。

開始する前に、以下を確認してください。

  • ネットワーク設定に必要なアップリンク モジュールバーチャル シャーシしました。

  • 新しいスイッチをラックに取り付けます。

  • プロビジョニング済みのスイッチバーチャル シャーシがアクティブなプライマリ スイッチを持つ必要があります。詳細については、 例: 事前プロビジョニングされた設定ファイルを使用EX4200 バーチャル シャーシ の設定 を参照してください

  • プライマリ スイッチで、VSP として使用されるアップリンク モジュール ポートで LLDP(リンク レベル検出プロトコル)を設定します。LLDP はデフォルトで設定されますが、無効化されている可能性があります。新しいリンクの両側が LLDP メッセージを交換して自動的な VCP 変換を実行します。LLDPを設定するには、 LLDPの設定(CLI手順)を参照してください

  • 新しいメンバー スイッチが工場出荷時のデフォルト設定を持つ必要があります。新しいメンバー スイッチが以前に設定されている場合は、その設定を工場出荷時のデフォルトに戻します。「 EX シリーズ スイッチの工場出荷時のデフォルト設定への復帰 」を参照してください

  • シリアル番号をメモします(番号はスイッチ背面)。新しいメンバー スイッチのシリアル番号バーチャル シャーシ設定を編集する必要があります。

  • 既存のプロビジョニング済バーチャル シャーシを編集し、新しいメンバー スイッチのシリアル番号を含める。プライマリ インターフェイス設定ファイルで指定されたバーチャル シャーシは、アップリンク VCP を介して既存のメンバー スイッチに相互接続された後、新しいメンバー スイッチに適用されます。

  • ポートが VCP として設定されていないのを確認して、アップリンク モジュール ポートを介して新しいスイッチと相互接続するための既存のメンバー スイッチを準備します。自動 VCP 変換を呼び出す条件の 1 つは、新しいリンクの両側のポートを VCP として構成しなければならないという場合です。

    注意:

    専用 VCP(EX4200、EX4500、または EX4550 バーチャル シャーシ)を備えたスイッチが搭載された バーチャル シャーシ で自動的な VCP 変換が有効になっている場合、ネットワークまたはアップリンク ポートを自動的に VCP に変換して、同じ 2 つの バーチャル シャーシ メンバー間の専用 VCP 接続を備えた冗長リンクを作成する場合、バーチャル シャーシ 内でトラフィック ループを作成しないように、バーチャル シャーシ を再起動する必要があります。(ポートを手動で VCP に変換して、専用の VCP リンクを持つ冗長な VCP リンクを作成する場合も、同じ問題が発生する可能性があります。その場合は、トラフィック ループを回避するために再起動が必要になります)。

  • 既存のメンバー スイッチ上のアップリンク モジュールの動作モードと、新しいメンバー スイッチが一致する必要があります。

  • 新しいメンバー スイッチの電源が切トになっているか確認しました。

上記の条件を満たしていない場合、自動プロビジョニングは機能しません。また、スイッチ上のアップリンク モジュール ポートを手動で設定して、VSP として設定する必要があります。詳細については、「 EX シリーズ または QFX シリーズ スイッチのアップリンク ポートを バーチャル シャーシする 」 を参照してください

自動プロビジョニング機能を使用して、既存のプロビジョニング済みバーチャル シャーシにスイッチを追加するには、次の方法に示します。

  1. 電力を使用しない新しいスイッチを既存のスイッチ構成の 1 つのメンバーバーチャル シャーシします。プロシージャのこの時点で、既存のスイッチ内のメンバー スイッチ上の VCP に、電力を使用しない新しいスイッチ上の 1 つの VCP バーチャル シャーシ接続します。
  2. 新しいメンバー スイッチの電源をオンにします。
  3. メンバー ID のフロントパネルの LCD をチェックして、新しいメンバー スイッチバーチャル シャーシスイッチがスイッチの設定に含まれる状態に切り替える必要があります。メンバー ID は、0 から 9 の範囲内で表示する必要があります。メンバーIDは、設定ファイル内の新しいメンバースイッチのシリアル番号に自動的に割り当てられます。
  4. 新しいメンバー スイッチのもう一方の VCP をスイッチのスイッチにバーチャル シャーシ。
    注意:

