Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

EX4200 ケーブルとトランシーバのプランニング

デバイスでサポートされるプラガブル トランシーバEX4200 スイッチ

スイッチのオプション アップリンク モジュールEX4200 SFP、SFP+、XFP トランシーバをサポートします。スイッチでサポートされるトランシーバのリストとEX4200トランシーバに関する情報は、 ハードウェア互換性ツール のページ でEX4200。

メモ:

お使いのデバイスでは、光トランシーバおよび光コネクターのみをジュニパーネットワークス使用ジュニパーネットワークス推奨します。

注意:

サードパーティー製光ファイバーやケーブルを使用する ジュニパーネットワークス デバイスで問題が発生した場合、JTAC(ジュニパーネットワークス 技術支援センター)が原因の診断をお手伝いします。お客様の JTAC エンジニアは、サードパーティー製光ファイバーやケーブルを確認し、デバイスに対応した同等の ジュニパーネットワークス 光ファイバーまたはケーブルと交換することを推奨する場合があります。

EX4200 スイッチに設置されているギガビット イーサネット SFP、SFP+、または XFP トランシーバは、デジタル光監視(SFP)をサポートしています。これらのトランシーバの診断情報の詳細は、動作モード CLI コマンドを発行して確認できます。 show interfaces diagnostics optics

メモ:

トランシーバは、デバイス ポートとして設定されたアップリンク モジュール ポートにインストールされている場合でも、バーチャル シャーシします。

SFP+ ダイレクト アタッチ銅線ケーブル(EX シリーズ スイッチ

Twinax ケーブルとも呼ばれるスモール フォームファクター プラガブル プラス トランシーバ(SFP+)DAC(ダイレクト アタッチ銅線)ケーブルは、サーバーとスイッチ間のラック内接続に適しています。短距離に適し、ラック内および隣接ラック間の、非常にコスト効率の高いネットワーク接続に最適です。

メモ:

お使いのデバイスで購入した SFP+ DAC ジュニパーネットワークス使用ジュニパーネットワークス推奨します。

注意:

サードパーティー製光ファイバーやケーブルを使用する ジュニパーネットワークス デバイスで問題が発生した場合、JTAC(ジュニパーネットワークス 技術支援センター)が原因の診断をお手伝いします。お客様の JTAC エンジニアは、サードパーティー製光ファイバーやケーブルを確認し、デバイスに対応した同等の ジュニパーネットワークス 光ファイバーまたはケーブルと交換することを推奨する場合があります。

ケーブルの仕様

EX シリーズスイッチは、SFP+ パッシブ DAC ケーブルをサポートしています。パッシブ Twinax ケーブルは、アクティブなエレクトロニクス コンポーネントを備えがない真っ直ぐなケーブルです。EX シリーズは、1 m、3 m、5 m、7 m の SFP+ パッシブ DAC ケーブルをサポートします。図 1 を参照してください

図 1:SFP+ダイレクト アタッチ銅線ケーブル(EX シリーズ スイッチ SFP+ Direct Attach Copper Cables for EX  Series Switches

ケーブルはホットリムーブル可能で、ホットインサート可能です。スイッチの電源をオフにしたり、スイッチ機能を停止したりすることなく、取り外しと交換が可能です。ケーブルは、2 つの 10 ギガビット イーサネット ポート(ケーブルの各端に 1 個)直接接続する、高電圧下のケーブル アセンブリから構成されています。ケーブルは、双方向通信用にハイパフォーマンスな統合型デュプレックス シリアル データ リンクを使用し、最大 10 Gbps のデータ レートを実現するように設計されています。

サポートされる DAC ケーブルのEX シリーズ スイッチ

これらのスイッチでサポートされる DAC ケーブルのEX シリーズおよびこれらのケーブルの仕様については、以下を参照してください。

これらのケーブルでサポートされる標準

ケーブルは次の規格に準拠しています。

  • SFP 機械規格 SFF-843 : 詳細については、 ftp://ftp.seagate.com/sff/SFF-8431.PDF を 参照してください

  • 電気インターフェイス規格 SFF-8432:ftp://ftp.seagate.com/sff/SFF-8432.PDF を 参照してください。

  • SFP+ マルチソース アライアンス(MSA)規格

光EX シリーズ スイッチケーブルの信号損失、減衰、分散の影響について

光ファイバー接続に必要なパワー バジェットとパワー マージンを決定するには、信号の損失、減衰、分散が伝送に与える影響を理解する必要があります。EX シリーズスイッチは、マルチモードおよびシングルモード光ファイバー ケーブルなど、さまざまなタイプのネットワーク ケーブルを使用します。

