Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

Navigation
Guide That Contains This Content
[+] Expand All
[-] Collapse All

    EX8200 スイッチの LCD パネル

    EX8200 スイッチの上部フロント パネルの LCD パネルには、最大 16 文字のテキストが 2 行表示されます。LCD パネルには、スイッチに関するさまざまな情報と、初期設定やスイッチの再起動等の基本操作を実行するメニュー オプションが表示されます。

    LCD パネルの右には —[Menu] および [ENTER]— ボタンがあります。

    図 1 を参照してください。

    図 1: EX8200 スイッチの LCD パネル

    Image g020093.gif

    LCD パネルの 2 行目にカスタム メッセージを表示するように、設定できます。LCD パネルを設定して、カスタム メッセージを表示する場合、[Menu] ボタンと [ENTER] ボタンは無効化されます。「EX シリーズ スイッチの LCD パネルの構成(CLI 手順)」を参照してください。

    LCD パネルにはバックライトがついています。LCD パネルが 60 秒間アイドル状態の場合、バックライトが消えます。[Menu] ボタンまたは [ENTER] ボタンを 1 回押すと、バックライトがオンになります。バックライトがオンの状態で、[Menu] ボタンを押して LCD パネルのメニューを切り替えたり、[ENTER] ボタンでメニューのオプションを移動できます。

    注: J-Web インターフェースのシャーシ ビューアでも LCD パネルが表示されます。J-Web インターフェースから、LCD パネルのリアルタイムなステータス情報を見ることができます。「EX シリーズ スイッチのダッシュボード」を参照してください。

    本トピックは以下について説明しています。

    LCD パネルのモード

    次の 4 つのモードにおける LCD 操作。起動モード、アイドル モード、ステータス モード、および保守モード

    スイッチの再起動中は、LCD は起動モードで動作します。

    起動モードでは、スイッチの起動プロセスにおける主な行程が表示されます。起動モードにはメニュー オプションがありません。起動プロセスが完了すると、LCD パネルは自動的に [Idle] メニューに戻ります。

    アイドル モードでは、[Idle] メニューの 2 行目にネットワーク ポート’のステータス LED のモードと、システム内のアラームの合計数が表示されます。アラームの数は毎秒単位で更新されます。

    ステータス モードでは、以下についてステータス情報を見ることができます。

    • EX8208 スイッチのスイッチ ファブリックおよびルーティング エンジン (SRE) モジュール内のスイッチ ファブリック
    • EX8216 スイッチのルーティング エンジン (RE) および、スイッチ ファブリック (SF) モジュール内のスイッチ ファブリック
    • 電源装置
    • ファン トレイおよびシャーシの温度
    • Junos OS バージョンがインストール済み

    保守モードでは、スイッチの設定やトラブルシューティングのためのオプションを変更できます。

    • System halt
    • Reboot system
    • Load rescue configuration
    • Revert to factory configuration
    • EZSetup

    LCD パネルのメニュー

    LCD には次の 3 つのメニューがあります。[Idle]、[Status]、および [Maintenance]。それぞれのメニューにおいて、LCD パネルの 1 行目にスイッチのホスト名が表示されます。[Menu] ボタンを押すと LCD メニューが切り替わります。メニュー オプションのすべての項目を表示するには、[Enter] ボタンを押します。

    表 1は LCD のメニュー オプションについて説明しています。

    表 1: EX8200 スイッチの LCD パネルのメニュー オプション

    [Menu]

    [Description]

    [Idle]

    [Idle] メニューでは、以下を行います。

    • [Enter] を押して、ポート ステータスのインジケータである ステータス LED モードを繰り返し表示します。
      • ADM (有効/無効)
      • SPD (速度)
      • DPX (二重)

