Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

光ファイバー ケーブルの保守

光ファイバー ケーブルの接続

光ファイバー ケーブルをデバイスに取り付けた光トランシーバに接続する前に、レーザーを安全に取り扱うために必要な対策を講じていたことを確認してください( レーザーおよび LED の安全性ガイドラインと警告を参照してください)。

光ファイバー ケーブルをデバイスに取り付けた光トランシーバに接続するには、次の手順に従います。

レーザーに関する警告:

光ファイバー トランシーバや光ファイバー ケーブルの端を直接見ないでください。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性のあるレーザー光を放射します。

  1. 光ファイバー ケーブルのコネクターがゴム製安全キャップで覆われている場合、キャップを取り外します。キャップを保管します。
  2. 光トランシーバからゴム製安全キャップを取り外します。キャップを保管します。
  3. ケーブル コネクターを光トランシーバに挿入します(図 1 を参照)。
    図 1:光ファイバー ケーブルをデバイス Connect a Fiber-Optic Cable to an Optical Transceiver Installed in a Deviceに取り付けた光トランシーバに接続する
  4. ケーブルが自重を支えないように、ケーブルを固定します。余ったケーブルをきちんとループ状に巻き付けて、外に出します。ループにファスナーを付けると、ケーブルの形状が維持されます。
    注意:

    光ファイバー ケーブルを最小曲げ半径を超えて曲げないでください。直径数インチ未満の円弧がケーブルを損傷し、診断が困難な問題を引き起こす可能性があります。

    光ファイバー ケーブルをコネクターからつり下げないでください。ループで締め付けたケーブルをぶら下げないでください。つまり、ケーブルの締結ポイントにストレスを与えます。

光ファイバー ケーブルの取り外し

光ファイバー ケーブルを光トランシーバから取り外す前に、レーザーを安全に取り扱う上で必要な対策を講じていたことを確認してください。 レーザーとLEDの安全性に関するガイドラインと警告を参照してください

次のパーツとツールが用意されていることを確認します。

  • トランシーバを覆うゴム製安全キャップ

  • 光ファイバー ケーブル コネクターを覆うゴム製安全キャップ

ジュニパーネットワークスのデバイスには、光ファイバー ケーブルを接続できる光トランシーバがあります。

デバイスに取り付けられている光トランシーバから光ファイバー ケーブルを取り外するには、次の手順に従います。

  1. 以下のコマンドを発行して、トランシーバがインストールされているポートを無効にします。
    レーザーに関する警告:

    光ファイバー トランシーバや光ファイバー ケーブルの端を直接見ないでください。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性のあるレーザー光を放射します。

  2. 光ファイバー ケーブルのコネクターをトランシーバから慎重に取り外します。
  3. トランシーバをゴム製安全キャップで覆います。
    レーザーに関する警告:

    ケーブルを挿入または取り外す場合を除き、光ファイバー トランシーバを未開のままにしないでください。ゴム製安全キャップはポートを清潔に保ち、レーザー光に誤ってさらされないように目を保護します。

  4. 光ファイバー ケーブルのコネクターをゴム製安全キャップで覆います。

光ファイバー ケーブルの取り扱い方法

光ファイバー ケーブルは、ジュニパーネットワークスデバイスに設置された光トランシーバに接続します。

光ファイバー ケーブルを取り扱う場合は、次のガイドラインに従ってください。

  • 光ファイバー ケーブルをトランシーバから取り外す場合、トランシーバとケーブルの端にゴム製安全キャップを付けます。

  • コネクターへの応力を防ぐよう、光ファイバー ケーブルを固定します。光ファイバー ケーブルをトランシーバに取り付ける場合、重みで床に吊り下がらないように、必ず光ファイバー ケーブルを固定してください。決して光ファイバー ケーブルをコネクターからつり下げないで下さい。

  • 最小曲げ半径を超えた曲げ光ファイバー ケーブルは避けてください。光ファイバー ケーブルを直径数インチ未満の円弧に曲げると、ケーブルが損傷し、診断が困難な問題が発生する可能性があります。

  • 光学機器に光ファイバー ケーブルを頻繁に差し込み、取り外す場合、機器が損傷する可能性があります。機器は修理にコストがかかります。過度な使用による損傷を防ぐために、短い光ファイバー延長ケーブルを光学機器に取り付けます。短い光ファイバー延長は、頻繁な着脱により摩耗を吸収します。これは、機器よりも交換が容易で安価です。

  • 光ファイバー ケーブルの接続部を汚れないようにします。トランシーバの管またはケーブル コネクターの油やほこりの微小な付け根は、光の損失、信号電力の減少、光接続の断続的な問題を引き起こす可能性があります。

    • トランシーバの管をクリーニングするには、RIFOCS Fiber Optic Adaptor Cleaning Wands(パーツ番号 946)などの適切な光ファイバー クリーニング デバイスを使用します。使用するクリーニング キットの指示に従ってください。

    • トランシーバをクリーニングした後、光ファイバー ケーブルのコネクター先端が汚れているか確認します。アルコールを含まない承認された光ファイバー ケーブル クリーニング キット(Opptex Cletop-S®Fiber Cleaner など)のみを使用してください。使用するクリーニング キットの指示に従ってください。