Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

イーサネット擬似ワイヤのロードバランシングの設定

 

レイヤー 2 イーサネット擬似ワイヤ上で IPv4 トラフィックの負荷分散を構成できます。IP 情報に基づいてイーサネット擬似ワイヤのロードバランシングを設定することもできます。ハッシュキーに IP 情報を含めるオプションを使用すると、イーサネットサーキットクロスコネクト (CCC) 接続がサポートされます。

この機能は、M120、M320、MX シリーズ、T Series ルーターでのみサポートされています。

レイヤー 2 イーサネット擬似ワイヤ上で IPv4 トラフィックの負荷分散を構成するether-pseudowireには、 [edit forwarding-options hash-key family mpls payload]以下のステートメントを階層レベルに含めます。

または、 label-1[edit forwarding-options hash-key family mpls]階層レベルで、またno-labelsはステートメントのいずれかを設定する必要もあります。

IP 情報に基づいてイーサネット擬似ワイヤのロードバランシングを設定することもできます。この機能は、イーサネットのクロスサーキット接続 (CCC) 接続でロードバランシングをサポートします。ハッシュキーに IP 情報を含めるには、次ipのように[edit forwarding-options hash-key family mpls payload]階層レベルのステートメントを追加します。

また、 [edit forwarding-options hash-key family mpls]階層レベルで or label-1no-labelsステートメントを設定する必要もあります。

イーサネット擬似ワイヤ上で IPv4 トラフィックの負荷分散を設定して、 レイヤー 3 IP 情報のみをハッシュキーに含めることができます。レイヤー 3 IP 情報のみを含めるには、 layer-3-only次のよう[edit forwarding-options family mpls hash-key payload ip]に階層レベルでオプションを含めます。

また、 [edit forwarding-options hash-key family mpls]階層レベルで or label-1no-labelsステートメントを設定する必要もあります。