    新しいスイッチの両方の VSP を同時に既存の バーチャル シャーシ にケーブル接続すると、すでに バーチャル シャーシ に参加しているメンバー スイッチが数秒間非動作になる可能性があります。このスイッチへのネットワーク トラフィックは、ダウンタイム中に破棄されます。

    メンバー スイッチはユーザーの介入なしに通常の動作状態に戻ります。このダウンタイムの後、バーチャル シャーシ の正常な運用が再開されます。

デバイス設定のメンバー スイッチの削除またはバーチャル シャーシ変更

他のメンバー スイッチでネットワーク サービスを中断することなく、バーチャル シャーシメンバー スイッチを削除または交換できます。メンバー スイッチの既存の構成を保持して新しいメンバー スイッチに適用するか、メンバー ID を解放して新しいメンバー スイッチへの割り当てを可能にできます。

注:

サーバー設定でメンバー スイッチを追加または削除バーチャル シャーシ、内部ルーティングの変更により、一時的なトラフィック ロスが数秒で発生する可能性があります。また、メンバー スイッチを削除して、混合 バーチャル シャーシ を非混合 バーチャル シャーシ に変更する場合は、バーチャル シャーシ のすべてのメンバー スイッチで混在モード設定を削除し、デバイスを再起動する必要バーチャル シャーシ。ネットワークサービスは再度立ち上バーチャル シャーシまで中断されます

このトピックは、以下の場合には当てはされません。

  • A バーチャル シャーシ ファブリック(VCF)

    代わりに、 VCF情報 については 、 デバイスの削除 バーチャル シャーシ ファブリックを参照してください。

  • スイッチ、バーチャル シャーシ、スイッチをEX4200むEX4500混合EX4550。

    代わりに、 混合デバイス (EX4200、EX4500、EX4550スイッチの取りバーチャル シャーシ取りCLIする をご覧ください。

  • 必要EX8200 バーチャル シャーシ。

他の EX シリーズ または QFX シリーズ バーチャル シャーシ のメンバー スイッチを削除または交換するには、実行する手順に一致する以下のいずれかの手順を使用します。

メンバー スイッチを削除し、そのメンバー ID を別のスイッチへの再割り当てに使用する

交換せずにスイッチをスイッチバーチャル シャーシするには、次の方法に示します。

  1. 電源を切断し、削除するメンバー スイッチをスイッチのスイッチバーチャル シャーシ。
  2. バーチャル シャーシ設定が事前プロビジョニングされている場合は、バーチャル シャーシプライマリで、削除したスイッチのメンバー設定を事前にプロビジョニングされた設定から削除します。

    設定がバーチャル シャーシの場合は、必要に応じて各メンバー スイッチの値を変更して、サービス ロールバーチャル シャーシ mastership-priority します。「仮想ネットワークのプライマリ ロールの設定 」をバーチャル シャーシ。

  3. (オプション)メンバー スイッチを削除して、デバイス内の残りの 2 つのメンバー スイッチだけを残バーチャル シャーシ、2 メンバー スイッチでの分割検出を無効にすることをお勧バーチャル シャーシ。詳細 については、「 スプリットとマージの無効化 」を参照バーチャル シャーシ を参照してください。
  4. 前のステップで行った設定変更をコミットします。
  5. (混合 バーチャル シャーシ のみ)このメンバー スイッチを削除した場合、バーチャル シャーシ を混合 バーチャル シャーシ に変更する場合は、混合モード設定を バーチャル シャーシ から削除する必要があります。混合スイッチを構成するEX シリーズおよびQFX シリーズ バーチャル シャーシ詳細については、「 混合ネットワークと混合ネットワークの詳細 」を参照バーチャル シャーシ。モード変更を有効バーチャル シャーシを再起動する必要があります。これを実行 reboot request virtual-chassis mode mixed disable するには、次に示すように、混合モードをオフにする コマンドを使用してオプションを含めるか、準備が整った場合にバーチャル シャーシのすべてのメンバー スイッチを個別に再起動します。
    注:

