Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

Navigation
Guide That Contains This Content
[+] Expand All
[-] Collapse All

    EX4500 スイッチからのイントラコネクト モジュールの取り外し

    EX4500 スイッチのイントラコネクト モジュールを交換する場合は、このトピックで説明している手順を使用して、イントラコネクト モジュールを取り外します。

    イントラコネクト モジュールはスイッチの背面に水平に設置します。

    注: イントラコネクト モジュールのない EX4500 スイッチの操作はサポートされていません。

    EX4500 スイッチからイントラコネクト モジュールを取り外す前に、以下のことを行います。

    次の部品と工具が利用可能であることを確認します。

    • 静電気放電 (ESD) 接地ストラップ
    • Phillips プラスねじ回し、2 号
    • 交換用イントラコネクト モジュール(モジュールを取り外した後、すぐに交換モジュールを設置します)モジュールのないスイッチの操作はサポートされません。
    • 帯電防止バッグまたは静電防止マット

    注: イントラコネクト モジュールを取り外す前に、EX4500 スイッチからファン トレーを取り外さなければなりません。EX4500 スイッチからのファン トレーの取り外しを参照してください。

    スイッチからイントラコネクト モジュールを取り外すには、次の手順を行います(図 1を参照)。

    1. request system halt CLI コマンドを使用してスイッチを一時停止します。
      user@switch> request system halt

      スイッチが一時停止されたことを確認するメッセージが表示されるまで待ちます。

    2. 次のうちの 1 つを実行して、スイッチへの電源を遮断します。
      • AC 電源コンセントに電源スイッチがある場合は、スイッチを OFF(0)位置にセットします。
      • AC 電源コンセントに電源スイッチがない場合は、電源コンセントに接続している電源コードのオスの端をゆっくりとコンセントから引きます。
    3. 静電気放電(ESD)接地ストラップを手首に直接付けて、シャーシの ESD ポイントにストラップをつなぎます。
    4. EX4500 スイッチからファン トレーを取り外します。EX4500 スイッチからのファン トレーの取り外しを参照してください。
    5. Phillips ねじ回しを使用して、モジュールの前面フェースプレートにある拘束ねじを緩めます。
    6. 図 1 の図の通りにモジュールの下に指を置き、外側へ引き、モジュールを取り出します。

      注: 拘束ねじを使用して、シャーシからモジュールを引き出さないで下さい。モジュールの前面端の下から引きます。

    7. 両手を使って、イントラコネクト モジュールを約半分ほどシャーシの外側にゆっくりと引き出します。
    8. 片方の手をモジュールの下において支えながら、モジュールをシャーシから完全に引き出します。
    9. イントラコネクト モジュールを帯電防止バッグに入れるか、平らで安定した面の上に敷いた静電防止マットの上に置きます。

    即座に交換用イントラコネクト モジュールを設置します。EX4500 スイッチへのイントラコネクト モジュールの設置を参照してください。

    図 1: EX4500 スイッチからのイントラコネクト モジュールの取り外し

    Image g020855.gif

    注: Juniper J-Care サービス契約をしている場合は、ハードウェア コンポーネントの追加、変更または更新をhttps://www.juniper.net/customers/csc/management/updateinstallbase.jspで登録してください。この登録をしていただかないと、部品の交換が必要な場合に、著しい遅れが発生することになります。このことは、電源装置タイプの変更、または新しいタイプのアップリンク モジュールの追加にも適用します。同じタイプのコンポーネントの交換につきましては、対象外となります。

    Published: 2011-04-01