EX4300 スイッチの DC 電源

EX4300 スイッチは AC または DC どちらの電源でも使用できます。 本トピックでは、EX4300 スイッチの DC 電源について説明しています。

EX4300 スイッチの DC 電源は、ホットインサートやホットリムーブが可能なフィールド交換可能ユニット(FRU)です。スイッチの電源をオフにすることや、スイッチ機能を中断することなく、取り付けが可能です。

注意: 以下の混在は行わないでください。

  • 同じシャーシ内の AC 電源と DC 電源
  • 同じシャーシ内の気流ラベル(AIR IN(AFI)AIR OUT(AFO))が異なる電源

ここでは以下について説明しています。

DC 電源の特性

EX4300 スイッチは 550 W DC 電源に対応しています(図 15 を参照)。

図 15: EX4300 スイッチの DC 電源

EX4300 スイッチの DC 電源

EX4300 スイッチには最高 2 つの DC 電源を取り付けることができます。 電源は、シャーシ リア パネルの PSU 0 および PSU 1 のラベルの電源スロットに取り付けます。

表 22 は、EX4300 スイッチで使用される 550 W DC 電源の詳細一覧です。

表 22: EX4300 スイッチの DC 電源の詳細

詳細

550 W DC 電源

モデル番号

  • JPSU-550-DC-AFO
  • JPSU-550-DC-AFI

フィールド交換可能ユニット(FRU)タイプ

ホットインサートおよびホットリムーブ対応

電源の重量

2.43 ポンド(1.1 kg)

シャーシへの最小取り付け数

1

シャーシへの最大取り付け数

2

電源スロット

シャーシ リア パネルの PSU 0 および PSU 1 のラベルの電源スロットに取り付け

ファン

内部

気流

  • フロントツーバック、表示ラベル AIR OUT(AFO)
  • バックツーフロント、表示ラベル AIR IN(AFI)

電源ステータス LED

IN OK および OUT OK

DC 入力定格電流

4 A

動作範囲

–48~–60 VDC

DC 電源の取り付けや取り外しの際の電気事故を防止するため、EX4300 スイッチに DC 電源を取り付ける および EX4300 スイッチから DC 電源を取り外す の指示に注意して従ってください。

DC 電源の気流

各電源には専用のファンが付いており、装置内部の冷却システムによって冷却されます。

それぞれの電源のフェースプレートには、電源の気流方向を示す AIR OUT(AFO)AIR IN(AFI)のラベルがあります。

表 23 は、DC 電源のモデルと気流方向を示しています。

表 23: EX4300 スイッチの DC 電源の気流方向

モデル

電源のラベル

気流方向

JPSU-550-DC-AFO

AIR OUT(AFO)

フロントツーバック — シャーシを冷却する空気がシャーシのフロント パネルの吸気口から取り込まれ、温まった空気がシャーシのリア パネルの排気口から排出されます。

JPSU-550-DC-AFI

AIR IN(AFI)

バックツーフロント — シャーシを冷却する空気がシャーシのリア パネルの吸気口から取り込まれ、温まった空気がシャーシのフロント パネルの排気口から排出されます。

DC 電源の N+0 冗長構成

N+0 冗長構成では、スイッチに取り付けられた電源の数にかかわらず、回復用の予備電源はありません。

システムのパワー バジェットは、スイッチに取り付けられた電源に応じて決まります。

表 24 は、EX4300 スイッチ構成の N+0 電力の見積りです。550 W DC 電源が使用されています。

表 24: EX4300 スイッチ構成の N+0 DC 電力の見積り

スイッチ構成

電源の数

出力合計(W)

システム パワー バジェット(W)

バックアップ電力(W)

ベース電力(W)

ポート用電力(W)

48 ポート EX4300 スイッチ

1

550

550

0

175

375

2

1100

1045

0

175

870

DC 電源の N+N 冗長構成

スイッチの N+N 冗長構成が可能な場合、N 基の電源が取り外されたり障害が生じたりしても、残りの N 基の電源が中断なくスイッチに電力を供給し続けます。

電力管理ソフトウェアを構成すると、N+N 冗長のスイッチ電力を管理できます。 N+N 冗長構成の電力管理では、使用可能な総電力の半分(N)が予備電源として確保され、残りの半分(N)が直接の電力消費にあてられます。 スイッチ構成が変わった場合や追加の電力が必要な場合は、予備電源から追加の電力が取得され、スイッチの電源は N+N 冗長でなくなります。 この状態では、軽度のアラームが発生します。 5 分以内に状態が修正されない場合は、重大なアラームが発生します。

電力が不足する場合の電力管理によるシャーシ コンポーネントの電力の割り当ての詳細については、EX シリーズ スイッチでの電力管理を理解する を参照してください。

システムのパワー バジェットは、スイッチに取り付けられた電源に応じて決まります。

表 25 は、EX4300 スイッチ構成の N+N 電力の見積りです。550 W DC 電源が使用されています。

表 25: EX4300 スイッチ構成の N+N DC 電力の見積り

スイッチ構成

電源の数

出力合計(W)

システム パワー バジェット(W)

バックアップ電力(W)

ベース電力(W)

ポート用電力(W)

48 ポート EX4300 スイッチ

1

550

550

0

175

375

2

1100

522.5

522.5

175

347.5

関連項目