EX4550 スイッチのシャーシ ステータス LED

EX4550 スイッチのフロント パネルには、パネル右端の Menu(メニュー)および Enter(入力)ボタンの横に 3 つのシャーシ ステータス LED(ALMSYSMST のラベル)があります(図 8 を参照)。

図 8: EX4550 スイッチのシャーシ ステータス LED

EX4550 スイッチのシャーシ
ステータス LED

表 8 では、EX4550 スイッチのシャーシ ステータス LED の色と状態、および LED が示すステータスについて説明しています。 操作モード コマンド show chassis led を発行することによって、CLI からリモートで 3つの LED の色を見ることができます。

表 8: EX4550 スイッチのシャーシ ステータス LED

LED ラベル

状態と説明

ALM(アラーム)

消灯

アラームがない状態、またはスイッチが停止した状態です。

重大なアラームが発生しています。

軽度のアラームが発生しています。

SYS(システム)

  • 点灯 — EX スイッチの Junos OS がスイッチにロードされています。
  • 点滅 — スイッチが起動中です。
  • 消灯 — スイッチが電源オフか停止しています。

MST(マスター)

スタンドアロンの EX4550 スイッチの場合:

  • 点灯 — スイッチはマスターとして正常に機能しています。
  • 消灯 — スイッチが電源オフか停止しています。

バーチャル シャーシ構成の場合:

  • 点灯 — スイッチはバーチャル シャーシ構成のマスターです。
  • 点滅 — スイッチはバーチャル シャーシ構成のバックアップです。
  • 消灯 — スイッチはバーチャル シャーシ構成のラインカード メンバーであるか、停止しています。

重大なアラーム(赤)は危機的なエラー状態を示し、直ちに処置が必要です。

軽度のアラーム(黄)は危機的でないエラー状態を示し、監視あるいは保守が必要です。 軽度のアラームをチェックしなかった場合、サービスの中断あるいはパフォーマンスの低下が生じる可能性があります。

これら 3つの LED は同時に点灯することもあります。

関連項目