EX4300 スイッチのアップリンク モジュール

EX4300 スイッチは、4 ポート 10 ギガビット イーサネット SFP+(Small Form-factor Pluggable)アップリンク モジュールをサポートしています。 このアップリンク モジュールはホットインサートやホットリムーブに対応したフィールド交換可能ユニット(FRU)です。

SFP+ アップリンク モジュールは、スイッチのフロント パネルのアップリンク モジュール スロットに水平に取り付けます。 アップリンク モジュールを取り付けることで、スイッチにさらにポートを追加して、ポート密度を増すことができます。

SFP+ アップリンク モジュールは、最大 4 つの 10 ギガビット SFP+ トランシーバ、4 つの 1 ギガビット SFP トランシーバ、または 4 つの SFP と SFP+ トランシーバの組み合わせを収容できます。 10 ギガビット イーサネット SFP+ アップリンク モジュール ポートはバーチャル シャーシ ポート(VCP)としても構成でき、バーチャル シャーシ構成のスイッチの接続に使用できます。 詳細については、 を参照してください。

注: アップリンク モジュールとトランシーバは、EX4300 スイッチの出荷時の構成には含まれません。 別途注文する必要があります。

図 20図 21は、SFP+ アップリンク モジュールを示しています。


注: スイッチにアップリンク モジュールを取り付けるか、アップリンク モジュールを別のものに交換すると、スイッチによりアップリンク モジュールのポートが検出されます。 これらのポートにトランシーバが取り付けられている場合、スイッチにより必要なインターフェイスが作成されます。

SFP+ アップリンク モジュールは、接続する光ケーブルに応じて、10 ギガビットまたは 1 ギガビット モードで動作します。 SFP+ アップリンク モジュールの動作モードは、show chassis pic fpc-slot slot number pic-slot slot number コマンドの出力に表示されます。


各 SFP+ アップリンク モジュール ポートにはそれぞれ LED が 2つあり、リンク/アクティビティとポートのステータスを示しています。 図 22 は、SFP+ アップリンク モジュールの LED を示しています。

ステータス/リンク アクティビティ LED の詳細については、EX4300 スイッチのネットワーク ポート、QSFP+ ポート、およびアップリンク モジュール ポート LED を参照してください。

SFP+ アップリンク モジュールのポートにはあらかじめダスト カバーが付いています。

関連項目