Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

Navigation
Guide That Contains This Content
[+] Expand All
[-] Collapse All

    リフト機を使用しない、ラックまたはキャビネットからの EX8208 スイッチの取り外し

    リフト機を使用できない場合、手動で設置できます(リフト機の使用を推奨)。

    注意: バックプレーンのみで他のコンポーネントが取り付けられていないシャーシの重量は約 41 kg です。シャーシを持ち上げて、ラックまたはキャビネットから取り外すには、少なくとも 3 人が必要です。

    シャーシにはハンドルが 2 つあります。ハンドルを使用して完全にロードされているシャーシを持ち上げないでください。持ち上げる前にシャーシが空であることを確認してください。2 人がシャーシを持ち上げるハンドルを使用して、シャーシを持ち上げる場合、3 人目はシャーシの背面からシャーシを持ち上げなければなりません。シャーシの背面は、前面よりも重くなっているので、ハンドルを使用してシャーシを持ち上げる場合は、シャーシは重いほうの背面の端に向けて傾きます。背面から持ち上げる人は、このことに注意し、シャーシが転倒しないように支えなければなりません。

    シャーシを持ち上げるときは、シャーシの上部の前方の青いパネルにあるスイッチを握らないようにします。そうすると、パネルがスイッチから外れる原因になります。

    注意: ラックから 1 台以上のスイッチを取り外す場合は、上にあるスイッチを取り外します。ラックまたはキャビネットの上の位置にあるスイッチを取り外すには、リフトを使用することをお勧めします。

    スイッチを取り外す前に、以下のことを行います。

    スイッチを取り外すには、次の部品と工具が利用可能であることを確認します。

    • Phillips プラスねじ回し 2 号または 3 号。ラックの取り付けねじのサイズによります。

    ラックからスイッチを取り外すには、以下の手順を行います(図 1を参照してください)。

    1. 適切な Phillips プラスねじ回しを使用して、ラックまたはキャビネットにシャーシ前面取り付けブラケットを装着している取り付けねじ 24 本を外します。

      警告: けがを防ぐため、背筋を伸ばして、腰を曲げずに脚を使って持ち上げます。持ち上げるときに体をねじらないようにします。負荷のバランスを均等に保ち、足元がしっかりしている必要があります。

    2. 両側に 1 人ずつ、そして背面に 1 人で、シャーシの下をしっかりつかみ、注意深く持ち上げてラックに装着されている調節可能取り付けブラケットを取り出します。パレット ジャックがある場合は、スイッチをパレット ジャックに移動します。

      図 1: リフト機を使用しない、EX8208 スイッチ シャーシの取り外し

      Image g020560.gif
    3. 慎重にシャーシを新しく置く場所に移動します。

    スイッチを新しい場所に移動した後に、シャーシにコンポーネントを再度設置するか、またはコンポーネントを帯電防止バッグに保存します。以下のトピックを参照してください。

    Published: 2011-04-01