      ステータス LED については「EX8200 スイッチのネットワーク ポート LED」を参照してください。

    • [Idle] メニューを終了して [Status] メニューに進むには [Menu] ボタンを押します。

    ステータス

    [Status] メニューには次のオプションがあります。

    • スイッチ ファブリック ステータス—次の中から 1 つを選択します。
      • EX8208 スイッチの SRE モジュール (SRE0 と SRE1) および EX8216 スイッチの SF モジュール (SF) における、スイッチ ファブリックのステータス ― OK、Fld (エラー)、ABS (なし) ― を表示するには、[Enter] を押します。
      • [Status] メニューの次のオプションに進むには [Menu] を押します。
    • 電源装置のステータス (1)—次の中から 1 つを選択します。
      • 電源 0 および 1 のステータス ― OK、Fld (エラー)、ABS (なし) ― を表示するには [Enter] を押します。
      • [Status] メニューの次のオプションに進むには [Menu] を押します。
    • 電源装置のステータス (2)—次の中から 1 つを選択します。
      • 電源装置 2、3、4、5 のステータス ― OK、Fld、ABS ― を表示するには [Enter] を押します。
      • [Status] メニューの次のオプションに進むには [Menu] を押します。
    • 環境のステータス—次の中から 1 つを選択します。
      • ファン トレイのステータスとシャーシ温度を表示するには [Enter] を押します。
        • ファン トレイのステータス:OK、Fld、ABS
        • シャーシ温度のステータス:OK、High、Shutdown
      • [Status] メニューの次のオプションに進むには [Menu] を押します。
    • JUNOS バージョン ステータス—次の中から 1 つを選択します。
      • スイッチに搭載されている EX シリーズ スイッチでの JUNOS Software のバージョンを表示するには [Enter] を押します。
      • [Status] メニューの次のオプションに進むには [Menu] を押します。
    • EXIT STAT MENU?—次の中から 1 つを選択します。
      • [Status] メニューを終了するには、[Enter]を押します。
      • スイッチ ファブリック ステータス オプションに戻るには [Menu] を押します。

    [Status] メニュー オプションをユーザーが使用できないようにするには、メニュー全体あるいは個々のメニュー オプションを無効化します。「EX シリーズ スイッチの LCD パネルの構成(CLI 手順)」を参照してください。

    保守

    保守 メニューには次のオプションがあります。

    • SYSTEM HALT?—次の中から 1 つを選択します。
      •  EX8208 スイッチのマスタ SRE モジュールを停止するか、EX8216 スイッチのマスタ RE モジュールを停止するには ENTER を押します。[Enter] をもう一度押して停止を続行します。

        基本構成のスイッチでは、マスタ SRE あるいは RE モジュールは正常に停止しますが、電源は切断されません。管理デバイスで [Enter] を押すか、スイッチの電源を切ってすぐに入れなおしオンにします。

        冗長構成では、マスタ SRE あるいは RE モジュールが停止すると、バックアップ SRE あるいは RE モジュールがマスタに昇格します。スイッチを完全に停止するには、マスタ SRE または RE モジュールを停止する前に、request system halt other-routing-engine CLI コマンドを使ってバックアップ SRE または RE モジュールを停止します。管理デバイスで [Enter] を押すか、スイッチの電源を切ってすぐに入れなおしオンにします。

        構成のタイプについては「EX8208 スイッチの構成」または「EX8216 スイッチの構成」を参照してください。

      • [Maintenance] メニューの次のオプションに進むには [Menu] を押します。
    • SYSTEM REBOOT?—次の中から 1 つを選択します。
      • マスタ SRE または RE モジュールを再起動するには ENTER を押します。[ENTER] をもう一度押して再起動を続行します。
      • [Maintenance] メニューの次のオプションに進むには [Menu] を押します。
    • LOAD RESCUE?—次の中から 1 つを選択します。
      • スイッチを前の有効な構成にロールバックするには [ENTER] を押します。[ENTER] をもう一度押してロールバックを続行します。
      • [Maintenance] メニューの次のオプションに進むには [Menu] を押します。
    • FACTORY DEFAULT?—次の中から 1 つを選択します。
      • スイッチを工場出荷時のデフォルト構成に復元するには [ENTER] を押します。[ENTER] をもう一度押して復元を続行します。LCD が成功またはエラーのメッセージを点滅させ、[Idle] メニューに戻ります。
      • [Maintenance] メニューの次のオプションに進むには [Menu] を押します。
    • ENTER EZSETUP?—次の中から 1 つを選択します。
      • EZSetup を起動するには [ENTER] を押します。[ENTER] をもう一度押して起動を続行します。

        EZSetup では DHCP を設定し、スイッチ上で J-Web ユーザー インターフェースを有効化します。LCD が成功またはエラーのメッセージを約 10 秒間点滅させ、[Idle] メニューに戻ります。

      • [Maintenance] メニューの次のオプションに進むには [Menu] を押します。

      注: EZSetup オプションは、スイッチが工場出荷時のデフォルト構成の場合のみ使用できます。

    • EXIT MAINT MENU?—次の中から 1 つを選択します。
      • [Maintenance] メニューを終了するには、[ENTER] を押します。
      • SYSTEM HALT オプションに戻るには [Menu] を押します。

    [Maintenance] メニュー オプションをユーザーが使用できないようにするには、メニュー全体あるいは個々のメニュー オプションを無効化します。「EX シリーズ スイッチの LCD パネルの構成(CLI 手順)」を参照してください。

    EX8200 スイッチの LCD パネルについての情報を表示するには、show chassis hardware コマンドを実行します。ここにはバージョン、部品番号、シリアル番号、LCD パネルについての説明が表示されます。

    Published: 2011-04-01