Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

Navigation
Guide That Contains This Content
[+] Expand All
[-] Collapse All

    EX4500 スイッチからのアップリンク モジュールの取り外し

    EX4500 スイッチのアップリンク モジュールは、ホットリムーブおよびホットインサートが可能なフィールド交換可能ユニット(FRU)です。電源をオフにしたり、スイッチ機能を中断することなく、取り外しや交換を行うことができます。

    EX4500 スイッチには 2 つまでの SFP+ アップリンク モジュールを設置することができます。両方のアップリンク モジュールはシャーシ前面に水平に設置します。EX4500 スイッチのフロントパネルを参照してください。

    スイッチからアップリンク モジュールの取り外しを開始する前に、以下のことを行います。

    次の部品と工具が利用可能であることを確認します。

    • 静電気放電 (ESD) 接地ストラップ
    • Phillips プラスねじ回し、2 号
    • 交換用アップリンク モジュールまたはカバー パネル
    • 帯電防止バッグまたは静電防止マット

    注意: スイッチが作動中は、長時間アップリンク モジュール スロットを空のままにしないでください。即座にアップリンク モジュールを交換するか、または空のスロットにカバー パネルを入れてください。

    スイッチからアップリンク モジュールを取り外すには、次の手順を行います(図 1を参照してください)。

    1. 静電気放電(ESD)接地ストラップを手首に直接付けて、シャーシの ESD ポイントにストラップをつなぎます。
    2. Phillips ねじ回し 2 号を使用して、エジェクタ レバーの拘束ねじを緩めます。
    3. 完全に開くまで、両方のエジェクタ レバーを外側に引きます。
    4. 両手を使用して、ゆっくりとエジェクタ レバーを引いて、アップリンク モジュールを約半分ほどシャーシの外側に引き出します。
    5. 両手を使用して、アップリンク モジュールの前の端を持ち、シャーシから完全に取り出します。
    6. アップリンク モジュールを帯電防止バッグに入れるか、平らで安定した面の上に敷いた静電防止マットの上に置きます。

    Published: 2011-04-01