Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

Navigation
Guide That Contains This Content
[+] Expand All
[-] Collapse All

    ラックまたはキャビネットへの EX8216 スイッチの取り付け

    EX8216 スイッチは、シャーシに前面取り付けブラケットが設置されて出荷されます。それはスイッチを 19 インチの設備ラックまたはキャビネットに取り付けるためです。(このトピックのこれ以降では、「ラック」を「ラックとキャビネット」という意味で使用します。)また、スイッチには調節可能な取り付けブラケットが付属していて、ラックにあるスイッチを支えます。

    4 本柱ラックでは、スイッチにオプションの電源コード トレーがない場合は 21 U を必要とし、オプションの電源コード トレーがある場合だと 22 U が必要です。2 本柱ラックへの設置はサポートされません。スイッチの合計の重量をサポートできる強度要件を満たすラックであれば、42 U の 4 本柱ラックへの 2 台のスイッチを取り付けることができます。

    警告: スイッチのサイズと重量によって、スイッチを設置するときにリフト機の使用が必要になります。

    注意: ラックに 1 台以上のスイッチを設置する場合には、1 台目をラックの一番下に設置します。

    注意: ラックにシャーシがしっかりと取り付けられるまでは、シャーシにライン カードを取り付けてはいけません。

    ラックへ EX8216 スイッチを取り付ける前に、以下の手順を行います。

    1. EX8200 スイッチの設置場所準備に関するチェックリストでの説明通りに設置場所が設置条件を満たしていることを確認します。
    2. 換気と保守に十分なすき間を確保して、ラックをその恒久的な場所に配置し、建物にラックを固定します。詳細についてはEX8216 スイッチの換気とハードウェア保守用のすき間の要件を参照してください。
    3. EX8200 スイッチの開梱での説明通りにスイッチを開梱します。
    4. 4 本柱ラックの希望する位置に調節可能取り付けブラケットを設置します(EX8200 スイッチのラックまたはキャビネットへの調整可能取り付けブラケットの設置を参照してください)。
    5. オプションとして、電源コード トレーを設置すると、電源装置のコードの整理に使用できます(EX8200 スイッチのラックまたはキャビネットへの電源コード トレーの設置)。
    6. EX8200 スイッチのシャーシの持ち上げに関するガイドラインに特に注意を払ってEX シリーズ スイッチの安全性に関する一般的なガイドラインと警告を読みます。

    スイッチをラックに取り付けるには、次の部品と工具が利用可能であることを確認します。

    • リフト機
    • Phillips プラスねじ回し 2 号または 3 号。ラックの取り付けねじのサイズによります。
    • ラックに適切な取り付けネジ 20 本

    ラックに EX8216 スイッチを取り付けるには、以下の手順を行います(図 2を参照してください)。

    1. 4 本柱ラックの希望する位置に調節可能取り付けブラケットを設置します(EX8200 スイッチのラックまたはキャビネットへの調整可能取り付けブラケットの設置を参照してください)。オプションの電源コード トレーを設置する予定がある場合は、調節可能取り付けブラケットの下に少なくとも 1 U のスペースを残します(EX8200 スイッチのラックまたはキャビネットへの電源コード トレーの設置を参照してください)。電源コード トレーはオプションです。
    2. リフト機にスイッチを搭載し、リフトのプラットフォームに確実に載っていることを確認します。図 1 を参照してください。

      図 1: リフト機を使用したスイッチ シャーシの設置

      Image g020630.gif
    3. リフトを使用して、スイッチをラックまたはキャビネットの前に置き、ラックに設置した調節可能取り付け用ブラケットの中央に来る位置に配置します。
    4. シャーシを調節可能取り付けブラケットの表面の上に1.9 cm 持ち上げます。取り付けブラケットのサポートにできるだけ近い位置になるようにシャーシをラックに置きます。
    5. 正しい位置になるように、シャーシの低い側にあるハンドルを使用して、シャーシに装着している前面取り付けブラケット(「耳」)がラック レールに接触するまで注意深くスイッチを調節可能取り付けブラケットに移動させます。ラックに設置されている調節可能取り付けブラケットは、前面取り付けブラケットにある穴とラック レールにある穴を合わせることを確実にします。
    6. リフトを移動してラックから遠ざけます。
    7. シャーシがラックの前面と同一面になることを確認します。
    8. ラックと合わせた前面の各取り付け穴に、下の穴から取り付けねじを取り付けます。
    9. スイッチの位置を目視で検査します。スイッチがラックに適切に設置されている場合、ラックの片側の取り付けねじはすべて、反対側の取り付けねじと一列に並び、スイッチは水平になります。
    10. スイッチが適切に並べられたことを確かめた後に、ねじを締めます。
    11. ラック(ユーザーが用意)に対応した 20 本のねじを合わせた穴に挿入します。適切な Phillips プラスねじ回しを使用して、ねじをラック レールに締めます。

    注意: 安全および電磁妨害(EMI)の要件を満たし、正常な運転を保証するには、EX8200 スイッチを電源に接続する前に、スイッチをアースに接続する必要があります。設置の際に、別の接地線がシャーシに必要な場合は、スイッチ シャーシの 2 つの保護用接地端子うちの 1 つを使用して、アースに接続します。別の接地線を使用して、EX8200 スイッチをアースに接続する方法については、EX シリーズ スイッチへの接地線の接続を参照してください。

    図 2: 4 本柱ラックへの EX8216 スイッチの取り付け

    Image g020636.gif

    Published: 2011-04-01