Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

Navigation
Guide That Contains This Content
[+] Expand All
[-] Collapse All

    EX4500 スイッチへの電源装置の設置

    EX4500 スイッチの電源装置は、ホットリムーブおよびホットインサートが可能なフィールド交換可能ユニット(FRU)です。電源をオフにしたり、スイッチ機能を中断することなく、取り外しや交換を行うことができます。

    スイッチに AC 電源装置を設置する前に、以下のことを行います。

    注: 各電源装置は、専用の電源コンセントに接続しなければなりません。

    スイッチに電源装置を設置するには、次の手順を行います(図 1を参照してください)。

    1. 正しい電源装置があることを確認します。電源装置のエジェクタ レバーの色は、ファン トレーの排気口から見える吸気または排気ラベルの色と同じでなければなりません。EX4500 スイッチの AC 電源を参照してください。

      注意: 不適切な電源装置でスイッチを操作すると、シャーシへの過熱を引き起こす場合があります。

    2. 静電気放電(ESD)接地ストラップを手首に直接付けて、シャーシの ESD ポイントにストラップをつなぎます。
    3. 電源装置にカバー パネルが入っている場合は、カバー パネルのハンドルを外側に引っ張り、取り外します。今後の使用のために、カバー パネルは保管します。
    4. 電源装置ピン、リード、またはハンダ接続部に触れないように注意して、電源装置をバッグから取り出します。
    5. 両手を使用して、スイッチの背面パネルの電源装置スロットに電源装置を配置し、全体が収まるまで挿入します。シャーシに電源装置が完全に収まると、カチッという音がします。

    図 1: EX4500 スイッチへの電源装置の設置

    Image g020832.gif

    注: Juniper J-Care サービス契約をしている場合は、ハードウェア コンポーネントの追加、変更または更新をhttps://www.juniper.net/customers/csc/management/updateinstallbase.jspで登録してください。この登録をしていただかないと、部品の交換が必要な場合に、著しい遅れが発生することになります。このことは、電源装置タイプの変更、または新しいタイプのアップリンク モジュールの追加にも適用します。同じタイプのコンポーネントの交換につきましては、対象外となります。

    Published: 2011-04-01