Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

Navigation
Guide That Contains This Content
[+] Expand All
[-] Collapse All

    EX8216 スイッチのルーティング エンジン (RE) モジュール

    ルーティング エンジン (RE) モジュールは、EX8216 スイッチのシステム制御、システム管理、FRU の設定、および FRU 管理機能を実行します。RE モジュールにはルーティング エンジンが含まれています。図 1を参照してください。

    EX8216 スイッチには、RE モジュールを 1個あるいは 2個取り付けることができます。基本構成の EX8216 スイッチ (AC バージョン) には RE モジュールが 1つだけ搭載されています。「EX8216 スイッチの構成」を参照してください。ルーティング エンジンとシステム制御の冗長性を確保する目的で、2個目の RE モジュールを構成に追加できます。「EX8216 スイッチのコンポーネントと機能的冗長性について理解する」を参照してください。

    RE モジュールは、シャーシ前面上の RE0 および RE1 のラベルのスロットに垂直に取り付けます。

    図 1: EX8216 スイッチの RE モジュール

    Image g020637.gif

    注: 冗長性を確保するために RE モジュールを 2個取り付けることを推奨します。RE モジュールを 1個のみ取り付ける場合は RE0 への取り付けを推奨します。「EX8216 スイッチのスロット番号」を参照してください。

    RE モジュールが 2個取り付けられている場合、1つがマスター、もう一方がバックアップとして機能します。マスター RE に障害が生じるかマスター RE が取り外された場合、バックアップ モジュールがマスター RE モジュールに取って代わります。RE モジュールがグレースフル スイッチオーバー構成である場合、バックアップ RE モジュールは自動的にその構成と状態を、マスター RE モジュールと同期させます。マスター RE モジュールが更新されると、バックアップ RE モジュールも同時に同じ内容で更新されます。バックアップ モジュールがマスターの役割りを継承すると、パケット転送はスイッチを通じて継続されます。

    このような場合でも、RE モジュールは、取り外す前に常にオフラインにすることを推奨します。RE モジュールが 1個だけ取り付けられている場合、RE モジュールを取り外す前に、RE モジュールを停止する (オフラインにする) ことによってスイッチを無効化することを推奨します。「EX8216 スイッチの RE モジュールのオフライン化 」を参照してください。

    RE モジュールには 3つの機能があります。

    • ラインカードへの給電をオン/オフにする
    • スイッチ ファブリック (SF) モジュールへの給電をオン/オフにする
    • スイッチに対しルーティング機能を実行する
    • システム リセットとスイッチの起動シーケンスをコントロールする
    • ファントレイのファンの速度を監視、制御する
    • LCD パネルおよびシャーシ ステータス LED を監視、制御する
    • ラインカードと、スイッチ ファブリック (SF) モジュールのスイッチ ファブリックの通信を監視する
    • 電源装置のステータスを監視する

    RE モジュールには以下のコンポーネントがあります。

    • RE モジュール LED - システムのステータスを示します。「EX8216 スイッチの RE モジュール LED」を参照してください。
    • 凹型リセット ボタン - このボタンを押すと、RE モジュールがオフになったあと再びオンになります。
    • USB ポート - JUNOS ソフトウェアを手動でインストールする場合のインターフェースを提供します。「EX シリーズ スイッチの USB ポート仕様」を参照してください。
    • 補助ポート - このポートは EX8200 スイッチで有効化されていません。将来の使用に備えています。
    • コネクタ ポート - RJ-45 コネクタ付きケーブルで RE モジュールをシステム コンソールに接続します。「管理コンソールへの EX シリーズ スイッチの接続」を参照してください。
    • 管理ポート - イーサネット接続で RE モジュールを管理 LAN (またはイーサネット接続に差込み可能な他のデバイス) に接続して、アウトオブバンド管理を可能にします。「帯域外管理用ネットワークへの EX シリーズ スイッチの接続」を参照してください。
    • イジェクタ レバー - RE モジュールの取り付けと取り外しに使用します。
    • 拘束ねじ - RE モジュールを定位置に固定します。

    Published: 2011-04-01