Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

Navigation
Guide That Contains This Content
[+] Expand All
[-] Collapse All

    EX8200 スイッチへのライン カードの設置

    EX8200 スイッチはフィールド交換可能ユニット(FRU)ライン カードがあり、スイッチ シャーシの前面のライン カード スロットに設置することができます。ライン カードは、ホットインサートとホットリムーブが可能です。電源をオフにしたり、スイッチ機能を中断することなく、取り外しや交換を行うことができます。

    スイッチにライン カードを設置する前に、以下を行います。

    スイッチにライン カードを設置するには、次の部品と工具が利用可能であることを確認します。

    • 静電気放電(ESD)接地ストラップ
    • Phillips プラスねじ回し、2 号

    スイッチにライン カードを設置するには、次の手順に従います(図 2を参照してください)。

    1. 静電気放電(ESD)接地ストラップを手首に直接付けて、スイッチ シャーシの ESD ポイントにストラップをつなぎます(図 1を参照してください)。EX8208 および EX8216 スイッチの ESD ポイントは同じ位置です。

      図 1: EX8200 スイッチ シャーシの ESD ポイントの位置

      Image g020510.gif
    2. ライン カード スロットにカバー パネルがある場合は、ねじ回しを使用して、カバー パネルの両側にある拘束ねじを取り外します。今後の使用のために、カバー パネルとねじは保管します。

      注意: フェースプレートまたはエッジ コネクタのエジェクタ レバーを持ってライン カードを持ち上げないで下さい。レバーはライン カードの重量をサポートできません。レバーでライン カードを持ち上げると、レバーが曲がる場合があります。レバーが曲がることにより、ライン カードがシャーシに正しく入らなくなります。

    3. ライン カード コンポーネント、ピン、リード、またはハンダ接続部に触れないように注意して、ラインカードをバッグから取り出してください。
    4. ライン カードのフェースプレートにあるエジェクタ レバーをしっかりと握り、完全に開くまで外側に引きます。

      注意: スイッチ シャーシのスロットにライン カードをスライドして挿入する前に、ライン カードが正しく整列していることを確認します。不均等に並んでいると、ピンが曲がり、ライン カードが使用不可能になります。

    5. 一方の手をライン カードのフェースプレートの周りに、もう一方の手をライン カードの下に置き、支えます。

      注意: EX8200 スイッチのライン カードの重量は 4.5 kg 以上あります。ライン カードをシャーシに挿入するときには、全重量を受け止める準備をしてください。

    6. ライン カードを持ち上げ、フェースプレートが手前に来るようにシャーシにライン カードを設置します。ライン カードの両側はスイッチ シャーシのライン カード スロットにあるガイドと合います。
    7. 両手を使用して、ライン カードをゆっくりと完全に収まるまでスロットにスライドさせます。

      注: スロットに正しく挿入するには、ライン カードを少しだけ持ち上げる必要がある場合があります。

    8. ライン カードの両方のエジェクト レバーをしっかりと握り、ライン カードが完全に収まるまで同時に内側に押し込みます。ON LED が緑になると、ライン カードは利用可能です。

      注意: ON LED が緑になった後に、他のライン カードの設置またはライン カードの取り外しをする前に少なくとも 30 秒待ちます。

    9. ねじ回しを使用して、ライン カードのフェースプレートにある拘束ねじを締めます。

    図 2: EX8200 スイッチ シャーシへのライン カードの設置

    Image g020634.gif

    show chassis fpc および show chassis fpc pic-status コマンドを発行して、ライン カードが正しく機能していることを確認できます。

    注: Juniper J-Care サービス契約をしている場合は、ハードウェア コンポーネントの追加、変更または更新をhttps://www.juniper.net/customers/csc/management/updateinstallbase.jspで登録してください。この登録をしていただかないと、部品の交換が必要な場合に、著しい遅れが発生することになります。これはこのタイプのライン カードの交換に適用します。同じタイプのコンポーネントの交換につきましては、対象外となります。

    Published: 2011-04-01