EX4550 スイッチを 4 ポスト ラックまたはキャビネットに取り付ける

EX4550 スイッチは、4 ポストの 19 インチ ラックまたはキャビネットに取り付けが可能です(別途注文可能な 4 ポスト取り付けキットを使用)。 (このトピックでは以降、「ラック」を「ラック」とキャビネット」の意味で使用します。)

スイッチに付属の取り付けブラケットを使用して、2 ポスト ラックまたは 4 ポスト ラックのいずれかの 2 つのポストにスイッチを取り付けることができます。EX4550 スイッチを 2 ポスト ラックまたはキャビネットに取り付ける を参照してください。

注: 2 ポストまたは 4 ポスト ラックにスイッチを埋め込み式で取り付ける場合は、別途注文可能な 4 ポスト ラック取り付けキット付属の 2 インチ埋め込み前面取り付けブラケットを使用します。

注:

背面ブラケットのクリアランスから保護接地端子にアクセスできるようにするには、次の手順に従います。

  • ラックに 27.5 インチ (70 cm)~30.5 インチ (77.5 cm)の奥行きを確保する(4 ポスト ラックの正面と同一平面にスイッチを取り付ける場合)。
  • ラックに 29.5 インチ (75 cm)~32.5 インチ (82.5 cm)の奥行きを確保する(スイッチを 2 インチ 埋め込んで取り付けた場合)。

4 ポスト ラックにスイッチを取り付ける前に、以下のことを行います。

次の部品と工具が揃っていることを確認します。

注: 1 人がスイッチを持ち上げている間に、もう 1 人がスイッチをラックに固定します。

注意: ラックに複数のユニットを取り付ける場合は、一番重いユニットをラックの一番下に取り付け、ラックの下から上へとユニットの重量の大きいものから順番に取り付けます。

4 ポスト ラックにスイッチを取り付けるには、次の手順に従います。

  1. 前面取り付けブラケット(同一平面または 2 インチ埋め込みブラケット)をサイドレール ブラケットに装着します。6 本の 4-40 マウント用プラス平ねじを使用します。 図 36 を参照してください。 プラスねじ回しでねじを締めます。

    図 36: サイドレール ブラケットに前面取り付けブラケットを装着する

    サイドレール ブラケットに前面取り付けブラケットを装着する
  2. スイッチを平らで安定した面に置きます。
  3. スイッチ シャーシのサイド パネルに沿ってサイドレール ブラケットを一列に並べます。 サイドレール ブラケットの後方にある 2 つの穴と、サイド パネルの後方にある 2 つの穴を揃えます。
  4. 4x6 mm のマウント用プラス平ねじを 2 つの重なった穴に挿入し、ねじを締めます。 サイドレール ブラケットに残っている 4 つの穴と、サイド パネルにある 4 つの穴が揃っていることを確認します。 図 37 を参照してください。

    図 37: スイッチ シャーシにサイドレール ブラケットを装着する

    スイッチ
シャーシにサイドレール ブラケットを装着する
  5. 4x6 mm のマウント用プラス平ねじをサイドレール ブラケットに残っている 4 つの穴に挿入し、プラスねじ回しで締めます。
  6. 1 人が両側を持ってスイッチを持ち上げ、ラックにスイッチを配置します。また、サイドレール ブラケットの穴とラックの前部ポストにあるねじ穴の位置を合わせます。 両方の取り付けブラケットの一番下の穴を各ラック レールの穴と合わせます。シャーシが水平であることを確認してください。 図 38 を参照してください。

    図 38: ラックの前部ポストにスイッチを取り付ける

    ラックの前部ポストにスイッチを取り付ける
  7. もう 1 人が、ラックに合ったねじを使用して、前面取り付けブラケットをラックに固定します。
  8. 背面ブラケットをサイドレール ブラケットへ差し込みます。 図 39 を参照してください。

    図 39: 4 ポスト ラックの背面に背面ブラケットを差し込む

    4 ポスト ラックの背面に背面ブラケットを差し込む
  9. ラックに適切なねじを使用して、背面ブラケットを後部ポストに装着します。 ねじを締めます。
  10. ラック前部のねじがすべて、ラックの後部のねじと位置が合っていることを確認して、スイッチ シャーシが水平であることを確認します。

注: 未使用のモジュール スロットにカバー パネルを付け、未使用の SFP/SFP+ ポートにダスト カバーを付けることをお勧めします。

関連項目