Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

Navigation
Guide That Contains This Content
[+] Expand All
[-] Collapse All

    PTX1000 トラブルシューティング リソースの概要

    PTX1000 のトラブルシューティングには、Junos OS CLI、アラーム、ネットワーク ポートの LED、管理パネル、コンポーネントを利用します。

    • LED:ルーティング エンジンでアラーム状態が検出されると、必要に応じて管理パネル上の赤または黄色のアラーム LED が点灯します。PTX1000 のトラブルシューティングには、コンポーネントの LED とネットワーク ポートの LED も利用できます。詳細については、次のトピックを参照してください。
    • CLI:CLI は、ハードウェア、Junos OS、ルーティング プロトコル、ネットワーク接続の制御およびトラブルシューティングに使用する主要ツールです。CLI コマンドは、ルーティング テーブルからの情報、ルーティング プロトコル固有の情報、ping および traceroute ユーティリティから取得したネットワーク接続に関する情報を表示します。CLI を使用した Junos OS のトラブルシューティングの詳細については、該当する Junos OS 構成ガイドを参照してください。
    • JTAC:トラブルシューティングで手助けが必要になった場合、Web または電話で JTAC(Juniper Networks 技術支援センター)に問い合わせることができます。ソフトウェアの問題や、ここに記載されていないハードウェア コンポーネントの問題が発生した場合、JTAC にお問い合わせください。

    Modified: 2017-10-29