Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

マルチプロトコル BGP について

 

マルチプロトコル BGP (MP-BGP) は BGP の拡張機能であり、複数のネットワークレイヤーとアドレスファミリのルーティング情報を送信 BGP できます。MP-BGP は、マルチキャストルーティングに使用されるユニキャストルートを、ユニキャスト IP フォワーディングに使用されるルートとは別に伝送できます。

MP-BGP を有効にするには、ユニキャスト IPv4 以外のアドレスでネットワークレイヤーの到達可能性情報 (NLRI) を実行family inetするように BGP を構成します。以下のステートメントを含めます。

MP-BGP で IPv6 アドレスファミリー用の NLRI を有効にするにはfamily inet6 、以下の文を含めます。

ルーターの場合のみ、IPv4 アドレスファミリーのレイヤー 3 仮想プライベートネットワーク (VPN) nlri を伝送するために、MP-BGP をfamily inet-vpn有効にするには、以下の文を含めます。

ルーターでのみ、レイヤー 3 VPN Nlri を IPv6 アドレスファミリー用に使用 BGP できるようにするには、 family inet6-vpn以下の文を含めます。

ルーターの場合のみ、マルチキャスト VPN NLRI を IPv4 アドレスシリーズに使用 BGP できるようにし、VPN シグナリングを有効にfamily inet-mvpnするには、以下の文を含めます。

マルチキャスト VPN NLRI を IPv6 アドレスシリーズ用に使用 BGP できるようにし、VPN シグナリングを有効にfamily inet6-mvpnするには、以下の文を含めてください。

マルチプロトコル BGP ベースのマルチキャスト Vpn の詳細についてJunos OS Multicast Protocols User Guideは、を参照してください。

これらのステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、これらのステートメントのステートメントの概要セクションを参照してください。

[edit protocols bgp family]階層レベルで指定されたアドレスファミリーを変更すると、ルーティングデバイス上の現在のすべての BGP セッションがドロップされ、再確立します。

Junos OS リリース9.6 以降では、特定の BGP アドレスファミリーに対してループ値を指定できます。

デフォルトでは、BGP のピアはユニキャストルートのみを使用します。マルチキャストルートのみを伝送するように BGP ピアをmulticast構成するには、オプションを指定します。ユニキャストとマルチキャストの両方のルートを実行するようにany BGP のピアを設定するには、オプションを指定します。

MP-BGP が設定されている場合、BGP は MP BGP のルートを異なるルーティングテーブルにインストールします。各ルーティングテーブルは、プロトコルファミリーまたはアドレスファミリーインジケーター (AFI) とそれに続くアドレスファミリ識別子 (SAFI) によって識別されます。

以下のリストは、すべての AFI と SAFI の組み合わせを示しています。

  • AFI = 1, SAFI = 1, IPv4 ユニキャスト

  • AFI = 1, SAFI = 2, IPv4 マルチキャスト

  • AFI = 1, SAFI = 128, L3VPN IPv4 ユニキャスト

  • AFI = 1, SAFI = 129, L3VPN IPv4 マルチキャスト

  • AFI = 2、SAFI = 1, IPv6 ユニキャスト

  • AFI = 2、SAFI = 2, IPv6 マルチキャスト

  • AFI = 25, SAFI = 65, BGP-VPLS/BGP-L2VPN

  • AFI = 2、SAFI = 128, L3VPN IPv6 ユニキャスト

  • AFI = 2、SAFI = 129, L3VPN IPv6 マルチキャスト

  • AFI = 1, SAFI = 132, RT 制約

  • AFI = 1、SAFI = 133、フロー仕様

  • AFI = 1、SAFI = 134、フロー仕様

  • AFI = 3, SAFI = 128, CLNS VPN

  • AFI = 1、SAFI = 5、NG-MVPN IPv4

  • AFI = 2、SAFI = 5, NG-MVPN IPv6

  • AFI = 1、SAFI = 66、MDT-SAFI

  • AFI = 1、SAFI = 4、IPv4 (ラベル付き)

  • AFI = 2、SAFI = 4、IPv6 (6PE)

Inet. 2 ルーティングテーブルにインストールされているルートは、SAFI を使用し、マルチキャストソースへのルートとして識別されるため、MP-BGP ピアにのみエクスポートできます。Inet. 0 ルーティングテーブルにインストールされているルートは、標準 BGP のピアにのみエクスポートできます。

Inet. 2 ルーティングテーブルは、ユニキャストトラフィックを送信することができなかった場合には、そのルートのサブセットを使用する必要があります。このルートは使用されません。Inet. 2 ルーティングテーブルには、マルチキャスト逆引きパス転送のチェックに使用されるユニキャストルートと、NLRI マルチキャストの更新から MP BGP によって学習された追加の到達可能性情報が格納します。Inet の BGP を構成すると、このルーティングテーブルが自動的に作成されます (NLRI anyに設定)。