マルチモードおよびシングルモード光ファイバー ケーブルの信号損失

マルチモード光ファイバーは、直径が十分に大きく、光線が内部で反射します(光ファイバーの壁に当たって跳ね返ります)。通常、マルチモード光インターフェイスでは LED を光源として使用します。ただし、LED はコヒーレントな光源ではありません。さまざまな光の波長がマルチモード光ファイバーに放射され、さまざまな角度で光が反射します。光はマルチモード光ファイバー内をジグザグに移動し、信号分散を引き起こします。光ファイバー コア内を移動する光が、ファイバー クラッディング(より低い面持ちインデックス材料のレイヤーで、より大きなオベレス インデックスのコア材料と密接に接触)に放射される場合、高次モード損失(HOL)が発生します。これらの要因は、シングルモード 光ファイバーと比較して、マルチモード ファイバーの伝送距離を低減します。

シングルモード光ファイバーは直径が小さく、光線は 1 つのレイヤーを通じて内部反射します。シングルモード光インターフェイスの場合、光源としてレーザーが使用されます。レーザーが生成する光の波長は 1 つで、光はシングルモード光ファイバー内を直線的に進むのです。シングルモード光ファイバーは、マルチモード光ファイバーよりも帯域幅が広く、信号の通信距離が長くなります。その結果、コストが高くなります。

最大伝送距離を超えた場合に大きな信号損失が発生し、伝送の速度が損なわれる可能性があります。

光ファイバー ケーブル内の減衰と分散

光データ リンクは、受信機に到達する光のモジュール化が適切に復調できるほど十分な電力を備えれば、適切に機能します。 Attenuation とは、伝送中の光信号の強度の低減です。ケーブル、ケーブル スプライス、コネクターなどのパッシブ メディア コンポーネントでは減衰が発生します。光ファイバーは他のメディアよりも減衰が著しく低下しますが、それでもマルチモードおよびシングルモード両方の伝送で減衰が発生します。効率的な光データ リンクは、減衰を克服するために十分な光を伝送する必要があります。

Dispersion とは、時間の一度に信号が拡散する場合です。次の 2 種類の分散が、光データ リンクを介した信号伝送に影響する可能性があります。

  • 色分散:光線の速度の違いによって発生する時間の間に信号が拡散します。

  • モード分散:ファイバーの伝搬モードが異なって発生した時間の間に信号が拡散します。

マルチモード伝送の場合、通常、色分散や減衰ではなく、モード分散が最大ビット レートとリンクの長さを制限します。シングルモード伝送の場合、モード分散は要因ではありません。ただし、ビット レートが高く、距離が長くなると、色分散が最大リンク長を制限します。

効率的な光データ リンクを実現するには、受信機が仕様内で動作する上で最低限必要とする電力を超える十分な光が必要です。さらに、総分散が、Telcordia Technologies ドキュメント GR-253-CORE(Section 4.3)および ITU(International Telecommunications Union)ドキュメント G.957 のリンクのタイプに関して指定された制限内である必要があります。

色分散が許容最大限に達した場合、その影響はパワー バジェット内のパワー ペナルティーと見なされます。光パワー バジェットでは、コンポーネント減衰、パワー ペナルティー(分散によるペナルティーを含む)、予期しない損失に対する安全マージンの合計を許容する必要があります。

アプリケーション デバイスに対する光ファイバー ケーブルのパワー バジェットEX シリーズする

光ファイバー接続が適切に動作するパワーを十分確保するために、光ファイバー ケーブルのレイアウトと距離を計画する際に、リンクのパワー バジェットを計算して、光ファイバー接続の動作を正しく行うのに十分な電力を確保します。パワー バジェットは、リンクから送信できる電力の最大量です。パワー バジェットの計算では、最悪のケースを分析してエラーのマージンを提供します。しかし、実際のシステムではすべてのパーツが最悪ケースのレベルで動作する必要はありません。

