Mini-USB Type-B コンソール ポートを使用して EX4300 スイッチを管理コンソールに接続する

EX4300 スイッチは、RJ-45 コンソール ポートまたは Mini-USB Type-B コンソール ポートを使用して、構成と管理を行うことができます。 ただし、コンソールの入力がアクティブになるのは、一度に 1 つのポートだけです(つまり、一度に 1 つのポートだけアクティブに設定されます)。

デフォルトでは、RJ-45 ポートがアクティブ コンソール ポートに設定され、Mini-USB Type-B ポートはパッシブ コンソール ポートとなります。 コンソール ポート タイプの構成方法については、Unresolved topic-ref: "64081" を参照してください。

ラップトップまたは PC に DB-9 オス コネクタ ピンまたは RJ-45 コネクタ ピンがない場合は、片方に標準の Standard-A USB コネクタ、もう片方に Mini-USB Type-B(5 ピン)コネクタのケーブルを使用して、ラップトップまたは PC から EX4300 スイッチに直接接続できます。

このセクションでは、Mini-USB Type-B コンソール ポートを使用して、EX4300 スイッチを管理コンソールに使用する手順について説明します。

RJ-45 コンソール ポートを使用した EX4300 スイッチの構成と管理については、EX シリーズ スイッチを管理コンソールに接続する を参照してください。

Mini-USB Type-B コンソール ポートを使用して EX4300 スイッチを接続する前に、以下のことを行います。

次の部品と工具が揃っていることを確認します。

Mini-USB Type-B コンソール ポートを使用してスイッチをコンソールに接続するには、次の手順に従います。

  1. Mini-USB ケーブルの Standard-A コネクタをホスト マシン(PC またはラップトップ)に接続します。
  2. Mini-USB ケーブルの Mini-USB Type-B(5 ピン)コネクタをスイッチの Mini-USB Type-B コンソール ポート(CON2 のラベル)に接続します。
  3. コマンド Unresolved topic-ref: "64080" を使用して、Mini-USB Type-B コンソール ポートをアクティブ コンソール ポートに設定します。
    コンソール ポート タイプの構成方法については、Unresolved topic-ref: "64081" を参照してください。
  4. スイッチを再起動します。

接続が確立されると、Mini-USB Type-B がアクティブ コンソール ポートになります。 Mini-USB Type-B コンソール ポートに接続されたホスト マシンにログ メッセージが表示され、ここからスイッチの機能を制御できます。

関連項目