Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

Navigation
Guide That Contains This Content
[+] Expand All
[-] Collapse All

    EX3200 または EX4200 スイッチからのアップリンク モジュールの取り外し

    EX3200 または EX4200 スイッチにオプションのフィールド交換可能ユニット(FRU)アップリンク モジュールが含まれている場合は、スイッチの正面パネルに設置します。さまざまなタイプのアップリンク モジュールについては EX3200 および EX4200 スイッチのアップリンク モジュールに記載されています。

    EX3200 および EX4200 スイッチのアップリンク モジュールはホットリムーブとホットインサートが可能な FRU です。電源をオフにしたり、スイッチ機能を中断することなく、取り外しや交換を行うことができます。

    注: 仮想シャーシ ポート(VCP)としてアップリンク モジュール ポートを設定した場合は、アップリンク モジュールを取り外すと設定はなくなります。モジュールを交換した後に、VCP としてポートを初期化しなければなりません。仮想シャーシ ポート(VCP)としてのアップリンク モジュール ポートの設定を参照してください。

    EX3200 または EX4200 スイッチからアップリンク モジュールの取り外しを開始する前に、以下のことを行います。

    次の部品と工具が利用可能であることを確認します。

    • 静電気放電 (ESD) 接地ストラップ(接地ストラップが使用できない場合は、次の手順の 1 番目に記載されている代替の設置方法に従います。)
    • プラスのねじ回し(アップリンク モジュール キットに付属)
    • 帯電防止バッグまたは静電防止マット

    EX3200 または EX4200 スイッチからアップリンク モジュールを取り外すには、以下の手順を行います。

    1. 静電気放電(ESD)接地ストラップを手首に直接付けて、シャーシの ESD ポイントにストラップをつなぎます。

      接地ストラップが使用できない場合は、一方の手でスイッチの露出した金属の部分を触って、自分自身とコンポーネントを接地します。

    2. アップリンク モジュール キットに付属しているプラスのねじ回しを使用して、スイッチの正面パネルにあるアップリンク モジュール スロットに入っている跳ね上げ式のドアを固定しているねじを緩めます。そうして跳ね上げ式のドアを上げます。
    3. アップリンク モジュールの正面パネルの鍵穴にねじ回しの丸い先を挿入して、ねじ回しを鍵穴の狭い部分に差し込みます(図 1を参照してください)。

      注意: アップリンク モジュールをスイッチ シャーシの外側に引っ張るときに、ねじ回しが鍵穴の外側に滑らないように注意します。

    4. 両手を使用して、ねじ回しを押し、アップリンク モジュールを約半分ほどシャーシの外側にゆっくりと引き出します(図 2を参照してください)。
    5. 片手をアップリンク モジュールの下において支えながら、モジュールをシャーシから完全に引き出します。
    6. ねじ回しを鍵穴から引き出します。
    7. アップリンク モジュールを帯電防止バッグに入れるか、平らで安定した面の上に敷いた静電防止マットの上に置きます。

    Published: 2011-04-01