EX4550 スイッチのキャビネット要件

スイッチは 19 インチのラックが搭載されたキャビネットに取り付けることができます。

キャビネット要件は次のとおりです。

表 43 はスイッチ用キャビネットの要件と仕様を示しています。

表 43: スイッチ用キャビネットの要件および仕様

キャビネットの要件

ガイドライン

キャビネットのサイズ

  • スイッチは 19 インチのラックが搭載されたキャビネットに取り付けることができます。 これは、Electronics Industry Association(http://www.eia.org)が公開している Cabinets, Racks, Panels, and Associated Equipment(ドキュメント番号 EIA-310–-D)で定義されています。
  • キャビネットの最小サイズは、スイッチの最大外寸に対応している必要があります。

キャビネットのクリアランス

  • 取り付けブラケットの外端の幅は 19 インチ (48.2 cm)。
  • キャビネット内部の最小クリアランスの合計は 30 インチ (76.2 cm、前扉内側から後扉内側まで)。

キャビネットの換気に関する要件

スイッチをキャビネットに取り付ける場合、過熱を防ぐためキャビネットを確実に換気する必要があります。

  • スイッチが発する熱を消散できるよう、冷却風が適切に行き渡るようにしてください。
  • シャーシからの熱い排気が必ずキャビネットから排気され、スイッチ内を再循環しないようにしてください。 シャーシ周囲の換気に最も優れているのは、排気熱風を上部から放出するオープン キャビネット(上部パネルやドアがない)です。 キャビネットに上部パネルやドアがある場合は、これらにパーフォレイション穴があると熱風の排気が促進されます。
  • キャビネットにスイッチを取り付ける際は、熱風が排気されるシャーシ側のスペースをできるだけ確保してください。
  • ケーブルはシャーシの換気をできだけ遮断しないように通し、ドレスアップを施します。
  • レール間や隣接するキャビネットとの間隔は、スイッチやキャビネットの周囲に十分なクリアランスを確保できるよう考慮する必要があります。
  • 最低要件よりもサイズの大きなキャビネットを使用すると、換気がより促進され、過熱の危険性が低くなります。

関連項目