Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

Navigation
Guide That Contains This Content
[+] Expand All
[-] Collapse All

    EX8200 スイッチまたはコンポーネントの梱包

    修理または交換のために、EX8200 スイッチまたはコンポーネントを Juniper Networks に返却する場合は、このトピックで説明されている通りに梱包します。

    スイッチまたはコンポーネントの梱包を開始する前に、以下のことを確認します。

    このトピックでは、以下について説明します。

    1. EX8200 スイッチの梱包
    2. EX8200 スイッチ コンポーネントの輸送用梱包

    EX8200 スイッチの梱包

    スイッチを別の場所に移動したり、Juniper Networks に返却する場合は、輸送中の破損を防ぐために元の梱包方法でしっかりとスイッチを梱包する必要があります。

    スイッチを梱包する前に、以下の手順を行います。

    1. スイッチの電源を切ります。EX8200 スイッチの電源オフを参照してください。
    2. すべての導線、プラグおよび電源コードをスイッチから取り外します。
    3. すべてのラインカードを取り外し、元の輸送用コンテナに梱包します。EX8200 スイッチに使用されているライン カードの梱包を参照してください。
    4. カバー パネルを空いているスロットに挿入します。

    シャーシに設置されて納品されたコンポーネントはそのままシャーシに入れたままにします。

    注: スイッチと同時に注文したライン カードはすべて別途発送します。スイッチとライン カードを一緒に梱包しないで下さい。

    スイッチを梱包するには、次の部品と工具が利用可能であることを確認します。

    • 7/16 インチまたは 11 mm のオープンエンド スパナまたはソケット レンチ(シャーシおよび輸送パレットにあるブラケット ボルトを設置するため)
    • 元のスイッチ梱包資材(木製パレット、ダンボール製箱、付属品箱とその内容物、発泡スチロール製緩衝材、ブラケットおよびシャーシをパレットに装着するためのブラケット ボルト)
    • 静電気放電 (ESD) 接地ストラップ

    EX8200 スイッチはダンボール製箱に入れて出荷されます。箱は 2 層の木製パレットが土台になっていて、2 層間には発泡スチロール製の緩衝材が入っています。スイッチ シャーシは、シャーシの両側に各 2 つ使用する計 4 つのパレット ファスナで、パレット土台に固定されます。

    注意: 本スイッチは、輸送用箱で最大限保護されています。元の輸送用箱にのみスイッチを梱包し、元の木製輸送用パレットにボルトでしっかり固定します。

    元のコンテナ以外にスイッチを入れないでください。それは輸送中の破損の原因となる場合があります。

    スイッチを梱包するには、以下の手順を行います(図 2を参照してください)。

    1. できるだけスイッチに近い作業場所に木製パレットと梱包用資材を移動します。シャーシをラックまたはキャビネットから木製パレットに移動するために十分なスペースがあることを確認します。
    2. ラックまたはキャビネットからスイッチを移動します。EX8208 スイッチの場合は、リフト機を使用してのラックまたはキャビネットからの EX8208 スイッチの取り外しまたはリフト機を使用しない、ラックまたはキャビネットからの EX8208 スイッチの取り外しを参照してください)。EX8216 スイッチの場合は、ラックまたはキャビネットからの EX8216 スイッチの取り外しを参照してください。

      シャーシを輸送用パレットに移動します(EX8200 スイッチのシャーシの持ち上げに関するガイドラインを参照してください)。パレットにスイッチを置き、パレットにシルクスクリーン捺染法で「front(前面)」と印されている面とスイッチの前面を向かい合わせにします。パレットにはクロップ マークがあり、シャーシを配置する場所を分かりやすくしています。

    3. 7/16 インチまたは 11-mm のオープンエンド スパナまたはソケット レンチを使用して、4 組のブラケットとボルトのセットを設置して、シャーシを木製パレットに固定します。
    4. プラスチック製カバーでスイッチ シャーシを覆います。プラスチック製カバーはスイッチの元の梱包資材に含まれています。
    5. シャーシの上部に発泡スチロール製緩衝材を敷きます。
    6. 箱に電源コードを入れます。
    7. ラックまたはキャビネットから調節可能取り付けブラケットを取り外し、ブラケットと接続ネジを付属品箱に入れます。
    8. 付属品箱を発泡スチロール製緩衝材の空いているところに入れます。EX8208 スイッチの部品表 (梱包内容一覧)またはEX8216 スイッチの部品表 (梱包内容一覧)を参照して、付属品箱のすべての内容物が箱に入れたことを確認します。
    9. ダンボール製箱をシャーシの上にスライドさせ、箱の矢印が上を向いていて、ダンボール製箱を木製パレットを固定しているパレット ファスナが底面近くにあることを確認します。
    10. パレット付属の 4 つのパレット ファスナを使用して、ダンボール製箱を木製パレットに装着します。図 1 を参照してください。各パレット ファスナのくぼみ部分にある 2 つの端(ひれ)を同時に押し、ダンボール製箱にある対応するスロットに各ファスナをスライドさせます。それから押さえている端を離して、ラッチを固定します。

      図 1: ダンボール製箱へのパレット ファスナの挿入

      Image g020528.gif
    11. 正確に追跡できるように、RMA 番号を箱の外側に書いてください。

    図 2: EX8200 スイッチの梱包

    Image g020573.gif

    EX8200 スイッチ コンポーネントの輸送用梱包

    EX8200 スイッチ コンポーネントを梱包するには、次の方法に従います。ライン カードの梱包方法は、EX8200 スイッチに使用されているライン カードの梱包を参照してください。

    スイッチ コンポーネントの梱包を開始する前に、以下の部品と工具が利用可能であることを確認します。

    • 帯電防止バッグ、コンポーネントごとに各 1 つ
    • 静電気放電 (ESD) 接地ストラップ

    注意: スイッチ コンポーネントを積み重ねないでください。輸送用の箱に 1 列で同時に梱包できない場合は、コンポーネントを個別に別の箱に入れます。

    EX8200 スイッチ コンポーネントを梱包するには、以下を行います。

    • コンポーネントを個別に帯電防止バッグに入れます。
    • 使用できる場合は、元の梱包資材を使用してください。元の梱包資材がない場合は、コンポーネントを適切に梱包し、輸送中の破損を防ぐようにします。使用する梱包資材は、コンポーネントの重量を支えることが可能でなければなりません。
    • コンポーネントが十分に梱包資材で包装され、適切に保護されていることを確認します。コンポーネントを特大の箱(元の箱がない場合)に入れ、必要以上の梱包資材をユニットの周りに入れて梱包します。そうすることで、コンポーネントが箱の中で移動することを防ぎます。
    • テープで箱をしっかりと閉じます。
    • 正確に追跡できるように、RMA 番号を箱の外側に書いてください。

    Published: 2011-04-01