Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

Navigation
Guide That Contains This Content
[+] Expand All
[-] Collapse All

    EX シリーズ スイッチの EMC 要件のコンプライアンス ステートメント

    このトピックは、EX シリーズ製品ファミリーのハードウェア デバイス(スイッチ、EX シリーズ冗長電源システム(RPS)、および XRE200 外部ルーティング エンジンなど)に適用されます。

    本トピックでは、本ハードウェア デバイスの ENC 要件について説明します。

    カナダ

    この Class A のデジタル装置はカナダの ICES-003 に準拠します。

    Cet appareil numérique de la classe A est conforme à la norme NMB-003 du Canada.

    Industry Canada のラベルは装置が認証済みであることを表しています。 ここで認証とは、電気通信ネットワークに関する特定の保護、動作、安全要件を装置が満たしていることを意味します。 Industry Canada は、装置についてユーザーの満足のいく動作を保証するものではありません。

    装置を取り付ける前にユーザーは、その地域の電話通信会社の施設に装置を接続することが許可されているか確認する必要があります。 また装置は、基準に合った接続方法で取り付ける必要があります。 場合によって、単一回線の個々のサービスに使われる内部配線を、認可されたコネクタ アセンブリを使って拡張することが可能です。 上記条件を順守しても、場合によってサービスの低下を防止できないことを、お客様は認識する必要があります。

    認証された装置の修理は、サプライヤ指定の認可されたカナダの保守施設で行われる必要があります。 使用者が本装置に修理または変更を行ったり、装置が故障している場合、使用者は電話通信会社からその装置を切断するよう求められる場合があります。

    Caution: 使用者は接地接続を自ら行うべきでなく、適切な検査機関あるいは電気技師に連絡する必要があります。

    ユーザーは、電気ユーティリティ、電話回線、内部の金属送水管システム(存在する場合)の接地が一緒に繋がれていることを、防護措置として確認する必要があります。 特に農村地域においてこの予防措置は重要です。


    ヨーロッパ共同体

    本装置は Class A デバイスです。 この装置を家庭環境で使用すると電波妨害を引き起こすことがあります。その場合、使用者は適切な対策を講じなくてはなりません。


    日本

    上の文の内容は次のとおりです。

    本装置は Class A デバイスです。 この装置を家庭環境で使用すると電波妨害を引き起こすことがあります。その場合、使用者は適切な対策を講じなくてはなりません。

    VCCI-A


    韓国

    上の文の内容は次のとおりです。

    この装置は、商業用電磁適合品(Class A)の装置であり、販売者および顧客ともに電磁適合性機器であるという認識を持つことが必要です。またこの装置は家庭以外の場所での使用を想定されています。


    米国

    本装置は、FCC Rules の Part 15 に準拠する Class A デジタル デバイスの制約に関する試験に合格しています。 これらの制限は商業環境で機能する際、干渉を避けるための適切な保護を提供すべく設計されています。 本製品は、無線周波エネルギーを発生、使用し、また放射する可能性があり、無線通信に有害な干渉を引き起こすことがありますが、取扱説明書に従って取り付け、利用する場合はその限りではありません。 居住地区での本製品の操作は干渉を引き起こす可能性がありますが、その場合はユーザーが独自の費用において干渉を修正する必要があります。


    FCC Part 15 ステートメント

    この製品は、FCC Rules の Part 15 に準拠する Class A デジタル デバイスの制約に関する試験に合格しています。 これらの制限は、居住地区で機能する際、有害な干渉を避けるための適切な保護を提供するように設計されています。 本製品は、無線周波エネルギーを発生、使用し、また放射する可能性があり、無線通信に有害な干渉を引き起こすことがありますが、取扱説明書に従って取り付け、利用する場合はその限りではありません。 しかし、そのような干渉が特定の配備環境下で起こらないことを保証するものではありません。

    もしこの機器の電源を切ったり入れたりすることで、ラジオやテレビの受信に対する有害な干渉を起こしていることが判明した場合には、ユーザーは以下に示す手段のうちの 1 つあるいはそれ以上を用いて干渉を改善することが望まれます。

    • 受信アンテナの再設定または再取り付けを行う。
    • 機器とレシーバーとの間隔を広げる。
    • レシーバーが接続されているのとは別の回路のコンセントに機器を接続する。
    • メーカー、あるいはラジオやテレビの技術者に相談する。

    規制以外の環境基準

    NEBS compliance- 以下の EX シリーズ スイッチは Network Equipment Building System(NEBS)に準拠しています。

    • EX2200-24T および EX2200-48T
    • EX3200-24T、EX3200-48T
    • EX3300-24T、EX3300-48T
    • EX4200-24F、EX4200-24T、EX4200-48T
    • すべての EX4500 スイッチ(AC 電源を搭載)
    • すべての EX6200 スイッチ

      Note: EX6200-48P ラインカードを使用する場合、ビル内ポートには、両端を接地した、シールド付きのビル内ケーブルやコードを必ず使用してください。

    • すべての EX8200 スイッチ

    このスイッチは以下の NEBS 準拠基準に従っています。

    • SR-3580 NEBS Criteria Levels (Level 3 Compliance)
    • GR-1089-CORE:EMC and Electrical Safety for Network Telecommunications Equipment
    • GR-63-CORE:NEBS、Physical Protection
      • この装置は、CBN(Common Bonding Network)の一部として取り付けるのに適切です。
      • この装置は、NEC(National Electrical Code)が該当する場所での取り付けに適切です。
      • GR-1089-CORE に定義されるように、バッテリーのリターン接続は、分離 DC リターン(DC-I)として扱うことができます。

    Published: 2014-04-14