Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

Navigation
Guide That Contains This Content
[+] Expand All
[-] Collapse All

    EX8216 スイッチからの RE モジュールの取り外し

    モジュールの交換が必要な場合は、EX8216 スイッチ シャーシからルーティング エンジン(RE)モジュールを取り外さなければなりません。

    注意: RE モジュールをエジェクタ レバーを使用して持ち上げないで下さい。レバーはモジュールの重量をサポートできません。レバーでモジュールを持ち上げると、レバーが曲がる場合があります。曲がったレバーは、RE モジュールが正しくシャーシに収まるのを妨げます。

    RE モジュールの取り外しを開始する前に、以下のことを行います。

    RE モジュールを取り外すには、次の部品と工具が利用可能であることを確認します。

    • 静電気放電 (ESD) 接地ストラップ
    • Phillips プラスねじ回し、2 号
    • 帯電防止バッグまたは静電防止マット
    • 交換用 RE モジュールまたは RE モジュールスロット用カバー パネル

    EX8216 スイッチから RE モジュールを取り外すには、以下の手順で行います(図 1を参照してください)。

    1. RE モジュールをオフラインにします。EX8216 スイッチの RE モジュールのオフライン化 を参照してください。
    2. 静電気放電(ESD)接地ストラップを手首に直に装着し、シャーシの ESD ポイントの 1 つにストラップをつなぎます。
    3. 帯電防止バッグまたは静電気防止マットを安定した平坦な表面に置きます。
    4. ねじ回しを使用して、RE モジュールの各側のねじを反時計方向に回して完全に緩めます。
    5. 両方のエジェクタ レバーを最大限まで外側に引っ張り、RE モジュールのフェースプレートから離します。この動作によって、RE モジュールがシャーシから少し出るようになります。
    6. エジェクタ レバーを握り、RE モジュールを約半分引き出します。
    7. リード、ピン、またはハンダ接続部に触れないように注意しながら、RE モジュールの下に片手を置いてサポートし、シャーシから完全に取り出します。
    8. RE モジュールを帯電防止バッグに入れるか、静電防止マットの上に置きます。
    9. RE モジュールを交換しない場合は、空のスロットにカバー パネルを入れ、カバー パネルの両面の穴にねじを挿入し、ねじ回しを使用して、ねじを締めます。

    図 1: EX8216 スイッチからの RE モジュールの取り外し

    Image g020615.gif

    Published: 2011-04-01