    ステップ 7 では 、必要に応じて混合モードなどの設定を削除して、削除する方法について説明します。

  6. サーバー設定からメンバー スイッチを削除バーチャル シャーシプライマリは、そのメンバー スイッチのメンバー ID を予約中に保持します。プライマリの設定で次のコマンドをバーチャル シャーシして、そのメンバー ID を再割り当てに使用できます。
  7. 削除したスイッチをスタンドアロン スイッチとして使用する場合は、そのスイッチの設定バーチャル シャーシすべてのスイッチを削除する必要があります。スタンドアロン スイッチとして新 request system zeroize しいロールにスムーズに移行するには、 コマンドを使用してスイッチを工場出荷時のデフォルト設定に戻してから、スイッチに必要な設定項目を適用することをお勧めします。

    工場出荷時のデフォルト設定に戻したくない場合は、以下のようなコマンドを使用して、モードのバーチャル シャーシ設定、削除したスイッチからVSPを削除します。

    1. バーチャル シャーシ EX4300 混合 バーチャル シャーシ ではない混合モード スイッチからスイッチを削除した場合、スイッチの混合モード設定を次のように無効にします。

      マルチギガビット EX4300 スイッチ(EX4300-48MP)を含む混合 EX4300 バーチャル シャーシ から非マルチギガビット モデル EX4300 スイッチを削除した場合、混合モードを無効にした場合、スタンドアロン スイッチとして再構成する場合や、バーチャル シャーシ または非混合 バーチャル シャーシ の他のタイプで使用する場合は、削除したスイッチの特別なポート モードを無効にする必要があります。 ieee-clause-82 そうしないと、スイッチの VSP は他のスイッチ メンバーバーチャル シャーシ、またはこれらのポートはネットワーク ポートとして適切に動作しません。

      この場合、スイッチで混合モードとポート モードを無効にするには、次の方法に当きます。

      マルチ ギガビットEX4300その他 の EX4300 モデルスイッチを理解する EX4300 バーチャル シャーシ スイッチのこの特別なポート モードの詳細については、 混合 EX4300 を参照してください。

    2. VCP として使用されたポートの VCP 設定を削除します。
    3. モードの変更などの設定を有効にするために、スタンドアロン スイッチを再起動します。

同じスイッチの取り外し、修理、再インストール

メンバー スイッチを修理する必要がある場合、他のメンバー スイッチのネットワーク サービスを中断することなく、バーチャル シャーシの設定からメンバー スイッチを削除できます。プライマリーはメンバーIDの設定を保存して、メンバースイッチ(同じベースデバイスを持つ)が再接続された際にメンバーIDを再適用MAC アドレスします。

メンバー スイッチを削除、修復、再インストールするには、次の手順に示します。

  1. 修復するメンバー スイッチの電源を切断します。
  2. 修理は、必要に応じて行います。
  3. スイッチを再接続して電源をオンにします。

メンバー スイッチを削除し、別のスイッチに置き換えて、古い設定を再適用する

メンバー スイッチを修復できない場合は、以前の設定を保持したまま、同タイプの別のメンバー スイッチと交換できます。プライマリーは、削除されたメンバー スイッチの設定を保存します。異なるメンバー スイッチを接続すると、プライマリによって新しいメンバー ID が割り当てされますが、古い設定は引き続き前のメンバー スイッチの以前のメンバー ID の下に保存されます。

スイッチを削除して交換し、古い設定を再適用するには、次の方法に示します。

  1. 交換するメンバー スイッチを電源オフし、切断します。
    注:

    別の設定でこのスイッチを使用する場合に、削除したスイッチからバーチャル シャーシ設定を無効にする方法については、「バーチャル シャーシ設定のメンバー スイッチの削除または交換 」のステップ7を参照してください。

  2. 置換のメンバー スイッチが以前に設定されている場合は、そのスイッチの設定を工場出荷時のデフォルトに戻します。コマンドを request system zeroize 参照してください。