リンクの光ファイバー ケーブルのパワー バジェット(PB)の最悪ケースの見積もりを計算するには、次の方法に示します。

  1. リンクの最小トランスミッタ電力(PT)と最小受信機感度( P R )の値を指定します。たとえば、 (PT) および (PR )はデシベルで測定され、デシベルは 1 つのミリワット(dBm)と呼ばれます。

    PT = – 15 dBm

    PR = – 28 dBm

    メモ:

    トランスミッタとレシーバーの仕様を参照して、最小トランスミッタ電力と最小受信機感度を確認してください。

  2. パワー バジェット(PB) から(PR) を引いて計算します

    – 15 dBm – (–28 dBm) = 13 dBm

光ファイバー ケーブルのパワー マージンの計算(EX シリーズ)

パワー マージンを計算する前に、以下を実行します。

光ファイバー ケーブルのレイアウトと距離を計画する際に、リンクのパワー マージンを計算します。光ファイバー接続がシステム損失を克服するのに十分な信号電力を持ち、必要なパフォーマンス レベルでレシーバーの最小入力要件を満たしていることを確認します。パワー マージン(PM)は、減衰またはリンク損失(LL)がパワー バジェット( P B )から引いた後に使用可能な電力量を表します

パワー マージンを計算する場合、最悪のケースを分析してエラーのマージンを提供します。しかし、実際のシステムではすべてのパーツが最悪ケースのレベルで動作する必要はありません。パワー マージン(PM )がゼロより大きい場合、パワー バジェットは受信機の動作に十分であり、受信機の最大入力電力を超えない場合を示します。つまり、リンクが機能するのです。A (PM)がゼロまたはマイナスの場合、レシーバーを動作する電力が不足している。受信機の最大入力電力を見つけるには、受信機の仕様を参照してください。

リンクのパワー マージン(PM)の最悪ケースの推定値を計算するには、次の方法に示します。

  1. 該当するリンク損失要因の推定値を追加して、リンク損失(LL)の最大値を決定します。たとえば、表 1 に示されるさまざまな要因のサンプル値を使用します(リンクは長 2 km、マルチモードで、 (PB) は 13 dBm です)。
    表 1:リンク損失を引き起こす要因の推定値

    リンク損失の要因

    リンク損失の推定値

    サンプル(LL)の計算値

    HOL(高次モード損失)

    • マルチモード:0.5 dBm

    • シングル モード:なし

    • 0.5 dBm

    • 0 dBm

    モーダルおよび色分散

    • マルチモード:なし(帯域幅と距離の製品が 500 MHz/km 未満の場合)

    • シングル モード:なし

    • 0 dBm

    • 0 dBm

    コネクタ

    0.5 dBm

    この例では、5 つのコネクターを想定しています。5 コネクターの損失:

    (5)* (0.5 dBm) = 2.5 dBm

    スプライス

    0.5 dBm

    この例では、2つのスプライスを想定しています。2つのスプライスの損失:

    (2)* (0.5 dBm) = 1 dBm

    ファイバー減衰

    • マルチモード:1 dBm/km

    • シングル モード:0.5 dBm/km

    この例では、リンクの長が 2 km を想定しています。2 km の光ファイバー減衰:

    • (2 km) * (1.0 dBm/km) = 2 dBm

    • (2 km) * (0.5 dBm/km) = 1 dBm

    クロック リカバリー モジュール(CRM)

    1 dBm

    1 dBm

    メモ:

    機器などの要因によって発生する実際の信号損失量の詳細については、その機器のベンダーマニュアルを参照してください。

  2. ( PB) から (LL) を引いて、 ( P M )計算します

    PB – LL = PM

    (13 dBm) – (0.5 dBm [HOL] – (5)* (0.5 dBm)– – (2) * (0.5 dBm)– – (2 km) * (1.0 dBm/km)– (1 dB [CRM] =P M

    13 dBm – 0.5 dBm – 2.5 dBm – 1 dBm – 2 dBm – 1 dBm = PM

    PM = 6 dBm

    計算されたパワー マージンはゼロより大きく、リンクの伝送に十分なパワーを持つことを示します。また、パワー マージン値は受信機の最大入力電力を超えるではありません。~を参照してくださいの入力電力を探すレシーバーの仕様を入力します。