一般的な電気安全ガイドラインおよび警告

このトピックは、EX シリーズ製品ファミリーのハードウェア デバイス(スイッチ、EX シリーズ冗長電源システム(RPS)、および XRE200 外部ルーティング エンジンなど)に適用されます。

このトピックは、QFX シリーズのハードウェア デバイスにも適用されます。

警告: デバイスの特定のポートはイントラビルディング(建物内)インターフェイスのみを使用目的として設計されており(GR-1089-CORE Issue 4 に記載された Type 2 あるいは Type 4 ポート)、露出した OSP(局外設備)配線からの隔離が必要です。 NEBS 要件に準拠し、雷サージや商用の妨害電力から保護するため、ビル内ポートを OSP あるいはその配線に接続するインターフェイスに金属的に接続してはなりません。 デバイスのビル内ポートは、ビル内または露出しない配線にのみ適しています。 一次プロテクタの追加は、これらのインターフェイスを OSP 配線に金属的に接続する場合の保護として十分ではありません。

注意: デバイスのコンポーネントの取り外しまたは取り付けの前に、静電放電(ESD)ポイントに ESD 接地ストラップを付け、手首に直接ストラップのもう一方の端を巻いてください。 ESD 接地ストラップを使用しなかった場合、スイッチが損傷する場合があります。

本デバイスのハードウェア ドキュメントに記載されているように、デバイスの電源をオフにしたり、デバイスへの電力を遮断したりすることなく、多くのデバイス コンポーネントの取り外しや交換を行うことができます。 損傷していると思われる装置は取り付けないでください。

関連項目