    置換メンバー スイッチの電源をオンにし、このステップの最後に工場出荷時のデフォルト設定で実行する必要があります。

  3. (特定の条件下のQFX5100 バーチャル シャーシに推奨)特定の条件下でネットワーク ロールで構成されている QFX5100-24Q スイッチを追加またはルーティング エンジン交換QFX5100 バーチャル シャーシ 新しいスイッチに 2 つのEX4600-EM-8F拡張モジュールがある場合は、ルーティング エンジン メンバーと新しいスイッチに主な役割の優先度を設定し、新しいスイッチが バーチャル シャーシ で完全に削除されるまで、新しいスイッチにプライマリ ロールの切り替えを防ぐことをお勧めします。

    この場合、新しいスイッチをバーチャル シャーシに相互接続する前に、 QFX5100-24Q スイッチと2つの拡張モジュールをQFX5100 バーチャル シャーシで追加または交換 して、このステップを行う理由、時間、方法を詳しくご確認ください。

    注:

    新しいスイッチに工場出荷時のデフォルト設定がある場合でも、これを実行する必要があります。

  4. (バーチャル シャーシで自動ソフトウェア更新が有効になっていない場合、新しいメンバー スイッチが バーチャル シャーシ で実行されている Junos OS バージョンとは異なるバージョンの Junos OS を実行している場合に必要です) 次のいずれかのタスクを実行して、新しいメンバー スイッチに正しいバージョンの Junos OS がインストールされていることを確認します。
    • デバイスでソフトウェアの自動更新を有効バーチャル シャーシ。「 バーチャル シャーシ メンバー デバイスでの自動ソフトウェア アップデートのスイッチ」 を参照してください。交換バーチャル シャーシスイッチが相互接続され、スイッチの一部として認識されると、交換用スイッチのソフトウェアが自動的にバーチャル シャーシ。この場合、置き換えスイッチは、このステップで何もアクションを実行する必要はありません。

    • デバイスで実行されているバージョンJunos OS新しいメンバー スイッチバーチャル シャーシ、相互接続する前に新しいメンバー スイッチにインストールバーチャル シャーシ。EXシリーズ スイッチについては、 バーチャル シャーシまたはシングルルーティング エンジン(CLIプロシージャ)を使用したEX シリーズスイッチへのソフトウェアのインストール 、またはQFX シリーズスイッチの場合 はソフトウェアのインストールとアップグレードの概要およびQFX シリーズデバイスへのソフトウェア パッケージのインストール を参照してください。この場合、このステップの最後に、置き換えスイッチは新しいバージョンのソフトウェアで実行され、工場出荷時のデフォルト設定が必要です。

      注意:

      QFX5110スイッチとQFX5100スイッチの両方でQFX5110 バーチャル シャーシを設定できるのは、ソフトウェア パッケージのファイル名(Junos OS Software Center)に「-qfx-5e-」を含む同じJunos OSイメージを実行している場合のみです。QFX5110 バーチャル シャーシ で交換するスイッチが、以前「-qfx-5-」Junos OS イメージ ファイルでインストールした QFX5100 スイッチである場合、代わりに交換スイッチを「-qfx-5e-」イメージにアップグレードしてから、QFX5110 バーチャル シャーシ に挿入する必要があります。 デバイスに参加QFX5100するUSBデバイスでのQFX5110 バーチャル シャーシアップグレード」をバーチャル シャーシ ファブリック。ソフトウェアの自動更新機能では、「-qfx-5-」イメージを「-qfx-5e-」画像に更新することはことはできません。

  5. 使用しているポートのタイプに応じて、置き換えメンバー スイッチのリンクを バーチャル シャーシのスイッチに次のように接続します。
    • 専用の バーチャル シャーシ ポート(VCP)を使用してスイッチを相互接続する場合は、代わりのメンバー スイッチ上の 1 つの専用 VCP を、スイッチ内の別のメンバー スイッチ上の専用 VCP に接続バーチャル シャーシ。

    • VSPとして設定された光ポートを使用してスイッチを相互接続する場合:

      交換スイッチで、バーチャル シャーシへの接続に使用している光ポートをVSPとして設定します(まだ構成されていない場合は、代替メンバー スイッチが接続されるバーチャル シャーシ内の既存のメンバー スイッチの光ポートも設定する必要があります)。光ポートを VCP として設定するには、次の手順に示します。