MP-BGP を有効にすると、以下のことが可能になります。

BGP ピアセッションで受信したプレフィックス数の制限

BGP ピアセッションで受信するプレフィックス数を制限したり、挿入されたプレフィックス数が設定した制限値を超えたときに、レート制限のメッセージをログに記録することができます。また、プレフィックス数が制限を超えた場合にピアリングを破棄することもできます。

BGP セッションで受信可能なプレフィックス数に制限を設定するには、以下のprefix-limitステートメントを含めます。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、このステートメントの文の概要セクションを参照してください。

maximum number[] には、 1 ~ 4294967295 の範囲内の値を指定します。指定された最大数のプレフィックスを超えると、システムログメッセージが送信されます。

teardownステートメントを指定した場合、プレフィックスの最大数を超えると、セッションが破棄されます。割合を指定した場合、メッセージがログに記録されるのは、プレフィックス数が指定された最大制限値を超えた場合です。セッションが切断された後、短時間で再確立されます ( idle-timeoutステートメントを含める場合を除く)。idle-timeoutステートメントを指定した場合は、セッションを特定の期間だけ停止させるか、または無期限に維持するかのいずれかになります。指定foreverした場合、セッションは、コマンドをclear bgp neighbor発行した後に再確立されます。

Junos OS リリース 9.2 以降では、BGP ピアセッションで受け入れることができるプリフィックスの数を制限することもできます。詳細についてはBGP ピアセッションで受け入れられるプレフィックスの数を制限する、を参照してください。

BGP ピアセッションで受け入れられるプレフィックスの数を制限する

Junos OS リリース 9.2 以降では、BGP ピアセッションで受け入れることができるプリフィックスの数を制限できます。指定された上限を超えると、システムログメッセージが送信されます。また、指定したプレフィックス数の制限を超えた場合に BGP セッションをリセットするように指定することもできます。

BGP ピアセッションで受け入れることができるプレフィックス数の制限を設定するには、以下のaccepted-prefix-limitステートメントを含めます。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、このステートメントの文の概要セクションを参照してください。

許容 桁数、 1 ~ 4294967295 の範囲内の値を指定します。

受け入れらteardownれるプレフィックス数が設定された上限を超えた場合に、BGP ピアセッションをリセットするためのステートメントを含めます。また、1 ~  100 の割合値を指定して、許容されるプレフィックス数が最大許容値の割合を超えたときにシステムログメッセージを送信することもできます。デフォルトでは、リセットされた BGP セッションは短時間で再確立されます。指定しidle-timeoutた期間に BGP セッションが再確立されないようにするステートメントを含めます。タイムアウト値は 、1 ~ 2400 分に設定できます。には 絶えずclear bgp neighborコマンドを発行するまで BGP セッションが再確立されないようにするためのオプションです。

無着陸のアクティブルーティング (NSR) が有効になっていて、バックアップルーティングエンジンへのスイッチオーバーが発生した場合、ダウンしている BGP ピアは自動的に再起動されます。idle-timeout foreverステートメントが設定されている場合でも、ピアは再起動されます。

別の方法として、BGP ピアセッションで受け取ることができるプレフィックス数を制限することもできます。 (受諾ではありません)。詳細についてはBGP ピアセッションで受信したプレフィックス数の制限、を参照してください。

BGP ルーティングテーブルグループの設定

BGP セッションでユニキャストまたはマルチキャストの NLRI が受信されると、適切なテーブルにルートがインストールされます (inet. 0または inet 6.0ユニキャスト用、および inet. 2または inet 6.2(マルチキャストの場合)。ユニキャストプレフィックスとマルチキャストテーブルの両方を追加するには、BGP ルーティングテーブルグループを構成します。この機能は、マルチキャストの NLRI ネゴシエーションを実行できない場合に便利です。

BGP ルーティングテーブルグループを構成するにはrib-group 、以下のステートメントを含めます。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、このステートメントの文の概要セクションを参照してください。

他の装置にある PE ルーティングデバイスへのルートの解決

ラベル付きルートを配置することができます。 inet. 3ルート解決のためのルーティングテーブルです。これらのルートは、その後、プロバイダエッジ (PE) ルーティングデバイス接続によって解決されます。これは、リモート PE が別の自律システムに配置されている場合です (AS)。PE ルーティングデバイスを使用して、VPN ルーティングおよび転送 (VRF) ルーティングインスタンスにルートをインストールするには、次ホップが、その仮想プライベートルーターに格納されているルートに解決 inet. 3列.

ルートを解決するには inet. 3ルーティングテーブルには以下resolve-vpnのステートメントが含まれています。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、このステートメントの文の概要セクションを参照してください。

ラベル付きおよびラベルなしルートの許可

1つのセッションでラベル付きとラベルなしのルートの両方を交換することを許可できます。ラベル付きルートは、inet. 3 または inet 6.3 ルーティングテーブルに配置されます。また、ラベル付きまたはラベルなしのユニキャストルートも、ルーティングデバイスによって送信または受信できます。

ラベル付きとラベルなしのルートの両方が交換されるribようにするには、次のステートメントを使用します。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、このステートメントの文の概要セクションを参照してください。