Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

アンテナケーブルの仕様

アンテナケーブルの仕様

次のトポロジ(図1)は、アンテナケーブルの接続とコネクタタイプを示しています。このトポロジーを例として使用して、アンテナ・ケーブルを取り付けます。

図1:ケーブル接続

ジュニパーは、以下のケーブルでこのトポロジーをテストしています。

GNSS受信機を雷サージから保護するために、サージプロテクタを必ず取り付ける必要があります。屋外アンテナの横にあるサージプロテクタは、安全認定を受けたアンテナサージプロテクタ(UL497Bまたはその同等のIEC認定)である必要があります。 図1 に示すトポロジーは、TVA-03CおよびTVA-03Vサージプロテクタを使用しています。TVAサージプロテクタの詳細については、 同軸避雷器TVA-03を参照してください。

手記:

サージプロテクタが接地されていることを確認する必要があります。TVA-03CおよびTVA-03Vサージプロテクタを接地するには、10AWGから12AWGのアース線を使用します。サージプロテクタの接地の詳細については、 サージ保護デバイスのドキュメントのダウンロードを参照してください。

次のセクションでは、アンテナケーブルの仕様について説明します。

LMR400(10mセグメント)ケーブルの仕様

電気的特性

インピーダンス

50 Ω

周波数

直流-3 GHz

定格電圧

335 実効値 (実効値)

誘電体耐性電圧

> 1000 V

絶縁抵抗

> 5000MΩ

LMR400(95mセグメント)ケーブルの仕様

電気的特性

インピーダンス

50 Ω

周波数

直流-3 GHz

定格電圧

335 実効値 (実効値)

誘電体耐性電圧

> 1000 V

絶縁抵抗

> 5000MΩ

RG-58(5mセグメント)ケーブルの仕様

RG58

インピーダンス

50 ± 2 Ω

静電容量

100 pF/m

速度比

66 %

抵抗

内部導体 - 36, 5 Ω/km

ブレイド- 14 Ω/キロ

緊張

シースおよびスパークテスト-4,0 kV

ケーブル接続のガイドライン

ケーブルを取り付ける際は、次のガイドラインに従ってください。

  • GNSSドングルが衛星を追跡でき、ロックを取得できることを確認します。

  • ケーブルのエンドポイントとコネクタに曲がりや損傷がないか調べます。

  • 内部導体と外部導体の両方について、ケーブルの電気的導通を確認します。

  • ケーブルに電気的短絡がないか確認します。

  • ケーブルの外側シースに損傷がないか調べます。