      交換スイッチ上に設定された光ポート VCP の 1 つを、スイッチ内の別のメンバー スイッチにある設定済みの光ポート VCP にバーチャル シャーシ。

      注:

      1 つのリンクを既存の バーチャル シャーシ に相互接続する前に、スタンドアロン スイッチで光ポート VSP を設定するか、リンク接続後に設定できます。どちらの場合も、スイッチをメンバーとして追加するプロセスを検出して完了するには、ポートをプライマリのVSPとして設定する必要があります。EX シリーズ スイッチでの VSP の設定について、詳しくは EX シリーズ または QFX シリーズ スイッチのアップリンク ポートを バーチャル シャーシ ポートとして設定する 、および QFX シリーズ バーチャル シャーシ で VSP として構成できるポートの詳細については、「バーチャル シャーシコンポーネントについて」を参照してください。

  6. メンバー ID の表示をチェックして、フロントパネル LCD が搭載されたスイッチの バーチャル シャーシ スイッチの設定に新しいメンバー スイッチが含まれるか確認します。メンバー ID は、0 から 9 の範囲内で表示する必要があります。

    LCD インターフェイスを搭載していないスイッチを使用している場合は、 コマンドを入力し、出力を表示して、スイッチがスイッチのインターフェイス設定の一部バーチャル シャーシ show virtual-chassis 確認します。

  7. この手順のステップ5でスイッチを相互接続する方法にバーチャル シャーシメンバー スイッチのもう一方の VCP をスイッチのスイッチにケーブル接続します。
    注意:

    新しいスイッチの両方の VSP を同時に既存の バーチャル シャーシ にケーブル接続すると、すでに バーチャル シャーシ に参加しているメンバー スイッチが数秒間非動作になる可能性があります。このスイッチへのネットワーク トラフィックは、ダウンタイム中に破棄されます。

    メンバー スイッチはユーザーの介入なしに通常の動作状態に戻ります。このダウンタイムの後、バーチャル シャーシ の正常な運用が再開されます。

  8. 新しいメンバー スイッチの現在のメンバー ID を、デバイス 設定から削除されたスイッチのメンバー ID に更新するバーチャル シャーシ場合は、次のバーチャル シャーシ。
    • プロビジョニングされていないスイッチバーチャル シャーシ、プライマリ メンバー スイッチで request virtual-chassis renumber コマンドを発行します。

    • プロビジョニング済みスイッチバーチャル シャーシメンバー スイッチで、設定ステートメントを使用して新しいメンバー スイッチのメンバー情報を [edit virtual-chassis] member 再構成します。

      交換したメンバーと同じメンバーIDを使用するには、次のとおり、新しいスイッチのシリアル番号(スイッチの背面)を交換したメンバーIDに関連付けます。

      注:

      代わりとして、設定編集コマンドを使用して、置き換えたメンバーのシリアル番号を、置き換えたメンバーの既存の設定項目にある置き換えたメンバーのシリアル番号に置き換えます replace

      新しいメンバー スイッチを別のメンバーIDで設定するには、新しいスイッチのシリアル番号を必要なメンバーIDに関連付け、次に従って、置き換えたメンバースイッチの設定項目を削除します。

メンバー スイッチを別のタイプのスイッチに交換して、スイッチバーチャル シャーシモードに変更する

メンバー スイッチを別のタイプのスイッチに置き換えて、スイッチの変更を非混合スイッチバーチャル シャーシする場合は、次の方法を実行バーチャル シャーシ。

  1. 詳細構成のメンバー スイッチの削除または交換 に関する説明に従って、メンバー スイッチ バーチャル シャーシします
  2. 追加するスイッチのタイプに 基づいて新 しいスイッチをバーチャル シャーシのスイッチを追加する場合、設定手順を使用します。(このページの下部にある関連ドキュメントのリストを参照してください)。

混合 スイッチを構成するEX シリーズおよび QFX シリーズ バーチャル シャーシ方法の詳細については、「 混合ネットワークと混合ネットワークについて 」を参照バーチャル シャーシ。