EX4550 スイッチに AC 電源を接続する

EX4550 スイッチの電源は、ホットリムーブやホットインサートが可能なフィールド交換可能ユニット(FRU)です。スイッチの電源をオフにしたり、スイッチ機能を中断したりすることなく取り外しや交換が可能です。

EX4550 スイッチに AC 電源を接続するには、ユーザーの地域に適合した電源コードがあることを確認してください。

EX4550 スイッチへの AC 電源の接続を開始する前に、以下のことを行います。

注: 各電源は、専用の電源コンセントに接続しなければなりません。

AC 電源を EX4550 スイッチへ接続するには、次の手順に従います。

  1. 接地ストラップを手首に直接装着し、取り付け場所の ESD ポイントに接続します。
  2. 電源がシャーシに完全に挿入され、ラッチが固定されていることを確認します。 電源を 1 つだけ取り付ける場合は、2 番目の電源スロットに空のカバー パネルが取り付けられていることを確認します。
  3. スイッチに付属の電源コードまたはコードを用意します。コードには、ユーザーの地域に適合するプラグがあります。 EX4550 スイッチの AC 電源コード仕様 を参照してください。

    警告: 電源コードが、スイッチ コンポーネントへのアクセスを遮らないところにある、または人がつまずくところにないことを確認します。

  4. 電源コードのカプラー端を AC 電源のフェースプレートの電源コード ソケットに挿入します。
  5. 電源コード リテーナを押して、電源コードにかかるようにします(図 51 を参照)。

    図 51: AC 電源コードを EX4550 スイッチの AC 電源に接続します。

    AC 電源コードを EX4550
スイッチの AC 電源に接続します。
      1
    電源コード固定クリップ
     
  6. AC 電源コンセントに電源スイッチがある場合は、スイッチを OFF(0)位置にセットします。
  7. AC 電源コンセントに電源コード プラグを挿入します。
  8. AC 電源コンセントに電源スイッチがある場合は、スイッチを ON(|)位置にセットします。
  9. 2 番目の AC 電源を取り付ける場合は、以上の手順を繰り返します。
  10. それぞれの電源の ACDC の LED が緑に点灯することを確認します。

    故障ステータス(!)の LED が黄色に点灯する場合は、電源の電力を遮断して、電源を交換してください(EX4550 スイッチからAC 電源を取り外す を参照)。 電源の取り外しは、交換する電源が用意できてから行うようにしてください。適切な気流のため、電源と空のカバー パネルがスイッチに取り付けられている必要があります。

    注意: シャーシの過熱や埃がたまるのを防ぐため、交換用の電源またはカバー パネルを空の電源スロットに取り付けておくことをお勧めします。

関連項目