EX4550 スイッチまたはコンポーネントを輸送用に梱包する


修理または交換のために、EX4550 スイッチまたはコンポーネントをジュニパーネットワークスに返品する場合は、このトピックで説明されているとおりに梱包します。

スイッチまたはコンポーネントを梱包する前に、以下のことを確認します。

本トピックでは、以下について説明しています。

  1. 輸送用の EX4550 スイッチの梱包
  2. EX4550 スイッチ コンポーネントを輸送用に梱包する

輸送用の EX4550 スイッチの梱包

スイッチを別の場所に移動したり、ジュニパーネットワークスに返品する場合は、輸送中の破損を防ぐために元の梱包方法でしっかりとスイッチを梱包する必要があります。

スイッチを梱包する前に、以下のことを行います。

  1. スイッチに接続されたコンソールまたは他の管理デバイスで、CLI 動作モードに入り、次のコマンドを発行して、スイッチのソフトウェアをシャットダウンします。
    user@switch> request system halt

    オペレーティング システムが停止したことを確認するメッセージがコンソールに表示されるまで待機します。

  2. 次のうち 1 つを実行して、スイッチから電源を遮断します。
    • 電源コンセントに電源スイッチがある場合は、スイッチを OFF(0)位置にセットします。
    • 電源コンセントに電源スイッチがない場合は、電源コンセントに接続している電源コードのオスの端をゆっくりとコンセントから引きます。
  3. すべての外部デバイスに接続しているスイッチのケーブルを取り外します。 EX シリーズ スイッチから光ファイバー ケーブルを切断する を参照してください。
  4. スイッチに取り付けられているすべての光学トランシーバを取り外します。 EX シリーズ スイッチからトランシーバを取り外す を参照してください。

スイッチを梱包するには、次の部品と工具が揃っていることを確認します。

注意: 元のコンテナ以外にスイッチを入れないでください。それは輸送中の破損の原因となる場合があります。

スイッチを梱包するには、次の手順に従います。

  1. スイッチがラックまたはキャビネットに取り付けられている場合は、1 人が取り付けねじを取り外している間に、別の 1 人がスイッチの重量を支えます。
  2. ラックまたはキャビネットからスイッチを取り外し、スイッチを平らで安定した面に置きます。
  3. 2 番のプラスねじ回しを使用して、スイッチ シャーシからラック取り付けブラケットを取り外します。
  4. スイッチを帯電防止袋に入れます。
  5. 輸送用カートンに梱包用発泡スチロールの下の部分を敷きます。
  6. スイッチを梱包用発泡スチロールの下の空洞部分に入れます。
  7. スイッチの上に梱包用発泡スチロールの上の部分を置きます。
  8. 付属品やスイッチの付いたフィールド交換可能ユニット(FRU)を返品する場合は、EX4550 スイッチ コンポーネントを輸送用に梱包する の指示どおりに梱包します。
  9. 輸送用カートンに入ったシャーシの背面のところに付属品箱を垂直に入れます。
  10. 段ボール製輸送用箱の上部を閉じ、梱包用テープでしっかりと閉じます。
  11. 正確に追跡できるように、RMA 番号を箱の外側に書いてください。

EX4550 スイッチ コンポーネントを輸送用に梱包する

スイッチ コンポーネントを梱包するには、次の方法に従います。

次の部品と工具が揃っていることを確認します。

注意: スイッチ コンポーネントを積み重ねないでください。 輸送用の箱に 1 列で同時に梱包できない場合は、コンポーネントを個別に別の箱に入れます。

スイッチ コンポーネントを梱包するには、次の手順に従います。


関連項目