EX4300 スイッチに AC 電源を接続する

EX4300 スイッチは、最大 2 つの 350 W、715 W、または 1100 W AC 電源による構成が可能です。 1 つ以上の電源を取り付けていれば、電源をスイッチに接続することができます。

注意: 以下の混在は行わないでください。

  • 同じシャーシ内の AC 電源と DC 電源
  • 同じシャーシ内の気流ラベル(AIR IN(AFI)AIR OUT(AFO))が異なる電源

EX4300 スイッチへの AC 電源の接続を開始する前に、以下のことを行います。

次の部品と工具が揃っていることを確認します。

注: 各電源は、専用の電源コンセントに接続しなければなりません。

AC 電源を EX4300 スイッチへ接続するには、次の手順に従います。

  1. 接地ストラップを手首に直接装着し、取り付け場所の ESD ポイントに接続します。
  2. 電源がシャーシに完全に挿入され、ラッチが固定されていることを確認します。 電源を 1 つだけ取り付ける場合は、2 番目の電源スロットにカバー パネルが取り付けられていることを確認します。
  3. スイッチに付属の電源コードと電源コード リテーナを用意します。コードには、ユーザーの地域に適合するプラグがあります。 EX4300 スイッチの AC 電源コード仕様 を参照してください。
  4. リテーナ ストリップの端を電源フェースプレートの差し込み口の横の穴に押し込み、所定の位置にはめます。 リテーナ ストリップのループが電源コードの方に向くようにします。
  5. リテーナ ストリップの小さなタブを押して、ループを緩めます。 ループをスライドさせて、電源コード カプラーを差し込み口にはめるのに十分なスペースを空けます。
  6. 電源コードを差し込み口にしっかり差し込みます。
  7. ループを電源の方にスライドさせて、カプラーのベース部分にはまるようにします。
  8. ループのタブを押して、ループをしっかりと締めます(図 42 を参照)。

    図 42: AC 電源コードを EX4300 または EX4200 スイッチの AC 電源に接続します。

    AC 電源コードを
EX4300 または EX4200 スイッチの AC 電源に接続します。
  9. AC 電源コンセントに電源スイッチがある場合は、スイッチを OFF(0)位置にセットします。
  10. AC 電源コンセントに電源コード プラグを挿入します。
  11. AC 電源コンセントに電源スイッチがある場合は、スイッチを ON(|)位置にセットします。
  12. それぞれの電源の IN OKOUT OK の LED が緑に点灯することを確認します。

    OUT OK LED がこはく色に点灯する場合は、電源の電力を遮断して、電源を交換してください(EX4300 スイッチから AC 電源を取り外す を参照)。 電源の取り外しは、交換する電源が用意できてから行うようにしてください。適切な気流のため、電源とカバー パネルがスイッチに取り付けられている必要があります。

    注意: シャーシの過熱や埃がたまるのを防ぐため、交換用の電源またはカバー パネルを空の電源スロットに取り付けておくことをお勧めします。

関連項目